京都発:マンガ・アニメ、映画・映像、ゲーム、クロスメディアのポータルメディア

【記者発表速報】歴史映画の祭典「第8回京都ヒストリカ国際映画祭」、上映作品決定!ゲストにハリウッド俳優:トミー・リー・ジョーンズ氏らが来場!新連携企画も充実!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年11月2日(水)~11月13日(日)に開催される、歴史映画の祭典「第8回京都ヒストリカ国際映画祭」。本日、京都・大阪にて記者発表が行われ、全22の上映作品やゲスト、新連携企画についての情報が発表されました。本記事では記者会見の様子とともに、映画祭の注目ポイントを6つのカテゴリ別にご紹介します。

1.【ヒストリカ・スペシャル】トミー・リー・ジョーンズ氏の来場決定!

歴史映画の変化を感じ取れる”今”観るべき注目作品が選ばれる「ヒストリカ・スペシャル」。今年は日本初上映の2作品が上映されます。

1作品目は、オープニング上映の『BAAHUBALI: THE BEGINNING(原題)』(インド|2015)。約41億円の製作費がかけられ、「大河アクション超大作」と評されている本作は、ハエを主人公にしたコメディ『マッキー』で知られるS・S・ラージャマウリ監督の渾身の一作で、インドでは史上最高のヒットを記録、アメリカでもインド映画として初めて動員数TOP10にランクインした作品。2017年には続編も完成予定で、日本の劇場公開としては、この映画祭で初上映とのこと。ぜひこの機会をお見逃しなく!

2作品目は、19世紀のアメリカ中西部を舞台にした映画『ホームズマン』(アメリカ、フランス|2014)。2014年のカンヌ国際映画祭のコンペで発表され、「アメリカが隠してきた歴史を語った作品」として話題になった作品。トークショーも同時開催され、ゲストは本作の監督・主演であり、『逃亡者』(アカデミー賞受賞)や『JFK』、『リンカーン』、『メン・イン・ブラック』などで知られている、日本でも大人気のハリウッドスター、トミー・リー・ジョーンズ氏の来場が決定しました!

京都ヒストリカ国際映画祭では、これまでにも監督やプロデューサーなどの豪華なゲストが招待されていましたが、俳優・ビッグスターの来場は初めてとのことです。ぜひこの機会をお見逃しなく!

2.【ヒストリカ・ワールド】親子で楽しみたい、日本・関西初上映の4作品!

世界中から厳選した新作歴史映画が選ばれる「ヒストリカ・ワールド」。今年は、200を超える最新歴史映画の中から、デンマーク/ロシア/スイス/中国の4作品が選ばれました。ヒストリカ・ナビゲーターの飯星景子氏は「全体的に、親子で来ていただいても十分に楽しむことがラインナップになっています。ぜひ映画祭に遊びに来ていただければと思っています」と語りました。

(上映作品)
・『秘密が見える目の少女』(デンマーク、ノルウェー、チェコ|2015)★日本初上映
・『バタリオン』(ロシア|2015)★日本初上映
・『ウルスリのすず』(スイス|2015) ★日本初上映
・『西遊記 ヒーロー・イズ・バック』(中国|2015)★関西初上映

3.【ヒストリカ・フォーカス】忍者映画の100年の進化を大特集!

テーマを絞った歴史映画を特集する「ヒストリカ・フォーカス」。今年は、「忍者映画100年進化論 -忍者エボリューション-」と題して、世界中を魅了する忍者映画を大特集!弁士付上映や多彩なゲストを招き、忍者映画の進化を紐解きます。

(上映作品)
・『豪傑児雷也(ごうけつじらいや)』(日本|1921)★弁士付上映
・『忍びの者』(日本|1962)『劇場版忍者部隊月光』(日本|1964)
・『くノ一忍法』(日本|1964)
・『伊賀忍法帖』(日本|1982)
・『ニンジャ・アサシン』(アメリカ、ドイツ|2009)
・『THELAST-NARUTOTHEMOVIE』(日本|2014)<連続上映>
・『ミュータント・タートルズ』(アメリカ|2014)<連続上映>
・『忍者EX』(アメリカ|2016)

4.【AFAA連携企画】アジア全域版アカデミー賞のノミネート・受賞作品を上映!

