京都発:マンガ・アニメ、映画・映像、ゲーム、クロスメディア、メタバースのポータルメディア

祝10周年!新作もイベントも動き出す!? 『有頂天家族』アニメ放送10周年イベントアイデアソン イベントレポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

森見登美彦さんの人気小説を原作にしたアニメ『有頂天家族』は、2023年、放送10周年を迎えました。これを記念して、3月4日、京都国際マンガミュージアムにて「有頂天家族アニメ10周年イベントアイデアソン」が開催されました。

このイベントは二部構成で、第一部は基調講演。事前情報では、アニメの制作プロデューサー、株式会社ピーエーワークス 代表取締役 堀川憲司さん・取締役 相馬紹二さんが登壇され、アニメ化の企画・制作秘話を語る予定でした。しかし当日の会場には、サプライズゲストが!原作者の森見登美彦さんが登場され『有頂天家族』に関わる重要人物が揃いました。

写真左から、森見登美彦さん、堀川憲司さん、相馬紹二さん。

まずは、作品への思いを語る3人。相馬さんは「入社して間もない頃から関わらせてもらっている作品です。自分にとってライフワークの1つで、会社にとっても大切な作品。これまでP.A.WORKSが手掛けた作品のなかで3期まで制作したものはまだないので、社内でも大事にしている作品です」と話しました。

堀川さんは「私が原作小説に惚れこんで、ぜひアニメにしたいと思ったのがアニメ化のはじまり。愛すべき作品で、丁寧に作りたいと思っているし、森見先生の納得のいく第3部ができるまで、いつまでも待ちたい」と話し、小説第3部完成への期待を示しました。

それを受けて森見さんは「そういえば、『有頂天家族』のイベントがおこなわれるたびに、続編は…?とプレッシャーをかけられることを思いだしました(笑)。『有頂天家族』は、一番自由に妄想をふくらませて書けた作品で、特別な作品です。アニメのイベントにも何度も登壇させていただいていて、原作者というより“一員”として受け入れてもらっている作品です」と語りました。

堀川さん・相馬さんから第3部執筆を期待されて、困ったような笑みを浮かべる森見さん。

『有頂天家族』は、京都を舞台にした物語。京都へのこだわりや思いを聞かれると、相馬さんは「監督の吉原正行さんは、リアリティのある京都を描くため、アニメ制作の前に、京都の出町柳に実際に住んでいました。ただ単に京都の有名なスポットを点で登場させるのではなく、身をもって京都の暮らしを経験し、“生活感のある京都”を描きたいという監督のこだわりです」と制作秘話を明かしました。

森見さんは「小説の京都は、僕が妄想した京都。アニメには、妄想の京都と、客観的な京都がどちらも存在している。これは、アニメならではだと思います」と話しました。

P.A.WAORKSは、これまでに多くのアニメ作品をつくっている会社です。『有頂天家族』と他のP.A.WORKS作品との違いを聞かれると、相馬さんは「京都でのイベントが多い作品。南座など、他の作品ではありえない場所でイベントをさせてもらいました。イベント内容も、他作品とは全く違います」と話し、 堀川さんは「私にとっても『有頂天家族』はライフワーク。何としてでも最後まで形にしたいと思っています。私一人だけではなく、ファンも期待し続けているのを感じています。2月末に行われたP.A.養成所の講義で、4月からアニメーターになる女性が語った将来の夢は『有頂天家族3』を描くこと、でした」と続編を待ち望んでいる声が多方面にあることを紹介しました。

過去の作品のイベントに多く登壇してきた森見さんは「『有頂天家族』のイベントは、どれも思い出深い。南座で花道を歩いたことや、東京で開催された「大有頂天祭’17」では、大雪の影響でキャストさん達が会場にたどり着けるのか心配した記憶があります。どのイベントも良い思い出です。イベントでは、みなさんが『有頂天家族』を好きな気持ちが伝わってきます」と感慨深げに話しました。

アニメ化するにあたり、難しかったことを聞かれた相馬さんは「『有頂天家族』には、“実在しない京都”もある。吉原監督は、この場所・このエピソードが、なぜ作品に登場するのかを、自分の中で考え、道理を見つけてからコンテ作業に入る人。例えば、『有頂天家族』には扇屋の奥に湖がありますが、実際の京都にこの場所は存在しない。そこで吉原さんは、京都の水に関する文献などを探し、この場所になぜ湖がある設定になったのかを模索して、ご自身の道理の中でアニメにも描いた。小説に書いてあるからじゃあそれで…というだけでは、映像には出来ないので」と、吉原監督のこだわりを紹介しました。

