【京まふ2016】「有頂天家族 捲土重来ステージ」!TVアニメ第2期製作発表にファンも歓喜

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

9月18日開催の「京都国際マンガ・アニメフェア2016」にて行われたステージイベント「有頂天家族 捲土重来ステージ」。ここでは、2013年に放映され今なお根強い人気を誇るTVアニメ「有頂天家族」のトークショーが行われました。

「有頂天家族(森見登美彦著)」は同名小説を原作とするTVアニメ。京都を舞台に狸たちが繰り広げる、笑いあり涙ありの人情劇を描く作品です。「第17回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門」では優秀賞を獲得するなど、アニメとしてのクオリティもまた、高く評価されている名作となっています。

放送終了から3年を迎えた今回、ストーリーの舞台でもある京都にて「捲土重来ステージ」が開催されました。ゲストとして招かれたのは下鴨矢三郎役の櫻井孝宏さんと、弁天役の能登麻美子さん。ステージのはじめには本編をふり返るダイジェスト映像やテレビ放送当時の原作者インタビュービデオが上映され、話題は放送当時の思い出に。アフレコ現場や声優の仲間内での「有頂天家族」トークなどに、ファンは熱心に聞き入っていました。

また、上映された映像の最後で「この後、ステージで新たなる展開の発表が」とファンをざわつかせる展開も。

その後、「有頂天家族」の原作者・森見登美彦氏や、アニメ監督の吉原正行氏、P.A.WORKSの代表・堀川憲司プロデューサー、ランティスの斎藤滋プロデューサーらが続々とステージ上に登場。堀川氏より「重大発表」としてTVアニメ「有頂天家族 Blu-ray BOX」の発売決定が発表され、会場からは大きな拍手が沸き起こりました。

 

dsc_0079 dsc_2251

ステージ終盤では「新たなる展開」へ会場の期待が高まる中、ついにTVアニメ第2期の制作決定が大発表。会場はこの日で一番の大歓声に包まれました。製作は既に開始されており、櫻井さんによると、既にアフレコも始まっているとのこと。

TVアニメ第2期「有頂天家族2」は、昨年に刊行された小説「有頂天家族」の続編である「有頂天家族 二代目の帰朝」を原作として展開。新キャラクターも続々と登場するということで、これからの新キャスト発表にも注目が集まります。

ステージの最後は、イベントでは恒例となった「面白きことは、良きことなり!」のセリフで締めくくられ、ファン熱狂の時間は幕を下ろしました。

■スタッフ
原作:森見登美彦「有頂天家族 二代目の帰朝」(幻冬舎)
キャラクター原案:久米田康治
監督:吉原正行
シリーズ構成:檜垣亮
キャラクターデザイン/総作画監督:川面恒介
美術監督:竹田悠介、岡本春美
音楽:藤澤慶昌
音楽制作:ランティス
アニメーション制作:P.A.WORKS
製作:「有頂天家族2」製作委員会

■キャスト
矢三郎:櫻井孝宏
矢一郎:諏訪部順一
矢二郎:吉野裕行
矢四郎:中原麻衣
弁天:能登麻美子 ほか

■ツイッター
公式アカウント:「@Uchoten2_Anime
公式ハッシュタグ:「#有頂天

(C)森見登美彦・幻冬舎/「有頂天家族2」製作委員会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

ひびき

ひびき

投稿者プロフィール

京都在住のアニメ・ゲーム・ホビーを専門に活動するフリーライター。お仕事はTwitterにて随時受付中。

この著者の最新の記事

「KYOTO CMEX」ポータルサイトでは、マンガ・アニメ、映画・映像、ゲーム、クロスメディアの情報を発信する京都発のポータルメディアです。SNSをフォローして掲載情報をチェック!(情報募集ライター募集

イベント一覧

カテゴリ一覧

種類別カテゴリ

ジャンル別カテゴリ

月別記事一覧

ページ上部へ戻る