京都発:マンガ・アニメ、映画・映像、ゲーム、クロスメディアのポータルメディア

【BitSummit出展者関連リリース】2020台北国際ゲームショウ 出展社リスト1回目先行発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

以下、プレスリリースの内容を掲載しています。

2020台北国際ゲームショウは2020年2月6日から9日まで台北南港展覧館ホール1において開催されます。12月25日時点における「B2Cゾーン(2/6~2/9)」、「B2Bゾーン(2/6~2/7)」の出展社リストの第一回公開、及び同時に開催される「アジア太平洋ゲームサミット(2/6~2/7)」のスケジュールを発表しました。

アジア太平洋ゲームサミットによる世界のゲーム発展に関するトレンド分析

■アジア太平洋ゲームサミット:2020/2/6-2/7@メインステージ&INDIE SALON
※ゲーム関連業者は事前登録で入場無料。それ以外の方は当日会場でチケット購入が必要

2020年APGSアジア太平洋ゲームサミットでは、「ゲーム開発」、「運営及びマーケティング」、「eスポーツ」、「AR/VR」、「インディーゲーム」、「テクノロジーの趨勢」の6大テーマについて議論を交わします。日本からは、スクウェア・ エニックス・ホールディングス専務執行役員の橋本真司氏、プラチナゲームズ株式会社取締役開発本部長兼チーフクリエイティブオフィサー稲葉敦志氏、取締役チーフゲームデザイナー神谷英樹氏等をお招きします。また、著名なゲーム音楽作曲家の松前真奈美氏を講師として初めてお招きします。ゲーマーコミュニティ運営、日本のeスポーツ市場の情報、ブロックチェーンの発展、体感と拡張現実、ゲームマーケティング等の領域については、9GAG、JeSU、GungHo、Animoca Brands、LinkedBrain、ARPLANET、WOWWOW LAB、ANDAI NAMCO Entertainment Taiwan Ltd.、DMM GAMES、FSN ASIA、QooApp等にご来場いただきます。INDIE SALONのステージでは、著名なスイスのチームMomo-Pi、フランスのMotion Twin、マレーシアのMetronomik、韓国のDevespresso Games、カナダのBrace Yourself Games、シンガポールのIMBA Interactive、アメリカのMuse Games及び台湾の有病製作(Sick game)、Toii、Gamtropyがゲームのオリジナルテクニックを披露します。

B2Bゾーンには20ヶ国から300社近いゲーム業者が集結

■B2Bゾーン:2020/2/6-2/7(10:00-17:00)@台北南港展覧館ホール11階 Jゾーン
※ゲーム関連業者の事前登録は2020/1/31まで。それ以外の方は当日会場でチケット購入の必要があります
※関連学科の学生による登録は2020/1/15までです

主催者側の集計によると、B2Bゾーン及びINDIE HOUSEには、20ヶ国からの300社近い業者が出展登録をしています。上位3カ国の台湾、日本、韓国の他、オーストリア、オランダ、イタリア、フィンランド、フランス、ドイツ、アメリカ、カナダからも各業者が集まります。世界的に有名なゲームメーカーのアメリカXsolla社、ドイツのRemerge、日本のジーアングルとサクセス、中国のテンセント、韓国のGravityとNHN、フランスのPlug in Digital、そして、台湾からはSo-net、Quantum Games、FUNYOURS TECHNOLOGY、Chinese Gamer International Corp.、WANIN等の業者が出展します。

B2Bゾーンの主要な出展業者の業種別は、ゲーム開発、ゲームパブリッシャー、セールスプロモーション、美術デザイン、金流サービスとブロックチェーンゲームです。そして、初めて台湾ACGN-IPとのテーマ展を企画、24社の出展社が100作を超えるアニメーション、漫画、ゲーム、小説等の要素を取り入れた作品を出展します。また、先日「ビジネス来場者事前登録」の受付も開始しました。ゲーム業界関係者は無料登録可能、会期中に引換証で入場ができます。主催者の予測では、来年は3,000名を超える国内外のゲーム関連業者がビジネスチャンスを求めて来場すると見込まれています。

B2Cゾーンではアジア上半期最大のゲームの祭り 展示規模はさらにアップグレード

■B2Cゾーン:2020/2/6-2/9@(9:00-17:00)台北南港展覧館ホール1、1階 Kゾーン、4F全フロア
■ボードゲームワンダーランド、INDIE HOUSE:台北南港展覧館ホール1、1階 Kゾーン

2020年台北ゲームショウでは、家庭用ゲーム機、オンラインゲーム、eスポーツ及び娯楽周辺などは拡大出展します。gamania、MADHEAD、KOMOE GAME、Sony Interactive Entertainment Taiwan Limited、BANDAI NAMCO Entertainment Taiwan Ltd.、Google Play、SEGA Games、Netmarble Corporation、JUSTDAN、GungHo、WINKING ENTERTAINMENT 、USERJOY、International Games System Co.Ltd.、Soft-World International Corporation、LONGCHENG、Gravity、GameFlier 、PWB Play等の多くの大手ゲームメーカーが出展します。eスポーツブランドからは、Republic of Gamers、Lenovo、AORUS、MSI、Thermaltake、HyperX、Cooler Master、Corsair等が最新のeスポーツ設備を展示します。そして100作を超えるインディーゲームが出展される「INDIE HOUSE」や全世代に適し、デモ版ゲームも提供される「ボードゲームワンダーランド」等があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
KYOTO CMEX

KYOTO CMEXKYOTO CMEX実行委員会

投稿者プロフィール

京都シーメックスの公式イベントだけでなく、京都発のマンガ・アニメ、映画・映像、ゲーム、クロスメディアに関連する情報を発信してまいります。

この著者の最新の記事

「KYOTO CMEX」ポータルサイトでは、マンガ・アニメ、映画・映像、ゲーム、クロスメディアの情報を発信する京都発のポータルメディアです。SNSをフォローして掲載情報をチェック!(情報募集

関連記事

ピックアップ記事

2019年度の人気記事

10月6日までイベント開催中!【鬼滅の刃 京ノ御仕事】東映太秦映画村でのコラボをご紹介!

KYOTO CMEX オリジナル「間違い探し」第1弾『ビットサミット』(「BitSummit 7 Spirits」チケットプレゼント!)

【無料・要申込:11/12(火)開催】KYOTO CMEX 第1回コンテンツクロスメディアセミナー、新海 誠 監督が登壇!

【京まふ2019関連イベント】この夏、京都で!週刊少年ジャンプで連載中 超人気アニメ「鬼滅の刃」時代劇テーマパークで本格的コラボイベント開催

単行本4巻発売記念!漫画『恋せよキモノ乙女』作者・山崎零独占インタビュー!

全て表示

2018年度以前の人気記事

ついに鶴丸がやってくる!聖地・藤森神社での太刀「鶴丸」(写し)の奉納・展示がまもなくスタート!

「孤独のグルメ」原作者:久住昌之氏、「FFシリーズ」生みの親:坂口博信氏が登壇するセミナー、京都で開催!【10/16・30、参加費無料】

京都通になれる!?TVアニメ『京都寺町三条のホームズ』聖地巡礼

寺町三条のホームズ原作者、望月麻衣先生独占インタビュー&聖地巡礼!

【申込開始!】KYOTO CMEX 2018 10周年記念事業:角川歴彦氏と荒俣宏氏による講演&対談を京都で開催!【9/14(金)・無料】

全て表示

カテゴリ一覧

種類別カテゴリ

ジャンル別カテゴリ

ページ上部へ戻る