堀川さんは「一番難しかったのは、たぬきのデザインです。森見先生の世界観を表現するためには、どれくらいリアルなキャラクターデザインにするのが良いのか、すごく悩みました。キャラクター原案の久米田康治さんが、とても上手く描いてくださったと思います」と話しました。

アニメ化したときの感想を聞かれ、森見さんは「どの作品であっても、小説のイメージと、アニメには違いがあります。アニメの『有頂天家族』には、吉原監督の優しいところが反映されていますし、吉原監督のキャラクターに対する愛情の深さを感じます。僕が書く矢三郎は、落語的なあっけらかんとしたキャラクターですが、アニメの矢三郎はもっとしっとりしていて。これは、吉原監督の感性によるものだと思います。監督が小説をどう読んだのかが、アニメにあらわれているのでしょうね。吉原監督が自分で答えを見つけてからアニメにする、というお話を聞いて、すごく嬉しく思いました」と話しました。

豪華メンバーで語られる『有頂天家族』の制作秘話。第一部は、ファンにとって貴重な時間となりました。

第二部は、アイデアソン。アイデアソンとは、“アイデア”と“マラソン”をかけ合わせた造語で、様々な分野の人々が集まって、グループ単位でディスカッションをし、新たなアイデアの創出を目的としているイベントです。これまでの京都とのコラボレーション事例を紹介したあと、会場に集まった参加者を5グループに分け、「『有頂天家族』アニメ化10周年の記念イベントを考える」というテーマで、アイデアソンがスタート。

これまでのコラボ事例を紹介。こちらは叡山電車とのコラボ。

過去には、スタンプラリーもおこなわれました。

参加者同士、自己紹介をすませたあと、思いついたワードやアイデアをふせんに書き出し、グループ内でディスカッション。“面白き”イベントを目指して、アイデアを練りあげ、まとめます。

とあるグループのふせん。様々なアイデアが飛びだしました。

グループ内での話し合いが終わったあと、各グループ代表者による、登壇ゲスト3人へのプレゼンがおこなわれました。

「ニセ次期偽右衛門選挙」「有頂天たぬきダンスを踊ってSNSで拡散」「金曜倶楽部ツアー」「有頂天の日を制定」など、数々のアイデアが生まれます。各グループのプレゼンに対し、相馬さんは「これは4阿呆ですね」など『有頂天家族』らしい評価基準で講評し、会場はさらに盛り上がります。

プレゼンのために作られた、参加者によるパワーポイント。気合が入ってる!

プレゼンでは、参加者からお祝いの言葉も寄せられました。

イベントの最後に、この日の感想を聞かれた相馬さんは「参加者が本気でアイデアを考えてくれたことに感謝します。みなさんの熱量を感じました。絶対に第3部を作りあげたいです」と話し、堀川さんは「こじんまりとまとまらずに、やりたいというエネルギーを大切にしてほしい。やりたいことは言葉にしましょう」と、参加者に語りました。森見さんは「『続編はまだですか』とプレッシャーをかけられるのも、久しぶりでした。やはり『有頂天家族』は、みなさんの愛が重い! 今年中には書きはじめたいと思いますので、みなさんは妄想しながら待っていてください」と、執筆の意欲を語りました。

アニメ化してから10年。10年たっても愛され続ける作品の裏側には、並々ならぬこだわりがありました。2023年、ついに『有頂天家族』が動き出す!? アイデアソンで生まれたひらめきが実現することを期待しましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三崎智子

投稿者プロフィール

リポーター・司会・ナレーター。アニメ・マンガ・ゲームが大好き!空いた時間は聖地巡礼に割きたい。毎年『京まふ』のステージ司会をさせて頂いています。

この著者の最新の記事

「KYOTO CMEX」ポータルサイトでは、マンガ・アニメ、映画・映像、ゲーム、クロスメディアの情報を発信する京都発のポータルメディアです。SNSをフォローして掲載情報をチェック!(情報募集

ピックアップ記事

【ゲーム分野公式イベント】国内最大級のインディーゲームイベント「BitSummit Drift」開催情報解禁!「わいわい」や「夏絵ココ」などの人気インフルエンサー参加決定!

