京都発:マンガ・アニメ、映画・映像、ゲーム、クロスメディアのポータルメディア

世界から映画のエキスパートを集めたセミナーを開催します!(要事前申込み、参加無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

京都フィルムメーカーズラボ・マスターズセッション、聴講者募集中です。京都の撮影所に国内外の若手映画人を集めて時代劇を製作する京都フィルムメーカーズラボは今年で9回目を迎えます。このワークショップでは前回から参加者向けに映画界のエキスパートによる講座=マスターズセッションを東京国際映画祭と共催で開催しております。今年はこの中から、ユーロスペース代表・堀越謙三氏、東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門審査員の深田晃司氏(映画監督)とマーク・アダムズ氏(エジンバラ国際映画祭)とカレル・オフ氏(カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭)、そして円谷プロ出身の特技監督・八木毅氏の3つの講座を選びオープンセッションとして広く聴講者を募ります。事前申込みが必要、参加は無料です。
申込み:京都フィルムメーカーズラボHPより
http://www.kyotofilmmakerslab.com/ja/programs/masters_session/
参加料:無料

11月1日(火)16:00~17:00(要事前申込み)
「日本との共同製作の可能性」
講師:堀越謙三(プロデューサー、ユーロスペース代表)
会場:京都文化博物館 フィルムシアター <日本語・英語同時通訳>

11月2日(水)10:00~12:00(要事前申込み)
「TIFF東京国際映画祭日本映画スプラッシュ審査員セミナー」オープン・セッション
講師:深田晃司(映画監督)、マーク・アダムズ(エジンバラ国際映画祭アーティスティック・ディレクター)、カレル・オフ(カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭アーティスティック・ディレクター)
会場:京都文化博物館 フィルムシアター  <日本語・英語同時通訳>

11月3日(木・祝)13:00〜14:30(事前申込み制)
「日本の特撮魂+中国での特撮作品を撮ること」オープン・セッション
講師:八木毅(映画監督・特技監督)
会場:京都大学国際科学イノベーション棟(西館)5階シンポジウムホール <日本語・英語同時通訳>

【マスターズセッション講師プロフィール】
堀越謙三(プロデューサー、ユーロスペース代表)
1945年東京生まれ。1983年にミニシアター「ユーロスペース」を設立。以来、配給会社としてクローネンバーグ、カウリスマキなど数々の新しい才能をいち早く日本に紹介した。1991年からは製作も手がける(フランソワ・オゾン『まぼろし』黒沢清『大いなる幻影』等)。1997年「映画美学校」設立。その後東京芸術大学大学院映像研究科の立ち上げを主導、2013年まで教授を務める。

深田晃司(映画監督)
1980年、東京に生まれる。2010年『歓待』で東京国際映画祭「日本映画・ある視点」部門作品賞、プチョン国際映画祭最優秀アジア映画賞、13年『ほとりの朔子』でナント三大陸映画祭グランプリ、15年『さようなら』でFilmadrid国際映画祭ディアス・デ・シネ賞、16年『淵に立つ』でカンヌ映画祭「ある視点」部門審査員賞を受賞。

マーク・アダムズ
(エジンバラ国際映画祭アーティスティック・ディレクター)
映画ビジネス誌Screen Internationalのチーフ批評家を務め、25年以上にわたり、映画ジャーナリストおよび評論家として活躍。ヴァラエティ誌、ハリウッド・レポーター誌のほか、多くのイギリス国内紙に寄稿してきた。

カレル・オフ
(カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭アーティスティック・ディレクター)
カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭で9年間プログラマーおよび選考委員を務めた後、2010年に同映画祭のアーティスティック・ディレクターに任命された。欧州議会によって贈られるラックス映画賞の選考委員でもある。

八木毅(映画監督・特技監督)
東京都出身。早稲田大学文学部卒業。特撮作品で有名な円谷プロで「ウルトラ」シリーズなど多くの特撮作品を監督・特技監督として手がけた。プロデューサーとしてもTV『ウルトラマンマックス』で映画界の金子修介監督や三池崇史監督を招聘し良質な作品作りにこだわった。『大決戦!超ウルトラ8兄弟』(2008)は歴代ウルトラマン映画No.1興行収入作品である。独立後は特撮に限らず、ホラー、ラブストーリーなど様々な作品を手掛ける。最新作は『AKBラブナイト・恋工場』。

主 催:京都ヒストリカ国際映画祭実行委員会
[京都府、京都文化博物館、東映株式会社京都撮影所、株式会社松竹撮影所、株式会社東映京都スタジオ、巖本金属株式会社、株式会社ディレクターズ・ユニブ、立命館大学]
共 催:第29回東京国際映画祭実行委員会、KYOTO Cross Media Experience実行委員会
協 力:京都クロスメディア推進戦略拠点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

森脇 清隆京都文化博物館

投稿者プロフィール

  

この著者の最新の記事

「KYOTO CMEX」ポータルサイトでは、マンガ・アニメ、映画・映像、ゲーム、クロスメディアの情報を発信する京都発のポータルメディアです。SNSをフォローして掲載情報をチェック!(情報募集ライター募集

2017年の人気記事

【申込受付中!】「孤独のグルメ」原作者:久住昌之氏、「FFシリーズ」生みの親:坂口博信氏が登壇するセミナー、京都で開催!【10/16・30、参加費無料】

有頂天家族「京巡りスタンプラリー」を一日で巡ってきた!

西日本最大級のマンガ・アニメのイベント『京都国際マンガ・アニメフェア2017』2017年応援サポーターに佳村はるかさん就任決定!2017年“人気作品×京都名所”コラボビジュアル発表!

巡ってわかる、心の距離。TVアニメ『月がきれい』聖地巡礼~前編~

「有頂天家族」が京都特別親善大使に就任!TVアニメ第2期には間島淳司や中村悠一ほか豪華追加声優陣も登場

全て表示

2016年以前の人気記事

【本日よりチケット販売開始!】大人気の「京まふ」抽選制ステージに応募し忘れて泣かないための全7ステップ

【コンテンツクロスメディアセミナー申込み開始!】豪華な講師が勢揃い!~第1回:亜樹直氏、第2回:堀井雄二氏、林克彦氏、第3回:石橋義正氏~

【新連載!毎週火・木曜更新】『京都クロスメディアPARTY!』 キャラクター紹介

【本日よりポケモンGO配信!】京都市内でのプレイの様子まとめ&安全に楽しむために「歩きスマホ」はNo!

【連載『京都クロスメディアPARTY!』】第1話「京都独立生活」(毎週火・木曜更新)

全て表示

イベント一覧

カテゴリ一覧

種類別カテゴリ

ジャンル別カテゴリ

月別記事一覧

ページ上部へ戻る