今年の新企画「アジア・シネラマ ― アジア・フィルム・アワード・アカデミーフィルムロードショー」は、アジア全域版アカデミー賞の新組織として2014年に設立された「アジア・フィルム・アワード・アカデミー(AFAA)」と京都ヒストリカ国際映画祭との連携企画。過去に同アワードでノミネート・受賞実績のある5作品が上映され、多彩なゲストを招いたトークイベントも実施されます。

(上映作品)
・『黄金時代』(中国、香港|2014)
・『隻眼(せきがん)の虎』(韓国|2015)
・『駆込み女と駆出し男』(日本|2015)
・『グランド・マスター』(香港、中国|2013)
・『BAAHUBALI: THE BEGINNING(原題)』(インド|2015)★日本初上映

5.【京都フィルムメーカーズラボ連携企画】参加者の最新長編映画を上映!

今年の新企画「京都フィルムメーカーズラボ スクリーニング 〜カムバックサーモン・プロジェクト〜 」は、国内外の若手映像作家が集い、京都の撮影所のプロとともに時代劇を製作する「京都フィルムメーカーズラボ(KFL)」との連携企画です。過去のKFL参加者の最新長編映画が上映され、監督トークも実施されます。

(上映作品)
・『古都』(日本|2016)★日本初上映
・『わたしが棄てたナポレオン』(イタリア|2015)★日本初上映

6.【立命館大学映像学部連携企画】妻夫木聡、竹内結子出演『春の雪』上映!

京都ヒストリカ国際映画祭と立命館大学映像学部生との連携企画。今年のテーマは「時代を彩る禁断の恋」。上映予定の『春の雪』(日本|2005)の舞台は大正時代。互いに愛し合いながらも引き裂かれる幼馴染の男女の悲恋を中心に、華族の華やかな生活や夢と転生にまつわる、幻想的な物語が繰り広げられます。主演の妻夫木聡・竹内結子が表現する「10代の激しくも密かな恋心」や、「恋愛」という概念への考えが追求された大正という時代のロマンを、ぜひご堪能ください。

チケットは10月8日(土)発売開始!(1,100円~2,000円の種別あり)

チケットは、前売販売と当日販売が用意されており、企画毎にチケット料金が1,100円~2,000円まで異なっています。チケット料金の詳細や購入方法については、公式サイトのチケットのページを御覧ください。

今後も、KYOTO CMEX ポータルサイトでは「第8回京都ヒストリカ国際映画祭」の上映作品紹介や最新情報、スケジュールなどの情報を随時発信させていただきます。最新の情報や上映スケジュールについては京都ヒストリカ国際映画祭公式サイトをご覧ください。みなさまのご参加を、心よりお待ちしております。

◆「第8回京都ヒストリカ国際映画祭」開催概要

名称 第8回京都ヒストリカ国際映画祭(KYOTO CMEX 2016 公式イベント)
期間 2016年11月2日(水)~11月13日(日)
上映会場 京都文化博物館
上映作品
(全22作品)

【ヒストリカ・スペシャル】歴史映画の変化を感じ取る!!“今”観るべき注目作品

『BAAHUBALI バーフバリ: THE BEGINNING(原題)』(インド|2015)

『ホームズマン』(アメリカ、フランス|2014)
★トミー・リー・ジョーンズ氏来場!日本初上映

【ヒストリカ・ワールド】世界中から厳選した厳選した新作歴史映画

『秘密が見える目の少女』(デンマーク、ノルウェー、チェコ|2015)★日本初上映

『バタリオン』(ロシア|2015)★日本初上映

『ウルスリのすず』(スイス|2015) ★日本初上映

『西遊記 ヒーロー・イズ・バック』(中国|2015)★関西初上映

【ヒストリカ・フォーカス】忍者映画100年進化論-忍者エボリューション-

『豪傑児雷也(ごうけつじらいや)』(日本|1921)★弁士付上映

『忍びの者』(日本|1962)

『劇場版 忍者部隊月光』(日本|1964)

『くノ一忍法』(日本|1964)

『伊賀忍法帖』(日本|1982)

『ニンジャ・アサシン』(アメリカ、ドイツ|2009)