【KYOTO CMEX独自取材】映画「鬼太郎誕生 ゲゲゲの謎」に没入!!東映太秦映画村のコラボイベント【後編】

水木の布団で寝れる!?【KYOTO CMEX独自取材】映画「鬼太郎誕生 ゲゲゲの謎」東映太秦映画村のコラボイベント【前編】

【公式イベント・クリエイター支援情報】2024年度第16回京都映画企画市の企画募集が開始!【〆7/16(火)】

平安貴族は〇〇を見せない?若者の服は〇色!?「光る君へ」マンガ「あさきゆめみし」が100倍面白くなる!京都文化博物館【紫式部と『源氏物語』】学芸員さんに話を聞いてきたパート2

500年以上前の「源氏物語(写し)」が【京都文化博物館】で見られる!!「光る君へ」マンガ「あさきゆめみし」が100倍面白くなる【紫式部と『源氏物語』】学芸員さんに話を聞いてきたパート1

映画プロデューサー:齋藤優一郎様が語る「アニメーション映画が切り拓いてきたこと、そしてこれからの未来」とは? 第2回コンテンツクロスメディアセミナー開催報告

【京まふ2023】 現地レポート『地下鉄に乗るっ』10周年スペシャルトーク&LIVE

【京まふ2023】“京まふおこしやす大使“伊東健人さん&高橋李依さんへの特別インタビュー!!

【京まふ2023】京都国際マンガミュージアムへ!

作曲家・桶狭間ありさ氏 京伴祭インタビュー(京まふ2023連携企画)

【京まふ2023】古都コス出演者に突撃インタビュー!

【京まふ2023】「カノジョも彼女 Season 2」京まふステージ開催!上映PVでは古賀葵演じるミリカの妹がボイス初解禁に

【京まふ2023】TVアニメ「有頂天家族」10周年スペシャルステージ開催!弁天役の能登麻美子が第3期を熱望

【京まふ2023】キャラクターたちがお酒に!?白糸酒造のグッズを見に行ってみた〜〜!!

全て表示

2024年度の人気記事

【公式イベント】西日本最大級のマンガ・アニメ・ゲームの祭典『京まふ2024』開催決定!9/21(土)・22(日)みやこめっせを中心に開催!メインビジュアルや出展者申込情報公開中!

【マンガ・アニメ分野】「ブルーアーカイブ (ブルアカ)」地域周遊型イベント「ブルーアーカイブ ~げにうららか☆京都満喫春の旅!~」開催!(2024年4月16日より順次開催)

【KYOTO CMEX独自取材】映画「鬼太郎誕生 ゲゲゲの謎」に没入!!東映太秦映画村のコラボイベント【後編】

水木の布団で寝れる!?【KYOTO CMEX独自取材】映画「鬼太郎誕生 ゲゲゲの謎」東映太秦映画村のコラボイベント【前編】

【クリエイター支援情報】「京都から日本を見る、世界を広げる」新たな繋がり・機会を生む場となるサロン『Desalon Kyoto』

【アニメ分野公式イベント】期間限定コラボ企画!TVアニメ「有頂天家族」×伝統産業「京友禅」のスマートフォン拭き販売中!(12月26日まで)

【アニメ・映画分野公式イベント】全国巡回ポップアップストア『名探偵コナンプラザ 2024』京都ロフトで開催中!(5月6日まで)

【京都国際マンガミュージアム】期間限定!人気テレビ番組「マンガ沼」放送を記念した川島明(麒麟)と山内健司(かまいたち)のオススメマンガ作品紹介コーナー設置中!!(3月17日~5月7日)

【ゲーム分野公式イベント】あの人気ゲーム「原神」のポップアップストア開催!京都ロフトにて販売中!

【京都コンテンツ関連情報】200万枚の桜吹雪が歴史ある時代劇セットの最後を飾る!東映太秦映画村にて「夜桜花吹雪」開催(4月7日 20:45~)

【京都国際マンガミュージアム】オリジナル似顔絵を描いてもらえる「ニガオエ」の6月実演カレンダー公開!

