京都発:マンガ・アニメ、映画・映像、ゲーム、クロスメディアのポータルメディア

【BitSummit出展者関連リリース】PLAYISM、『Ministry of Broadcast』 Switch版5月7日配信開始!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

以下、プレスリリースの内容を掲載しています。

株式会社アクティブゲーミングメディア(代表取締役:イバイ アメストイ 本社:大阪市西区)が運営するインディーゲームパブリッシングブランド『PLAYISM』は、亡命2Dアクションゲーム『Ministry of Broadcast(ミニストリー・オブ・ブロードキャスト)』のNintendo Switch版を2020年5月7日に配信開始いたします。

『Ministry of Broadcast』ストアページ(マイニンテンドーストア)

ディストピアンリアリティショー、遂に家庭用ゲーム機に進出

本作はチェコのデベロッパーMinistry of Broadcast Studios が、ジョージ・オーウェルの小説『1984 年』の世界観と、現在でも人気のあるリアリティショーTV番組を題材にして開発した、横スクロールアクションゲームです。
プレイヤーは主人公の赤毛の男を操作し、突如彼とその家族を引き裂いた壁を越え、亡命する権利を勝ち取るため、リアリティショー「ウォールショー」に参加することになります。
この『Ministry of Broadcast』を、2020年5月7日、Nintendo Switchで配信開始いたします。

PC版の発売時から様々な亡命者を監視してきた「放送省ウェブサイト」は Switch 版発売後も引き続き稼働していきます。 このリアリティショーを共に楽しみましょう。
我こそはという亡命者の方々がおられましたら、是非PLAYISMにご一報ください。すぐに監視リストに追加いたします。志願のみ受け付けます。推薦や密告は受け付けておりません。

Switch版とPC版に大きな違いはありませんが、PC版リリース後の調整が全て含まれており、チェックポイントの数や位置も遊び やすさを重視して調整したため、Switchで気軽に遊びやすくなっております。また、パズルやアクションの難易度を下げ、NPCの会 話やゲームのビジュアルを楽しみやすくした「簡単」モードを実装しています。

ジョージ・オーウェルが『1984 年』という世界を描いたのが 1949 年、それから 70 年近く経った今、インディーゲームとして改めて描 かれるディストピアがどのようなものか、是非お楽しみください。
では、GOOD BROADCAST、良い放送を!

ゲーム内容について

本作は『プリンス・オブ・ペルシャ」のような、ジャンプする、ぶら下がる、避ける、考える、という古典的でありながらも骨太の横スクロールアクション魂を引き継いでいると共に、そのストーリーと世界観を簡潔なドットアニメーションを使った背景や NPC との会話で表現することにより、シニカルでコミカル、時には残酷な世界の中で繰り広げられる非常にユニークなプレイ感覚をプレイヤーに与えます。

その世界観はダークでありながらもユーモアや皮肉、そして管理社会のバカらしさにあふれており、生きることとは何なのか、国家とは、 個人の幸せとは何なのかをプレイヤーに問いかけてきます。

プレイヤーは主人公の赤毛の男を操作する存在でありながら、リアリティショーを見る視聴者としての一面もあります。
プレイを続けるうち、自分が赤毛の男なのか、リアリティショーの視聴者なのか、それとも実はプレイヤー自身が別のリアリティショーの 一員なのか、わからなくなってくるかもしれません…

スクリーンショット

Ministry of Broadcast
Ministry of Broadcast
Ministry of Broadcast
Ministry of Broadcast
Ministry of Broadcast
Ministry of Broadcast

『Ministry of Broadcast』ストアページ(マイニンテンドーストア)

Ministry of Broadcast © 2020 Published PLAYISM, developed by Ministry Of Broadcast Studios.
All rights reserved. Logos and trademarks are property of their respective owners.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

KYOTO CMEXKYOTO CMEX実行委員会

投稿者プロフィール

京都シーメックスの公式イベントだけでなく、京都発のマンガ・アニメ、映画・映像、ゲーム、クロスメディアに関連する情報を発信してまいります。

この著者の最新の記事

「KYOTO CMEX」ポータルサイトでは、マンガ・アニメ、映画・映像、ゲーム、クロスメディアの情報を発信する京都発のポータルメディアです。SNSをフォローして掲載情報をチェック!(情報募集

ピックアップ記事

【公式イベント】京都国際マンガミュージアムにて、オンライン展覧会「マンガ・パンデミックWeb展」で展示するためのマンガ作品を緊急募集!

【パートナーイベント】「第25回京都国際学生映画祭」作品募集!7/22まで!

【京都コンテンツ関連情報】オンライン上で京都の魅力を体験できるメタバース、「京都館PLUS X」が誕生!

【公式イベント】「indiePlay 2022 – China indie Game Awards」の応募受付を開始しました!(〆切:7/22)

【公式イベント】アニメ、マンガ、キャラクターなどを活用した、優れた企業コラボレーションや広告プロモーションを表彰するアワードイベント「アニものづくり アワード2022」エントリー開始!6/30まで!

【公式イベント】京都国際マンガミュージアムにて「TVアニメ『平家物語』高野文子と映画『犬王』松本大洋キャラクター原案展示」開催中!(6/27まで)

【公式イベント】西日本最大級のマンガ・アニメ・ゲームの祭典『京まふ2022』開催決定!9/17(土)・18(日)みやこめっせを中心に開催!出展ブース、ステージ、グッズ、コスプレなど盛りだくさん!

【公式イベント】インディーゲームの祭典10周年となる「BitSummit X-Roads / ビットサミット クロスロード」京都みやこめっせで有観客にて開催決定!

【京都ヒストリカ国際映画祭】 株式会社松竹撮影所・京都製作部 京都製作室長の井汲泰之様 インタビュー後編 時代劇の魅力を伝え続ける

【京都ヒストリカ国際映画祭】 京都文化博物館・学芸課映像情報室長の森脇清隆様インタビュー後編。 京都の映像文化を若者に受け継ぐ

全て表示

2021年度の人気記事

【公式イベント】インディーゲームの祭典10周年となる「BitSummit X-Roads / ビットサミット クロスロード」京都みやこめっせで有観客にて開催決定!

【公式イベント情報】「京都eスポーツサミット2022 Spring」開催!

【公式イベント】株式会社スクウェア・エニックス・ホールディングス理事:橋本真司さんによるKYOTO CMEX 2021「第1回コンテンツクロスメディアセミナー『ゲーム業界の今後の可能性~ファイナルファンタジーシリーズを通して~(仮題)』」(9/29(水)・定員100名・無料)参加者申込受付中!

「京まふ2021オープニングステージ」に潜入してきました!!

令和3年度「京都市中小企業等再起支援補助金」の募集についてのお知らせ

全て表示

人気記事ランキング

ついに鶴丸がやってくる!聖地・藤森神社での太刀「鶴丸」(写し)の奉納・展示がまもなくスタート!

10月6日までイベント開催中!【鬼滅の刃 京ノ御仕事】東映太秦映画村でのコラボをご紹介!

京都通になれる!?TVアニメ『京都寺町三条のホームズ』聖地巡礼

「孤独のグルメ」原作者:久住昌之氏、「FFシリーズ」生みの親:坂口博信氏が登壇するセミナー、京都で開催!【10/16・30、参加費無料】

寺町三条のホームズ原作者、望月麻衣先生独占インタビュー&聖地巡礼!

全て表示

カテゴリ一覧

種類別カテゴリ

ジャンル別カテゴリ

年別記事一覧

ページ上部へ戻る