【11月12日(土)・13日(日)開催!】普段の映画村では味わえない『COS-PATIO in 太秦上洛まつり2016』の魅力!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

●『COS-PATIO in 太秦上洛まつり2016』11月12日・13日開催!

太秦の歴史イベントは、戦国ブーム直前の2007年3月に開催した「太秦戦国祭り」を
端緒に、その潮流に寄り添う形でイベントを開催してきました。
 2013年には新撰組結成150年周年を契機に、対象を戦国から幕末へと拡大。
更に昨年からは「太秦上洛まつり」と名を改め、
あらゆる歴史好きの方々に楽しんで
もらえるよう努めてまいりました。
当初から一貫して世界でも有数の歴史ある撮影所、
東映京都撮影所の映画撮影技師や役者から完全協力を受け、
太秦ならではの体験を提供してまいりました。


そして今年のテーマは「刀~Sword~」。
現在、「刀剣」がとりわけ注目されていますが、 実は撮影所は
優れた時代劇や歴史創作を生み出すために
様々な名刀を実物さながらに再現してきた隠れた「刀の聖地」でもあります。

今回はその一端を皆様にお見せ出来ればと考えています。
「太秦上洛まつり 刀~Sword~」ではこれらの取組をとおして、
日本および世界の歴史創作コンテンツのクロスメディア発信拠点として
京都太秦を再発見し、創造産業のビジネスネットワーク、
コンテ ンツ研究の学術ネットワークのあらたな拠点としても、
京都および太秦の可能性を提案していきたいと考えています。

太秦上洛まつり公式サイト 引用
http://www.joraku.jp/concept.html


毎年、東映太秦映画村にて行われる和装・歴史創作系コスプレイベント『COS-PATIO in 太秦上洛まつり』 。
今年も11月12日(土)・13日(日)の二日にわたって行われるこのイベントでは、普段の太秦映画村では味わうことが出来ないコスプレ衣装を持参しての参加が可能。
普段は味わうことの出来ない江戸の町を、好きなキャラクターになりきった状態で堪能することが出来ます。

さて、そんな歴史創作好きにはたまらないこのイベント。
毎年参加されている方、参加したいと思われている方、非常に多いのではないでしょうか。

というわけでこちらでは、『COS-PATIO in 太秦上洛まつり2016』の開催に先駆けて、このイベントで味わうことが出来る魅力を紹介させて頂きます。


●和装・歴史創作系コスプレイベント『COS-PATIO in 太秦上洛まつり2016』

 

・江戸の街を背景に、歴史系創作のコスプレ撮影

%e5%b8%b0%e5%b1%9e%e8%a1%a8%e7%a4%ba%e5%bf%85%e8%a6%81%e3%81%aa%e3%81%97%e3%80%80%e5%86%99%e7%9c%9f%e6%92%ae%e5%bd%b1

COS-PATIO in 太秦上洛まつり2016』のウリといえば、なんといっても江戸の町を背景にしたコスプレ撮影。

普段の東映太秦映画村では貸出されている着物等を除いて、コスプレ撮影は禁止されていますが、このイベントでは無問題。
コスプレ衣装制作販売の『COS-PATIO(コスパティオ)』とのコラボで行われるこのイベントでは、安心してコスプレ撮影を堪能することが可能です。

実際の映画にも用いられていた本格的なセットを背景に、お気に入りの作品のワンシーンを再現しての撮影等、気軽に楽しむことが出来ます。

また撮影のために特別な飾り付けを行った、フォトポイントも複数設置されていますので、本格的な撮影を行いたい方はこちらを利用することが可能になっています。

 

%e5%b8%b0%e5%b1%9e%e8%a1%a8%e7%a4%ba%e5%bf%85%e8%a6%81%e3%81%aa%e3%81%97%e3%80%80%e5%a4%9c


・普段の映画村では味わえない、夜の彩り

東映太秦映画村は基本、営業時間が夕方まで。
その為、通常映画村では夜の町並みを楽しむことが出来ません。

しかし『COS-PATIO in 太秦上洛まつり2016』では12日(土)のみ特別に、20時まで営業。
普段の映画村では味わえない、夜の彩りを堪能することが出来る稀な機会となっています。

夜の江戸を背景にコスプレ写真を撮影したい方、または純粋に夜の江戸を堪能したい方はもちろん、コスプレデートを楽しみたい方にもオススメです。

 

%e5%b8%b0%e5%b1%9e%e8%a1%a8%e7%a4%ba%e5%bf%85%e8%a6%81%e3%81%aa%e3%81%97%e3%80%80%e5%88%80%e3%80%80%e6%9f%84
・「刀」をテーマにしたスペシャルイベント

COS-PATIO in 太秦上洛まつり2016』のテーマは2015年に引き続き「刀~Sword~」。

日本刀に直接触れることが出来る『日本刀鑑賞の作法 ~真剣を実際に持ってみよう~』や、DMMゲームズより配信されているブラウザゲーム『しんけん!!』のキャラクターと共に楽しめる『曰くつき日本刀を語る会』などなど。
太秦上洛まつりをより楽めるよう、今回も「刀」を軸にした様々なスペシャルイベントが用意されています。

またこの他にも、コスプレイヤーへの所作指導や寸劇チャンバラが予定されており、歴史創作好きだけでなく、刀好きの方にも楽しめるイベントとなっています。

 

●終わりに

如何でしたでしょうか。『COS-PATIO in 太秦上洛まつり2016』の魅力が少しでも伝わりましたでしょうか。

普段は味わうことの出来ない江戸の町を、好きなキャラクターになりきった状態で堪能することが出来る貴重な機会。
歴史創作好きな方やコスプレ好きな方、夜の江戸を堪能したい方は、是非足を運んでみて下さい。

名称 COS-PATIO in 太秦上洛まつり2016
日時 2016年11月12日(土)9:00 ~ 20:00(更衣室利用は19:30まで)
2016年11月13日(日)9:00 ~ 17:00(更衣室利用は16:30まで)
会場 東映太秦映画村
公式サイト http://cospatio.com/uzumasa2016/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

木野 達彦

木野 達彦フリーライター

投稿者プロフィール

1993年生まれ。現在フリーのライターとして活動させて頂いております。
趣味はマンガ、ゲーム、アニメ。メインで扱っている記事も同様のジャンルになります。

この著者の最新の記事

「KYOTO CMEX」ポータルサイトでは、マンガ・アニメ、映画・映像、ゲーム、クロスメディアの情報を発信する京都発のポータルメディアです。SNSをフォローして掲載情報をチェック!(情報募集ライター募集

イベント一覧

カテゴリ一覧

種類別カテゴリ

ジャンル別カテゴリ

月別記事一覧

ページ上部へ戻る