京都発:マンガ・アニメ、映画・映像、ゲーム、クロスメディアのポータルメディア

【BitSummit出展者関連リリース】PLAYISMより、『ロードス島戦記 ーディードリット・イン・ワンダーラビリンスー 』 Steam にてアーリーアクセス開始!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

以下、プレスリリースの内容を掲載しています。

株式会社アクティブゲーミングメディア(代表取締役:イバイ アメストイ 本社:大阪市西区)が運営するオリジナリティあふれるインディーゲームを厳選し販売する『PLAYISM』と株式会社ワイソーシリアス(代表取締役:斉藤 大地 本社:東京都中央区)のレーベルである『Why so serious?』は、株式会社 KADOKAWA 協力の下開発している、累計発行部数 1,000万部を超える日本ファンタジー界の金字塔である『ロードス島戦記』を探索型2Dアクションゲーム化した、『ロードス島戦記ーディードリット・イン・ワンダーラビリンスー』を Steam にてアーリーアクセスを開始したことをお知らせいたします。アーリーアクセス開始後1週間はローンチ割として 10%オフでお買い求めいただけます。

『ロードス島戦記 ーディードリット・イン・ワンダーラビリンスー』
Steam ストアページ

『ロードス島戦記 –ディードリット・イン・ワンダーラビリンス-』概要

『ロードス島戦記 誓約の宝冠』に至るディードリット空白の物語が、2Dアクションゲームに。

『ロードス島戦記 –ディードリット・イン・ワンダーラビリンス-』

ストーリー

目が覚めると見知らぬ場所に居たディードリット。森を歩き始めると、忘れるはずもない人影を見かけ、追いかけるも見失う。死んだはずのギムも現れるが様子がおかしい。一体この森はどこなのか。なぜか軽く感じる様々な武器や魔法を駆使し、精霊「シルフ」や「サラマンダー」たちの力を借りながら、ディードリットは答えを求め、この迷宮を一人さまようのであった―――。

『ロードス島戦記 –ディードリット・イン・ワンダーラビリンス-』
『ロードス島戦記 –ディードリット・イン・ワンダーラビリンス-』

ゲームシステム

精霊や様々な武器、魔法の力を使いこなし、迷宮を探索せよ

ゲーム内の迷宮は一本道ではなく様々なエリアに繋がっており、剣や弓などの様々な武器や探索の途中で出会う風の精霊「シルフ」、炎の精霊「サラマンダー」の持つ固有の能力を駆使して道を切り開き、マップの探索可能な範囲を広げていくことが攻略の鍵となります。武器はディードリットならではの「レイピア」だけでなく、剣やナイフ、敵が落とすこん棒など多種多様で、自分に合った武器を選ぶことができます。また「弓」はマップのギミック攻略に欠かせない相棒となります。入手した武器は売買可能で、敵が落とす武器を集めて売却し、さらに強力なアイテムを入手することもできます。

「ソウルストリーム」で精霊を強化せよ

敵を攻撃したり倒したりした時に発生する「ソウルストリーム」を吸収すると使役する精霊がレベルアップします。レベルが最大値の場合は HP や MP が自動で回復するなど、精霊の強さがディードリットの強さとなります。もちろん精霊だけでなく、ディードリット自身もレベルアップするので、育成も楽しむことができます。

アーリーアクセスとしてリリース

本作はユーザーからの要望でさらに作品を磨き上げるため、アーリーアクセス版としてリリースいたします。現時点ではステージ1をプレイすることが可能です。原作の主要キャラクターが多数登場予定の完成版は全6ステージを想定しており、フルリリースは2020 年内を予定しています。次回大型アップデートは5月予定。是非皆様の活発なご意見をお待ちしております。

本作の特徴

  • ・『ロードス島戦記』ヒロイン「ディードリット」が主人公の探索型 2D アクションゲーム
  • ・全世界15万本以上のセールスを誇る『Touhou Luna Nights』を手掛けた Team Ladybug による開発
  • ・マップを進めるごとに入手できる様々な武器や精霊の力を使いこなし入り組んだ迷宮を探索する楽しさ
  • ・ゲームの容量は約50MBと非常に軽量ながらも美麗になめらかに動くドットワーク

最優秀作品は公式バナー化!ファンアートコンテスト開催

『ロードス島戦記-ディードリット・イン・ワンダーラビリンス-』のアーリーアクセス開始を記念して、本作の主人公「ディードリット」をテーマとしたファンアートコンテストを実施します!最優秀賞に選ばれた作品は、なんと「ゲームの公式応援イラスト」として採用し、本作告知のバナー等で広く使用させていただきます!