【クリエイター支援情報】2024年5月開催の「カンヌ国際映画祭併設マーケットMarche du Film」での新進映画プロデューサーおよびIP企画参加募集中!(応募〆切:4月15日正午12時まで)

【クロスメディア分野公式イベント】4月6日(土) コスプレイベント『COSJOY』が京都国際マンガミュージアムにて開催!!モダン・レトロな雰囲気でコスプレを楽しもう!

【映画分野公式イベント】映画が800円で見れる!?新入生限定サービス「初めてのアップリンク」開催中!(開催期間:~4月30日)アップリンクってどんなとこ?取材記事も紹介!

【アニメ・映画分野公式イベント】スイーツデザインのかわいい新商品が先行販売!「ポケピース」のポップアップストアが京都ロフトで開催!(4月23日~5月6日)

【京都国際マンガミュージアム】昔なつかしの紙芝居を今に伝える紙芝居パフォーマンス「えむえむ紙芝居」4月実演者スケジュール公開!

【京都コンテンツ関連情報】数多くの桜が咲き誇る境内をめぐる!「醍醐の花見」で有名な世界文化遺産「醍醐寺」で特別法要・拝観が開催中!

【京都国際マンガミュージアム】マンガの魅力や奥深さに迫る!?開館17年目にして初の公式ガイドブック刊行!

【マンガ・アニメ分野公式イベント】「ブルーロック」× ハンズのコラボストア開催!悪魔コス書下ろしイラストのグッズが多数ラインナップ!(6月7日〜6月30日)

【クロスメディア分野公式イベント】野外撮影OK!4月28日(日) コスプレイベント『COSJOY』が京都 舞鶴赤レンガパークにて開催!!

全て表示

人気記事ランキング

ついに鶴丸がやってくる!聖地・藤森神社での太刀「鶴丸」(写し)の奉納・展示がまもなくスタート!

10月6日までイベント開催中!【鬼滅の刃 京ノ御仕事】東映太秦映画村でのコラボをご紹介!

京都通になれる!?TVアニメ『京都寺町三条のホームズ』聖地巡礼

「孤独のグルメ」原作者:久住昌之氏、「FFシリーズ」生みの親:坂口博信氏が登壇するセミナー、京都で開催!【10/16・30、参加費無料】

寺町三条のホームズ原作者、望月麻衣先生独占インタビュー&聖地巡礼!

平安貴族は〇〇を見せない?若者の服は〇色!?「光る君へ」マンガ「あさきゆめみし」が100倍面白くなる!京都文化博物館【紫式部と『源氏物語』】学芸員さんに話を聞いてきたパート2

京都通になれる!?TVアニメ『京都寺町三条のホームズ』聖地巡礼 その2

アニメ『有頂天家族』の聖地としても有名な京都の下鴨神社でみたらし祭開催中【07/30まで!】

巡ってわかる、心の距離。TVアニメ『月がきれい』聖地巡礼~前編~

【映画・歴史好き必見】東映太秦映画村の魅力をどどんとご紹介!新選組隊士の殺陣や実写映画『銀魂』等様々なロケが行われているオープンセット、仮面ライダー立像の撮影も可能!

今年は真選組が主役!? 実写版ロケ地の映画村で銀魂イベント再び!京都ブルルン滞在記パートⅡの全貌が明らかに!!

有頂天家族「京巡りスタンプラリー」を一日で巡ってきた!

KYOTO CMEX オリジナル「間違い探し」第1弾『ビットサミット』(「BitSummit 7 Spirits」チケットプレゼント!)

巡ってわかる、心の距離。TVアニメ『月がきれい』聖地巡礼~後編~

【申込開始!】KYOTO CMEX 2018 10周年記念事業:角川歴彦氏と荒俣宏氏による講演&対談を京都で開催!【9/14(金)・無料】

京都通になれる!?TVアニメ『京都寺町三条のホームズ』聖地巡礼 その3

【公式イベント】インディーゲームの祭典10周年となる「BitSummit X-Roads / ビットサミット クロスロード」京都みやこめっせで有観客にて開催決定!

【本日よりチケット販売開始!】大人気の「京まふ」抽選制ステージに応募し忘れて泣かないための全7ステップ

京都市ボランティア・エキストラ登録制度のご案内

『ギークハウス京都東福寺』の管理人を直撃 ギークハウスってどういう人が入居してるの?

全て表示

カテゴリ一覧

種類別カテゴリ

ジャンル別カテゴリ

年別記事一覧

ページ上部へ戻る