漫画家が提案する障がい者スポーツ・マンガ普及プロジェクト ~「Be The HERO 2016」プロジェクト~【9月18日 京まふ10:30~オープンステージにて説明会開催】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デジタルマンガ キャンパス・マッチ実行委員会が、国内のマンガ専門の専門学校・大学、一般の高校、海外の学校、合計125校が参加する、「デジタルマンガ キャンパス・マッチ2016」に、障がい者スポーツ・マンガ作品を募集する「Be The HERO」部門を開設します。また、それにともない9月18日は京都、9月25日は東京にて「Be The HERO」部門開設の発表・説明会が行われます。

2020年に向けて、日本と世界の人々が、障害のあるなしにかかわらず、スポーツを楽しむこと、障がい者スポーツの魅力と感動の輪を広げることが求められています。
日本のマンガは、日本のメディア芸術の源泉から世界の文化となるまでに広まり、ちばてつやの「あしたのジョー」や高橋陽一の「キャプテン翼」のように国内外でスポーツのブームを創出してきました。

Be The HERO」は、2015年、東京都が障がい者スポーツの魅力と感動の輪を広げるため、日本を代表する5人の漫画家に依頼し、障がい者スポーツのヒーローをコミックイラスト化して、障害者スポーツ普及啓発映像を制作したプロジェクトです。

国内のマンガ専門の専門学校・大学、一般の高校、海外の学校、合計125校が参加、学生のマンガ作品の漫画家による審査や13社44の出版社編集部とのビジネスマッチングを行う「デジタルマンガキャンパス・マッチ2016」はこのプロジェクトに賛同し、内閣官房オリンピック・パラリンピック推進本部事務局の委託による平成28 年度オリンピック・パラリンピック基本方針推進調査として障がい者スポーツ・マンガの普及のための「Be The HERO」部門を開設することになりました。

障がい者スポーツはじめ、障害をこえてスポーツを楽しみ、その魅力と感動の輪を広げることをテーマとした作品創作の機会を提供。応募いただいた作品は、講評、発表と、掲載への働きかけ、さらに作品化やデビューの支援を実施していきます。

このプロジェクトにより、日本と世界の漫画家が、そして障害のある人も、障がい者スポーツを理解し、描き、作品にし、選手と交流し、障がい者スポーツ・マンガがブームになるというスパイラルを創生。日本と世界のマンガ・ファンが、障がい者スポーツ・マンガを読む、理解する、観戦する、障がい者スポーツのファンになるという、社会的ムーブメント創出の端緒といたします。

発表説明会開催概要

日時:9月18日(日)10:30~11:00
イベント名
京都国際マンガ・アニメフェア2016 
オープンステージ
出演:漫画家 窪之内英策(「Be The HERO」コミックイラスト作家の1人)他
会場みやこメッセ
詳細http://kyomaf.kyoto/public/stage_events/open_stage/

日時 :9月25日(日)10:30~11:30
イベント名:第23回 東京国際ブックフェア セミナー
出演等:未定
会場 :東京ビッグサイト会議棟
詳細 :http://www.bookfair.jp/Conference_Event2016/Conference_Event02/#more-5

「デジタルマンガ キャンパス・マッチ2016」 について

「デジタルマンガ キャンパスマッチ」は、2014年から、未来のマンガを担う才能の発掘を目的に、学生とプロのマッチングのプログラムとしてスタートし、3回目の2016年は、漫画家の審査、マンガの学校125校の参加、コミック出版社13社44編集部、7社の協賛社を得て開催しています。

障がい者スポーツ・マンガ作品を募集する「Be The HERO」部門
1.障がい者スポーツ22種目をテーマとした作品
・ストーリーマンガ(4P以上の作品をデジタル原稿またはPDFにて応募) ・ネームまたは作品企画(A4用紙横書きをPDFにて応募) ・イラスト(A4サイズの作品をデジタルデータまたはPDFにて応募、タイトルも明記)
2.障がい者も健常者も一緒に楽しむことができる新たなスポーツを創造する作品 ・ストーリーマンガ(4P以上の作品をデジタル原稿またはPDFにて応募) ・ネームまたは作品企画(A4用紙横書きをPDFにて応募) ・イラスト(A4サイズの作品をデジタルデータまたはPDFにて応募、タイトルも明記)

見学会
障がい者スポーツを見学または体験できる機会を設けます。作画や企画の着想などにお役立て下さい。
詳しくはデジタルマンガ キャンパスマッチ事務局までお問い合わせ下さい。
info@digital-manga.jp

応募締切
2016年12月24日

「Be The HERO」について

2015年、東京都オリンピック・パラリンピック準備局スポーツ推進部障害者スポーツ課によって、障害者スポーツ普及啓発映像「Be The HERO」が制作され、日本を代表する5人の漫画家の障がい者スポーツのコミック・イラストが起用されました。

漫画家(代表作 / 起用 障害者スポーツのコミック・イラスト)
・浦沢直樹(YAWARA! / 車いすテニス・国枝慎吾) ・高橋陽一(キャプテン翼 / 5人制サッカー(ブラインドサッカー)・日本代表チーム) ・窪之内英策(ツルモク独身寮 / 陸上競技・高桑早生) ・真島ヒロ(FAIRY TAIL / ゴールボール・日本代表選手他) ・ちばてつや(あしたのジョー / ウィルチェアーラグビー・日本代表選手他) の5人

2015年度東京都オリンピック・パラリンピック準備局スポーツ推進部障害者スポーツ課の、障害者スポーツ普及啓発映像「Be The HERO」資料

クレジット:
平成27年度障害者スポーツ普及啓発映像 Be The HERO
(東京都オリンピック・パラリンピック準備局スポーツ推進部障害者スポーツ課)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

KYOTO CMEX

KYOTO CMEXKYOTO CMEX実行委員会

投稿者プロフィール

京都シーメックスの公式イベントだけでなく、京都発のマンガ・アニメ、映画・映像、ゲーム、クロスメディアに関連する情報を発信してまいります。

この著者の最新の記事

「KYOTO CMEX」ポータルサイトでは、マンガ・アニメ、映画・映像、ゲーム、クロスメディアの情報を発信する京都発のポータルメディアです。SNSをフォローして掲載情報をチェック!(情報募集ライター募集

イベント一覧

カテゴリ一覧

種類別カテゴリ

ジャンル別カテゴリ

月別記事一覧

ページ上部へ戻る