活用事例

 『Touhou Luna Nights』

『Touhou Luna Nights』ファンアートコンテスト最優秀賞のゆたろう氏バナー

 『Touhou Luna Nights』

ストアページバナーとして採用

 『Touhou Luna Nights』

イベントでのブースデザインに活用

「ファンアートコンテスト」の詳細はこちら

『ロードス島戦記 ーディードリット・イン・ワンダーラビリンスー』
Steam ストアページ

© 水野良・グループ SNE/KADOKAWA/Team Ladybug・Why so serious?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

KYOTO CMEXKYOTO CMEX実行委員会

投稿者プロフィール

京都シーメックスの公式イベントだけでなく、京都発のマンガ・アニメ、映画・映像、ゲーム、クロスメディアに関連する情報を発信してまいります。

この著者の最新の記事

「KYOTO CMEX」ポータルサイトでは、マンガ・アニメ、映画・映像、ゲーム、クロスメディアの情報を発信する京都発のポータルメディアです。SNSをフォローして掲載情報をチェック!(情報募集

ピックアップ記事

【公式イベント】京都国際マンガミュージアムにて、オンライン展覧会「マンガ・パンデミックWeb展」で展示するためのマンガ作品を緊急募集!

【パートナーイベント】「第25回京都国際学生映画祭」作品募集!7/22まで!

【京都コンテンツ関連情報】オンライン上で京都の魅力を体験できるメタバース、「京都館PLUS X」が誕生!

【公式イベント】「indiePlay 2022 – China indie Game Awards」の応募受付を開始しました!(〆切:7/22)

【公式イベント】アニメ、マンガ、キャラクターなどを活用した、優れた企業コラボレーションや広告プロモーションを表彰するアワードイベント「アニものづくり アワード2022」エントリー開始!6/30まで!

【公式イベント】京都国際マンガミュージアムにて「TVアニメ『平家物語』高野文子と映画『犬王』松本大洋キャラクター原案展示」開催中!(6/27まで)

【公式イベント】西日本最大級のマンガ・アニメ・ゲームの祭典『京まふ2022』開催決定!9/17(土)・18(日)みやこめっせを中心に開催!出展ブース、ステージ、グッズ、コスプレなど盛りだくさん!

【公式イベント】インディーゲームの祭典10周年となる「BitSummit X-Roads / ビットサミット クロスロード」京都みやこめっせで有観客にて開催決定!

【京都ヒストリカ国際映画祭】 株式会社松竹撮影所・京都製作部 京都製作室長の井汲泰之様 インタビュー後編 時代劇の魅力を伝え続ける

【京都ヒストリカ国際映画祭】 京都文化博物館・学芸課映像情報室長の森脇清隆様インタビュー後編。 京都の映像文化を若者に受け継ぐ

全て表示

2021年度の人気記事

【公式イベント】インディーゲームの祭典10周年となる「BitSummit X-Roads / ビットサミット クロスロード」京都みやこめっせで有観客にて開催決定!

【公式イベント情報】「京都eスポーツサミット2022 Spring」開催!

【公式イベント】株式会社スクウェア・エニックス・ホールディングス理事:橋本真司さんによるKYOTO CMEX 2021「第1回コンテンツクロスメディアセミナー『ゲーム業界の今後の可能性~ファイナルファンタジーシリーズを通して~(仮題)』」(9/29(水)・定員100名・無料)参加者申込受付中!

「京まふ2021オープニングステージ」に潜入してきました!!

令和3年度「京都市中小企業等再起支援補助金」の募集についてのお知らせ

全て表示

人気記事ランキング

ついに鶴丸がやってくる!聖地・藤森神社での太刀「鶴丸」(写し)の奉納・展示がまもなくスタート!

10月6日までイベント開催中!【鬼滅の刃 京ノ御仕事】東映太秦映画村でのコラボをご紹介!

京都通になれる!?TVアニメ『京都寺町三条のホームズ』聖地巡礼

「孤独のグルメ」原作者:久住昌之氏、「FFシリーズ」生みの親:坂口博信氏が登壇するセミナー、京都で開催!【10/16・30、参加費無料】

寺町三条のホームズ原作者、望月麻衣先生独占インタビュー&聖地巡礼!

全て表示

カテゴリ一覧

種類別カテゴリ

ジャンル別カテゴリ

年別記事一覧

ページ上部へ戻る