京都発:マンガ・アニメ、映画・映像、ゲーム、クロスメディアのポータルメディア

愛が重い…!? TVアニメ『有頂天家族2』スペシャルイベント 大有頂天祭’17 リポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年10日15日(日)、東京 片柳アリーナにてTVアニメ『有頂天家族2』スペシャルイベント 大有頂天祭’17が開催されました。
『有頂天家族』は、森見登美彦先生の小説を原作とした、たぬきと天狗と人間が繰り広げる心温まる物語。京都の街並みや暮らしが魅力的に描かれることから、作品が「京都特別親善大使」に任命されています。

イベントは、昼の部・夜の部共に、第1期・第2期共にオープニングテーマ曲を担当したmilktubのLIVEからスタート。

第2期の『成るがまま騒ぐまま』から始まり、第1期の『有頂天人生』へ。この2曲で会場を熱く盛り上げます。

そして、50分近い大ボリュームの朗読劇へ。

下鴨矢三郎役・櫻井孝宏さん、下鴨矢一郎役・諏訪部順一さん、下鴨矢二郎役・吉野裕行さん、下鴨矢四郎役・中原麻衣さんの下鴨四兄弟が勢揃いしただけではなく、弁天役・能登麻美子さん、二代目役・間島淳司さん、赤玉先生役・梅津秀行さん、淀川長太郎役・樋口武彦さんの、キャスト8名での朗読劇は『毛取物語』とタイトルされたオリジナルストーリー。第2期のシリーズ構成を担当した檜垣亮さんが描き下ろし、原作者の森見先生が監修した、この日のための物語でした。『竹取物語』をベースとする、しっとりとした秋のお話でしたが、やはり『有頂天家族』らしく一筋縄では行かない面白おかしな展開…!台本は昼夜同じものでしたが、夜の部はキャストの皆様によるアドリブもありました。

また、お月見をしながらお酒を酌み交わすシーンで、台本には『一同:かんぱーい』と記載されていましたが、打ち合わせ段階で「二代目は、乾杯はしても、乾杯の発声はしないキャラクターではないか」と間島さんから提案があり、本番では二代目以外の7名のキャラクターによる「かんぱーい」の唱和になりました。『有頂天家族』のキャラクターたちが作中で生き生きとしているのは、こういった細かな工夫が随所にされているからではないかと感じた出来事でもありました。

朗読劇の後は、トークコーナーへ。

まずはキャスト8名に、森見先生・吉原正行監督・堀川憲司プロディーサーのスペシャルゲスト3名を加えてのトーク。
森見先生がアフレコ現場に見学においでになった時の裏話や、アニメ制作側のお二人が印象に残ったセリフの裏話を演じられたキャストに伺う等、ファンには嬉しい深いお話が展開されました。原作小説が3部作であると明らかになっているだけに、アニメ第3期への期待も高まるところですが、そのためには原作の第3部が不可欠…!『有頂天家族』のイベントではお馴染みになっている「森見先生、続編は…?」のフリに、原作者の森見先生は第3部の展望も少しお話くださいました。また、夜の部で第3期に向けての意気込みを堀川プロデューサーに伺うと、この作品に寄せる熱い想いが、出るわ出るわ…。その大きな熱い想いを含んだ堀川プロデューサーのお話を受けて、森見先生の口から出た言葉は「愛が重い…(笑)」という名言でした(笑)キャストの皆様からも「この作品が大好き」という言葉をよく聞きますし、『有頂天家族』が本当に愛されている作品だと改めて実感する、とても温かなトークパートになりました。

そして、森見先生・吉原監督・堀川プロデューサーの3名には引き続きお話を伺いました。

昼の部ではそれぞれのお気に入りのシーンを、夜の部では本日の登壇キャストが演じられたキャラクター以外のキャラクターについてのお話をお伺いしました。
アニメをご覧になられた方の中には、狸谷に住むおばあちゃん狸の力の入れように驚かれたかもしれませんが、実は、アニメの制作について原作者としてオーダーをすることはほとんどない、という森見先生が、狸谷に住むおばあちゃんだけは「真っ白でふわふわに」というオーダーをしたそうです。他のたぬきとは一線を画すあの表現には、そんな裏話があったのですね!

続いては、第1期・第2期ともにエンディングテーマを担当されたfhánaによるLIVE。

第1期『ケセラセラ』第2期『ムーンリバー』を続けて演奏してくださいました。fhánaにとって『ケセラセラ』はデビュー曲でもあるため特に大切な曲であり、『有頂天家族』という作品もとても特別なものであると、LIVE演奏終わりに語ってくださいました。また、イベントの最初にLIVEをしてくださったmilktubにもここで少しお話を伺いました。

『有頂天家族』のテーマ曲は、milktubは矢三郎を、fhánaは弁天に想いを寄せて作られたという裏話も聞かせてくださいました。レーベルメイトでもあり、仲の良い二組の楽屋でのエピソードが飛び出し賑やかな雰囲気になったところで、イベントはエンディングへ…!

ご登壇の皆様から一言ずつご挨拶を頂き、最後は『有頂天家族』のイベントでお馴染みの「面白きことは、よきことなり!」の名言を、櫻井さんの音頭でご来場の皆様と声を合わせ唱和し大団円を迎えました。

2018年1月9日24時から、毎週火曜日にBSフジにて『有頂天家族2』のTV放送も決定!愛さずにはいられないこの素敵な作品を、ぜひもう一度お楽しみください。

©森見登美彦・幻冬舎/「有頂天家族2」製作委員会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

三崎智子

三崎智子

投稿者プロフィール

リポーター・司会・ナレーター。アニメ・マンガ・ゲームが大好き!空いた時間は聖地巡礼に割きたい。毎年『京まふ』のステージ司会をさせて頂いています。

この著者の最新の記事

「KYOTO CMEX」ポータルサイトでは、マンガ・アニメ、映画・映像、ゲーム、クロスメディアの情報を発信する京都発のポータルメディアです。SNSをフォローして掲載情報をチェック!(情報募集

2018年度の人気記事

【申込開始!】KYOTO CMEX 2018 10周年記念事業:角川歴彦氏と荒俣宏氏による講演&対談を京都で開催!【9/14(火)・無料】

今年は真選組が主役!? 実写版ロケ地の映画村で銀魂イベント再び!京都ブルルン滞在記パートⅡの全貌が明らかに!!

寺町三条のホームズ原作者、望月麻衣先生独占インタビュー&聖地巡礼!

【有頂天家族】さらに長く愛される作品へ!「京都有頂天祭 糺の森感謝の集い」イベントリポート

【BitSummit Vol.6】ビットサミット1日目の会場風景

全て表示

2017年度以前の人気記事

ついに鶴丸がやってくる!聖地・藤森神社での太刀「鶴丸」(写し)の奉納・展示がまもなくスタート!

「孤独のグルメ」原作者:久住昌之氏、「FFシリーズ」生みの親:坂口博信氏が登壇するセミナー、京都で開催!【10/16・30、参加費無料】

有頂天家族「京巡りスタンプラリー」を一日で巡ってきた!

【本日よりチケット販売開始!】大人気の「京まふ」抽選制ステージに応募し忘れて泣かないための全7ステップ

【コンテンツクロスメディアセミナー申込み開始!】豪華な講師が勢揃い!~第1回:亜樹直氏、第2回:堀井雄二氏、林克彦氏、第3回:石橋義正氏~

全て表示

イベント一覧

カテゴリ一覧

種類別カテゴリ

ジャンル別カテゴリ

ページ上部へ戻る