京都発:マンガ・アニメ、映画・映像、ゲーム、クロスメディアのポータルメディア

京都発!東京ゲームショウ2017に出展した株式会社クラウドクリエイティブスタジオが掲げるVRプラットフォーム『V-REVOLUTION』って何?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

VR元年と言われた2016年から早くも1年が経過し、先月開催された東京ゲームショウ2017でも多くのVRゲームが展示されました。その東京ゲームショウ2017に京都のゲーム開発企業である株式会社クラウドクリエイティブスタジオ(以下、同社)が、”VRプラットフォーム”の『V-REVOLUTION』を出展しました。そこで、同社社長の秦泉寺章夫氏(以下、秦泉寺氏)に『V-REVOLUTION』について詳しい話を聞いてみました。

―東京ゲームショウ2017に出展した『V-REVOLUTION』の仕組みを教えていただけますか?

秦泉寺氏:『V-REVOLUTION』は、アミューズメント施設に1台の筐体(きょうたい)を設置して、配信されているVRゲームをオペレーター様が選択して遊ぶことが出来る仕組みになっております。筐体を入れ替えることなくネットワーク経由で新しいタイトルやアップデートを受け取ることができるので、オペレーター様では、筐体などの入れ替えなどのコストを抑えることができます。また、配信されるゲームは、『V-REVOLUTION』のデベロッパー登録をしていただければ、法人様だけでなく、個人のデベロッパー様も開発したゲームの配信を行う事が可能です。Apple社の『App Store』、Google社の『Google Play』 のような仕組みに近いですね。

―東京ゲームショウ2017における『V-REVOLUTION』の反響はいかがでしたか?

秦泉寺氏:今回の出展ではビジネスデイがメインの出展目的だったのですが、多くのデベロッパー様やオペレーター様に『V-REVOLUTION』を知っていただくことができました。実際に導入検討したいオペレーター様や、デベロッパー登録したいと海外からもお話をいただいており、非常に良い出展となりました。

―『V-REVOLUTION』の現在稼働中の店舗数、プレイ可能なVRゲームの数およびジャンル、1プレイの料金など、詳細をお聞かせ願えますか?

秦泉寺氏:現在稼働中の店舗数は全国で京都と群馬の2店舗となっております。現在プレイ可能なジャンルはアクションおよび脱出ゲームになります。1プレイの料金はデベロッパー様と店舗様の設定によって変更することができるのですが、平均的には500円ぐらいの価格設定となっております。現在、遊べるゲームタイトルは3つですが、東京ゲームショウ2017で展示いたしましたVRリズムゲームの『オトハコ』を鋭意開発中です。その他にも、デベロッパー様からお声掛けいただいている内容がございますので遊べるタイトルやジャンルがどんどん増えていく予定です。

―『VR ZONE SHINJUKU』などと比較して『V-REVOLUTION』が今後普及していくための一番の差別化ポイントはどこになりますか?

秦泉寺氏:『V-REVOLUTION』は『VR ZONE SHINJUKU』などの施設の中で稼働しているゲームを配信するためのサービスになります。そのため、『VR ZONE SHINJUKU』や他の施設にも『V-REVOLUTION』を導入して共存することが可能になります。新しく施設を作ることは難しいですが、『V-REVOLUTION』なら既存のアミューズメント施設、それ以外の施設でも少しのスペースさえあればお客様がVRゲームを遊んでいただける環境を提供することが可能になります。

―『V-REVOLUTION』で一番人気となっているゲームは何でしょうか?

秦泉寺氏:『脱出大作戦!~豪華客船から宝石を奪え!~』が一番人気となっております。最近ではリアル脱出ゲームというジャンルの人気が出てきておりますが、脱出大作戦はVR空間内で謎を解きながら脱出するというゲームです。「脱出」という単語に興味を持っていただけているのか、たくさんの方にご挑戦いただいております。まだ脱出率が1桁ですので、是非挑戦してみてください。

―京都には御社だけでなく面白い試みや新しい試みをするゲーム会社さんが多いような気がします。この点に関してどういった見解をお持ちでしょうか?

秦泉寺氏:ゲーム業界って、誰か一人の「面白いもの作りたい!」という発信者がいて、そこから色んな人を面白い方向に引っ張っていくものだと思っておりますので、私が会社を立ち上げた理由も「新しい事や面白い事をやりたい!」という思いから始まっており、それを実践しております。社内にいると慣れてくるものですが、社外から見たら「アレコレ色んな事やってるなー」と見えるかもしれません(笑)。

―受託開発だけでなく、なぜ自前で『V-REVOLUTION』に取り組んでいるのでしょうか?

秦泉寺氏:受託開発自体は事業としては現在も継続しており、今後も継続していくつもりです。受託開発でしか得られない知見なども得ることができますし、新しいコンテンツにも触れることができる受託開発も魅力的に感じております。ただ、やはり自分たちで0(ゼロ)から生み出していくこともゲーム制作の中でやりたいことではありますので、常日頃から自社プロダクトに対する取り組みは行っております。やりたいことの中の一つが今回の『V-REVOLUTION』でした。

―『V-REVOLUTION』の具体的な今後の展開予定を教えていただけますか?

秦泉寺氏:より多くの店舗様への展開、より多くのタイトルを提供出来るように進めております。また、マルチプレイ、ボイスチャット、ランキング、ICカード対応など、デベロッパー様が開発に専念できるように開発SDKの拡張も進めております。今後は導入店舗様やデベロッパー様をどんどん増やして VR業界を盛り上げていきたいと思います!

―ありがとうございました。

VR:妖怪
VR:DeathGame

株式会社クラウドクリエイティブスタジオ公式サイト:http://cloud-creative-studios.com/

『V-REVOLUTION』公式サイト:http://v-rev.com/

©CLOUD CREATIVE STUDIOS, INC.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

「KYOTO CMEX」ポータルサイトでは、マンガ・アニメ、映画・映像、ゲーム、クロスメディアの情報を発信する京都発のポータルメディアです。SNSをフォローして掲載情報をチェック!(情報募集

ピックアップ記事

2019年度の人気記事

10月6日までイベント開催中!【鬼滅の刃 京ノ御仕事】東映太秦映画村でのコラボをご紹介!

KYOTO CMEX オリジナル「間違い探し」第1弾『ビットサミット』(「BitSummit 7 Spirits」チケットプレゼント!)

【無料・要申込:11/12(火)開催】KYOTO CMEX 第1回コンテンツクロスメディアセミナー、新海 誠 監督が登壇!

【京まふ2019関連イベント】この夏、京都で!週刊少年ジャンプで連載中 超人気アニメ「鬼滅の刃」時代劇テーマパークで本格的コラボイベント開催

単行本4巻発売記念!漫画『恋せよキモノ乙女』作者・山崎零独占インタビュー!

全て表示

2018年度以前の人気記事

ついに鶴丸がやってくる!聖地・藤森神社での太刀「鶴丸」(写し)の奉納・展示がまもなくスタート!

「孤独のグルメ」原作者:久住昌之氏、「FFシリーズ」生みの親:坂口博信氏が登壇するセミナー、京都で開催!【10/16・30、参加費無料】

京都通になれる!?TVアニメ『京都寺町三条のホームズ』聖地巡礼

寺町三条のホームズ原作者、望月麻衣先生独占インタビュー&聖地巡礼!

【申込開始!】KYOTO CMEX 2018 10周年記念事業:角川歴彦氏と荒俣宏氏による講演&対談を京都で開催!【9/14(金)・無料】

全て表示

カテゴリ一覧

種類別カテゴリ

ジャンル別カテゴリ

ページ上部へ戻る