京都発:マンガ・アニメ、映画・映像、ゲーム、クロスメディアのポータルメディア

「孤独のグルメ」原作者:久住昌之氏、「FFシリーズ」生みの親:坂口博信氏が登壇するセミナー、京都で開催!【10/16・30、参加費無料】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「KYOTO CMEX 2017」公式イベントのひとつ、「コンテンツクロスメディアセミナー」では、講演会・交流会の申込を受付中です!コンテンツクロスメディアセミナーとは、コンテンツビジネスの可能性と未来像を探るとともに、人材育成・交流の場を創出するために開催する、業界で活躍するトップランナーによる連続セミナーです。

第1回 講師:久住 昌之 氏(「孤独のグルメ」原作者)

日 時 2017年10月16日(月)
講演会/18:00 ~ 19:15
交流会/19:15 ~ 20:15
場 所 京都国際マンガミュージアム
テーマ 「孤独のグルメ」の魅力と地域コンテンツの可能性
定 員 200名(交流会:50名)
参加費 無料(交流会:一般/2,000円、京都商工会議所会員/1,000円、学生/無料)
申 込 申込受付は終了いたしました。
登壇者

講師:久住 昌之(くすみまさゆき)氏
(マンガ家・ミュージシャン)
1958年7月15日 東京・三鷹生まれ
法政大学社会学部卒。美學校・絵文字工房で、赤瀬川原平に師事。
1981年、泉晴紀と組んで「泉昌之」名でマンガ家としてデビュー。
実弟の久住卓也と組んだマンガユニット「O.B.B」で発表した「中学生日記」で第45回文藝春秋漫画賞受賞。
谷口ジローと組んで描いたマンガ「孤独のグルメ」は、2012年にTVドラマ化され、現在season6が放映中で、劇中すべての音楽の制作演奏、脚本監修、最後にレポーターとして出演もしている。
マンガ単行本は、フランス・イタリア・スペイン・ドイツなどで翻訳出版されている。
ミュージシャンとしては年間60ステージ以上をこなし、2015 年には初の海外・台湾公演を行った。

進行役:ヤマダトモコ
(マンガ研究家・マンガライター)
明治大学米沢嘉博記念図書館スタッフ、日本マンガ学会理事、手塚治虫文化賞選考委員。
1967年4月13日 富山県高岡市生まれ。
1991年跡見女子大学文学部美学美術史学科卒業学芸員資格取得。
川崎市市民ミュージアム漫画部門スタッフ、東京工芸大学非常勤講師などを経て、2009年より明治大学米沢嘉博記念図書館展示担当スタッフ。
2013年「バレエ・マンガ~永遠なる美しさ~」展(於:京都国際マンガミュージアム)総合監修、2014年「わたしのマーガレット展」(全国巡回)京都国際マンガミュージアムとともに監修、2015年「『描く!』マンガ展 ~名作を生む画技に迫る―描線・コマ・キャラ~」(全国巡回)に参加、などキュレーターとして活躍中である。

第2回 講師:坂口 博信 氏(「ファイナルファンタジー」シリーズの生みの親)

日 時 2017年10月30日(月)
講演会/18:00 ~ 19:15
交流会/19:15 ~ 20:15
場 所 からすま京都ホテル3階
セミナー:瑞雲の間 
交流会:山水の間
テーマ 『ファイナルファンタジー』世界に通用するその魅力とは(仮題)
定 員 200名(交流会:80名)
参加費 無料(交流会:一般/3,000円、京都商工会議所会員/1,000円、学生/無料)
申 込 申込受付は終了いたしました。
登壇者

講師:坂口 博信(さかぐちひろのぶ)氏
(ゲームデザイナー、ミストウォーカーコーポレーションCEO)
世界で1億本以上を売り上げ、今もなお絶大な人気を誇るRPGの金字塔「ファイナルファンタジー」シリーズの生みの親。
ゲームデザインスタジオ「ミストウォーカー」を立ち上げ以降「ブルードラゴン」、「ロストオデッセイ」、「ラストストーリー」、「テラバトル」などのゲームをリリース。
「ヒゲ」の愛称でゲームファンから人気を博し、常に新作を渇望される存在である。
日本国外での評価も高く、2000年にこれまでの功績が認められ、The Academy of Interactive Arts and Sciencesより「Hall of Fame Award」(殿堂入り)を受賞、2015年にGDCにて生涯功労賞を受賞。

