京都発:マンガ・アニメ、映画・映像、ゲーム、クロスメディアのポータルメディア

【BitSummit出展者関連リリース】PLAYISMより、何にでもなれるシミュレーションゲーム 『Everything(エブリシング)』 日本語版、 Nintendo Switch、PlayStation(R)4、Steam版2月13日配信決定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

以下、プレスリリースの内容を掲載しています。

株式会社アクティブゲーミングメディア(代表取締役:イバイアメストイ 本社:大阪市西区)が運営するインディーゲームパブリッシングブランド『PLAYISM』は、『Everything(エブリシング)』 日本語版の Nintendo Switch、PlayStation®4、Steam 版を 2020年2月13日に配信開始することを発表いたします。

世界を魅了した実験作、待望の日本語化

本作はアイルランド出身の映像クリエイター、デイビッド・オライリーが 2017 年 4 月 21 日に Steam で発売したタイトルです。
ゲーム史上初のアカデミー賞ノミネート作品の候補にも挙がり、日本語化を切望されながら、長らく実現していなかった、この『Everything』を日本語でお届けできる日がようやくやってまいりました。

前作『Mountain』は「山シミュレータ」という、インタラクティブアートに近いものでした。本作『Everything』では1次元の点から元素、微生物、動物、植物、岩、大地、そして宇宙に浮かぶ銀河までまさに「すべてのモノになれる」というゲーム性と、そのモノになった目線で世界を見るという唯一無二のゲーム体験から圧倒的評価を得ております。

その『Everything』の日本語ローカライズを PLAYISM が対応し、すべてのユーザの皆様にお届けできることを嬉しく思います。
Nintendo Switch では本日2月6日よりあらかじめ DL が開始しております。PlayStation®4 や Steam では、2 月 13 日の発売日まで少しお待ち下さい。

何にでもなれることで無限に広がる環世界を体験

『あなたがいま、誰であろうと、何であろうと、どこにいようと、世界の中心で観測するのはあなた、これはそんなゲームです』

Everythingは、目に入る全てのモノ、動物、惑星、銀河から何から何までがプレイアブルキャラクターとなるインタラクティブな体験ツールのようなゲームです。この世界に存在する全てのモノは、それぞれ別の視点があります。
Everythingはその世界を自動生成且つ AI でシミュレートしているのです。
あなたは外宇宙と内宇宙を行き来し、無限の広がりを持つ環世界を旅することになりますが、そこでは達成しなければならない目的やスコアなどはありません。

歌をうたい、踊り、色々なモノと語らい、別のモノに姿を変えられるようになったあとは、位相間を移動し、世界の中にある世界の中にある世界、そしてその先までを体験しましょう。
それとも、一切操作もせず、あなたが存在するこの世界に関する、終わりのないドキュメンタリーを見続けることも出来ます。

哲学者アラン・ワッツのナレーションと Ben Lukas Boysen 作曲の楽曲に導かれ、Everything はあなたの生命観に新しい視点を与えてくれるでしょう。

スクリーンショット

ゲーム概要

タイトル Everything
Steam https://store.steampowered.com/app/582270/Everything/
Nintendo Switch https://ec.nintendo.com/JP/ja/titles/70010000024048
PV https://youtu.be/3QlYMT6gh2A
開発元 David OReilly
販売元 PLAYISM
ジャンル シミュレーション
対応機種 Nintendo Switch、PlayStation®4、Steam
発売日 2020 年 2 月 13 日(木) *Nintendo Switch は 2 月6日からあらかじめ DL 及び購入が可能。Steam は同日に日本語追加アップデート予定。
希望小売価格 1480 円(税込)
プレイヤー数 1 人

© David OReilly. Licensed to and published by Active Gaming Media, Inc.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

KYOTO CMEXKYOTO CMEX実行委員会

投稿者プロフィール

京都シーメックスの公式イベントだけでなく、京都発のマンガ・アニメ、映画・映像、ゲーム、クロスメディアに関連する情報を発信してまいります。

この著者の最新の記事

「KYOTO CMEX」ポータルサイトでは、マンガ・アニメ、映画・映像、ゲーム、クロスメディアの情報を発信する京都発のポータルメディアです。SNSをフォローして掲載情報をチェック!(情報募集

ピックアップ記事

2021年度の人気記事

「京まふ2021オープニングステージ」に潜入してきました!!

令和3年度「京都市中小企業等再起支援補助金」の募集についてのお知らせ

【公式イベント】株式会社スクウェア・エニックス・ホールディングス理事:橋本真司さんによるKYOTO CMEX 2021「第1回コンテンツクロスメディアセミナー『ゲーム業界の今後の可能性~ファイナルファンタジーシリーズを通して~(仮題)』」(9/29(水)・定員100名・無料)参加者申込受付中!

【京都コンテンツ関連情報】アート・デザイン・マンガ分野を横断、表具師の仕事展特別企画展「Space Mounting|スペース・マウンティング」開催!(8月29日まで!)

【京都コンテンツ関連情報】京都駅ビルにて「第7回コスプレイベント『acosta!@京都駅ビル』」開催延期のお知らせ

全て表示

人気記事ランキング

ついに鶴丸がやってくる!聖地・藤森神社での太刀「鶴丸」(写し)の奉納・展示がまもなくスタート!

10月6日までイベント開催中!【鬼滅の刃 京ノ御仕事】東映太秦映画村でのコラボをご紹介!

京都通になれる!?TVアニメ『京都寺町三条のホームズ』聖地巡礼

「孤独のグルメ」原作者:久住昌之氏、「FFシリーズ」生みの親:坂口博信氏が登壇するセミナー、京都で開催!【10/16・30、参加費無料】

寺町三条のホームズ原作者、望月麻衣先生独占インタビュー&聖地巡礼!

全て表示

カテゴリ一覧

種類別カテゴリ

ジャンル別カテゴリ

ページ上部へ戻る