『THE LAST -NARUTO THE MOVIE』(日本|2014)

【連続上映】『ミュータント・タートルズ』(アメリカ|2014)

【連続上映】『忍者 EX』(アメリカ|2016)

【連携企画①】アジア・フィルム・アワード連携企画

『黄金時代』(中国、香港|2014)

『隻眼(せきがん)の虎』(韓国|2015)

『駆込み女と駆出し男』(日本|2015)

『グランド・マスター』(香港、中国|2013)

『BAAHUBALI: THE BEGINNING(原題)』(インド|2015)★日本初上映

【連携企画②】京都フィルムメーカーズラボ連携企画

『古都』(日本|2016)★日本初上映

『わたしが棄てたナポレオン』(イタリア|2015)★日本初上映

【連携企画③】立命館大学映像学部 連携企画

『春の雪』(日本|2005)

ゲスト

【ヒストリカ・スペシャル】上映 + ゲストトーク

トミー・リー・ジョーンズ[映画監督・俳優]
ショーブ・ヤーラガッダ[映画プロデューサー]

【ゲスト・出演】(上映作品と連動した トークショーやミニトーク、解説)

飯星景子[ヒストリカ・ナビゲーター]
中島貞夫[映画監督]
チョ・ヨンソク[VFX スーパーバイザー]
原田眞人[映画監督]
原田哲男[美術デザイナー]
Yuki Saito[映画監督]
ジョルジア・ファリーナ[映画監督] など

※一部ゲストの先行情報になります。

チケット 前売券発売開始日 2016年10月8日(土)
※詳細は順次公式HPにて発表いたします。
主催 京都ヒストリカ国際映画祭実行委員会
(京都府、京都文化博物館、東映株式会社京都撮影所、株式会社松竹撮影所、株式会社東映京都スタジオ、巌本金属株式会社、 株式会社ディレクターズ・ユニブ、立命館大学)
共催 KYOTO CMEX 実行委員会
後援 一般社団法人日本映画製作者連盟/一般社団法人外国映画輸入配給協会/
一般社団法人日本映画テレビ技術協会/ エフエム京都/イタリア文化会館 – 大阪
協賛 株式会社テスパック/三井ガーデンホテル京都四条
助成 芸術文化振興基金
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

Kent Miyajima

Kent Miyajima株式会社メディアインパクト

投稿者プロフィール

株式会社メディアインパクト代表取締役。「KYOTO CMEX」広報担当。

この著者の最新の記事

「KYOTO CMEX」ポータルサイトでは、マンガ・アニメ、映画・映像、ゲーム、クロスメディアの情報を発信する京都発のポータルメディアです。SNSをフォローして掲載情報をチェック!(情報募集ライター募集

2017年の人気記事

「有頂天家族」が京都特別親善大使に就任!TVアニメ第2期には間島淳司や中村悠一ほか豪華追加声優陣も登場

【3月11日開催】ゲーム関連企業合同就職説明会「Job Jam Kyoto 2017」参加者募集中!

【2/26まで】マンガ、アニメ、ゲーム、映画、映像などの産業振興に向けたご意見を募集!

ゲーム開発者が集まる「ギークハウス京都東福寺」入居者募集中!

【初めてでも大丈夫?面白い?】日本最大級のインディーゲーム祭典「ビットサミット」の7つの楽しみ方

全て表示

2016年以前の人気記事

【本日よりチケット販売開始!】大人気の「京まふ」抽選制ステージに応募し忘れて泣かないための全7ステップ

【コンテンツクロスメディアセミナー申込み開始!】豪華な講師が勢揃い!~第1回:亜樹直氏、第2回:堀井雄二氏、林克彦氏、第3回:石橋義正氏~

【新連載!毎週火・木曜更新】『京都クロスメディアPARTY!』 キャラクター紹介

【本日よりポケモンGO配信!】京都市内でのプレイの様子まとめ&安全に楽しむために「歩きスマホ」はNo!

【連載『京都クロスメディアPARTY!』】第1話「京都独立生活」(毎週火・木曜更新)

全て表示

イベント一覧

カテゴリ一覧

種類別カテゴリ

ジャンル別カテゴリ

月別記事一覧

ページ上部へ戻る