モデレーター:林 克彦
(株式会社Gzブレイン「週刊ファミ通」編集長)
1973年青森県生まれ。1994年より週刊ファミ通編集部に勤務。ニュースページ担当デスク、副編集長を経て、2013年4月『週刊ファミ通』編集長に就任。
ゲームは雑食。インタビュー好き。進化を続けるゲーム業界につねに対応すべく、アグレッシブな誌面作りを心掛けている。

申込はこちら!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

KYOTO CMEXKYOTO CMEX実行委員会

投稿者プロフィール

京都シーメックスの公式イベントだけでなく、京都発のマンガ・アニメ、映画・映像、ゲーム、クロスメディアに関連する情報を発信してまいります。

この著者の最新の記事

「KYOTO CMEX」ポータルサイトでは、マンガ・アニメ、映画・映像、ゲーム、クロスメディアの情報を発信する京都発のポータルメディアです。SNSをフォローして掲載情報をチェック!(情報募集

ピックアップ記事

【公式イベント】「第13回 京都ヒストリカ国際映画祭」との連動企画 XRカンファレンス「HISTORICA XR」開催!今年のテーマは「NFT」!

【京都ヒストリカ国際映画祭】 ディレクターズユニブ板倉様インタビュー前編。時代劇を扱うユニークな映画祭を創りたい。運営のまとめ役として大切なこととは

【公式イベント】京都国際マンガミュージアムにて「縮小社会のエビデンスとメッセージ」展が開催!(期間:2022/1/22〜 5/16)

【京都ヒストリカ国際映画祭】 東映京都撮影所 高橋様、樋口様インタビュー後編。 映画祭を通して人と人との架け橋に。時代劇の映画祭にかけた想い。

【京都ヒストリカ国際映画祭】 東映京都撮影所 高橋様、樋口様インタビュー前編。 時代劇を新しい目線で。次世代と作る時代劇の未来

【公式イベント】「第13回京都ヒストリカ国際映画祭」2022/1/22〜2022/1/30に開催決定!

【公式イベント】「京都フィルムメーカーズラボ」開催日程変更のお知らせ

全て表示

2021年度の人気記事

「京まふ2021オープニングステージ」に潜入してきました!!

【公式イベント】株式会社スクウェア・エニックス・ホールディングス理事:橋本真司さんによるKYOTO CMEX 2021「第1回コンテンツクロスメディアセミナー『ゲーム業界の今後の可能性~ファイナルファンタジーシリーズを通して~(仮題)』」(9/29(水)・定員100名・無料)参加者申込受付中!

令和3年度「京都市中小企業等再起支援補助金」の募集についてのお知らせ

【KYOTO CMEXのイベント紹介】2022年1月には公式イベント『HISTORICA』『京都フィルムメーカーズラボ』開催!

【京都コンテンツ関連情報】京都駅ビルにて「コスプレイベント『acosta!@京都駅ビル』」が12/4に開催!

全て表示

人気記事ランキング

ついに鶴丸がやってくる!聖地・藤森神社での太刀「鶴丸」(写し)の奉納・展示がまもなくスタート!

10月6日までイベント開催中!【鬼滅の刃 京ノ御仕事】東映太秦映画村でのコラボをご紹介!

京都通になれる!?TVアニメ『京都寺町三条のホームズ』聖地巡礼

「孤独のグルメ」原作者:久住昌之氏、「FFシリーズ」生みの親:坂口博信氏が登壇するセミナー、京都で開催!【10/16・30、参加費無料】

寺町三条のホームズ原作者、望月麻衣先生独占インタビュー&聖地巡礼!

全て表示

カテゴリ一覧

種類別カテゴリ

ジャンル別カテゴリ

ページ上部へ戻る