京都発:マンガ・アニメ、映画・映像、ゲーム、クロスメディアのポータルメディア

京都会場で見るべし!京都で花開いた小説家・西尾維新デビュー15周年記念展『西尾維新大辞展~京都篇~』開催中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「京都の二十歳」というキャッチコピーでデビューし、独自の世界観と巧みな言葉遊びで活躍する小説家の西尾維新。デビュー15周年を記念し、4都市を巡回して開催されてきた展覧会の最後を飾る『西尾維新大辞展~京都篇~』が、7月7日(土)から京都文化博物館で開催されています。

今回の展覧会は、会場を一冊の辞典に見立て、作品に登場するフレーズやキャラクターを紐解いています。アニメ・マンガ・TVドラマなどへ展開されている作品が多いので、アニメーション原画や、展覧会イラストの制作記録動画の展示もあります。言葉遊びの面白さが魅力の一つでもある西尾維新の展覧会だけに、様々な手法で「言葉を魅せる」展示も印象的でした。壁に飾られたキャラクターのイラストにスポットライトが当たると、光が当たっているキャラクターが会話をしているように文字が映し出されるプロジェクションマッピング展示「戯言スポットライト」や、『〈物語〉シリーズ』の『偽物語(上)』での阿良々木暦と阿良々木火憐が戦うシーンの文章が、声優陣のセリフに合わせて戦っているように動く展示「バトルシーン」は、この展覧会ならではの「言葉遊び」です。小説の執筆風景を想像することができる展示「ゴーストタイピング」は、驚異的な速筆でしられる西尾維新のタイピングのテンポや、難解な漢字の変換に苦労している様子を知ることができます。 展覧会の最後のコーナーは、京都会場だけの特別展示。碁盤の目になっている京都の街がQRコードに似ていることに着想を得た展示で、『西尾維新大辞展~京都篇~』の最後の1ページまで西尾維新独自の世界観を堪能することができます。

西尾維新大辞展

▲西尾維新を読み解くための大辞典が、会場の中に。

西尾維新大辞展

▲展示「戯言スポットライト」

西尾維新大辞展

▲スクリーン上で文章が闘いを繰り広げる展示「バトルシーン」

西尾維新大辞展

▲執筆する姿を想像できる展示「ゴーストタイピング」

西尾維新大辞展

▲展覧会をさらに楽しむための音声ガイドは3種類!
作品に登場するキャラクターの声を担当した声優陣によるガイド、聴き比べてみたい。

物販コーナーでは、展覧会オリジナルグッズが数多く取り揃えられています。京都篇用に描き下ろされた新規イラストを使用したグッズも登場しています。

西尾維新大辞展

▲ここでしか手に入れることのできない限定グッズがずらり!

西尾維新大辞展

▲京都篇のために新しく描き下ろしたイラストを使用したアクリルスタンド
(左から、竹描き下ろしアクリルスタンド 戯言遣い&人識 税込1620円/
VOFAN描き下ろしアクリルスタンド 忍野忍 税込1620円)

『西尾維新大辞展~京都篇~』の楽しみは、会場内だけではありません。京都文化博物館内のいたるところにキャラクターパネルが設置されています。京都篇の会期初日7月7日が『〈物語〉シリーズ』戦場ヶ原ひたぎの誕生日ということで企画された七夕飾りも、館内数カ所に展示されています。京都文化博物館1階の「ろうじ店舗」内にある「あめとかふぇ とにまる」、「前田珈琲 文博店」では、コラボドリンク&フードを楽しむことができます。さらに、「ろうじ店舗」内の対象店舗にて合計税込2000円以上お買い上げで特製うちわもプレゼント!京都篇会期中は、京都文化博物館とその近隣施設や店舗を巡るスタンプラリーも開催されています。オリジナルスタンプを7個以上集めると限定の記念品(ブロマイド)がもらえます!展覧会の会場周辺一帯を巡りながら、西尾維新作家デビューの地・京都を堪能してください。

西尾維新大辞展

▲京都文化博物館のいたるところにキャラクターパネルと、戦場ヶ原ひたぎの誕生日を記念した七夕飾りが。

西尾維新大辞展

▲キャラクターからの短冊には、個性豊かなメッセージが。撫子、落ち着いて。

西尾維新大辞展

▲前田珈琲 文博店のコラボメニューは、暑い季節にぴったりのクリームソーダ。
店内にもキャラクターパネルが設置されています。

西尾維新大辞展

▲京都文化博物館内「ろうじ店舗」の景色を背景にした特製うちわ

西尾維新大辞展

▲スタンプラリーの台紙。スタンプにも、各作品のキャラクターのイラストが使われています。

『西尾維新大辞展~京都篇~』は、2002年に作家デビューしてから100冊以上の著書を執筆してきた西尾維新の魅力に触れることができる展覧会です。数々のメディアミックスを網羅した展示であると共に、西尾維新作品をベースに新しい作品を生み出したクリエイターたちの化学反応も見ることができます。西尾維新の言葉を起点としたクロスメディアが、どのように広がり支持されていったのか…。はじまりの場所・京都で、ぜひご覧ください。

開催概要

開催期間 7月7日(土)~9月17日(月・祝)
会場 京都文化博物館4階展示室(京都市中京区三条高倉)
時間 10:00~18:00
(金曜日は19:30まで/入場は各閉場の30分前まで)
問い合わせ 京都文化博物館
075-222-0888
展覧会公式サイト http://exhibition.ni.siois.in/

©西尾維新/講談社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
三崎智子

三崎智子

投稿者プロフィール

リポーター・司会・ナレーター。アニメ・マンガ・ゲームが大好き!空いた時間は聖地巡礼に割きたい。毎年『京まふ』のステージ司会をさせて頂いています。

この著者の最新の記事

「KYOTO CMEX」ポータルサイトでは、マンガ・アニメ、映画・映像、ゲーム、クロスメディアの情報を発信する京都発のポータルメディアです。SNSをフォローして掲載情報をチェック!(情報募集

ピックアップ記事

2018年度の人気記事

【申込開始!】KYOTO CMEX 2018 10周年記念事業:角川歴彦氏と荒俣宏氏による講演&対談を京都で開催!【9/14(金)・無料】

寺町三条のホームズ原作者、望月麻衣先生独占インタビュー&聖地巡礼!

京都通になれる!?TVアニメ『京都寺町三条のホームズ』聖地巡礼

今年は真選組が主役!? 実写版ロケ地の映画村で銀魂イベント再び!京都ブルルン滞在記パートⅡの全貌が明らかに!!

【京都国際マンガミュージアム企画展】原作マンガ15周年×アニメ化10周年記念 ニャンコ先生とふりかえる 夏目友人帳 記憶(おもいで)展【会期:9/1(土)~11/4(日) 】

全て表示

2017年度以前の人気記事

ついに鶴丸がやってくる!聖地・藤森神社での太刀「鶴丸」(写し)の奉納・展示がまもなくスタート!

「孤独のグルメ」原作者:久住昌之氏、「FFシリーズ」生みの親:坂口博信氏が登壇するセミナー、京都で開催!【10/16・30、参加費無料】

有頂天家族「京巡りスタンプラリー」を一日で巡ってきた!

【本日よりチケット販売開始!】大人気の「京まふ」抽選制ステージに応募し忘れて泣かないための全7ステップ

【コンテンツクロスメディアセミナー申込み開始!】豪華な講師が勢揃い!~第1回:亜樹直氏、第2回:堀井雄二氏、林克彦氏、第3回:石橋義正氏~

全て表示

カテゴリ一覧

種類別カテゴリ

ジャンル別カテゴリ

ページ上部へ戻る