京都発:マンガ・アニメ、映画・映像、ゲーム、クロスメディアのポータルメディア

【BitSummit出展者関連リリース】台北国際ゲームショウ、アジアゲーム市場に捧げる – 台湾製ゲームが日本に席巻、アートデザインは好評を得る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

以下、プレスリリースの内容を掲載しています。

「台北国際ゲームショウ」はアジアゲームの集まりとして、近年は海外への発展に集中し、日本、韓国、シンガポール、フィリピン、マレーシアなど各国ゲームショウに戦略的提携を結ばれました。台北市コンピュータ協会は各国のチームを展覧に招待する以外、七つのインディゲームチームやメーカーを率いて、今月12日から13日までに行われた日本Bit Summitに参加します。

日本「Bit Summit」に世界中のインディーゲーム開発者を集結、計86組のチームが京都へ行く

第六回目「Bit Summit」は日本最大級のインディーゲームの祭典として、5月12、13日に京都市勧業館で行われます。今年は53組の日本チームとブラジル、デンマーク、フランス、オーストラリア、カナダなど各国からの開発者達が参加する。台湾チーム:誰もいない スタジオの作品《エコー》はオリジナルの音楽とオープニングで現場に多く日本チームの興味を得た。今はSteamで繁体字、簡体字、英語、日本語のバージョンの体験版が遊べることが出来ます。開発チームは四つの言語でより多くのフィードバックをいただきたいと思います。

Ming Chuan Universityの生徒達が組んだ:アラゴルンギムリ《終焉の残響: ガーディアンソング》は、今年の台北ゲームショウで異彩を放した。ゲームビジネス関係者から台湾の学生のアイデアと開発力への肯定を得た上、世界観の完成度の高さやアートデザインにも沢山のポジティブフィードバックを頂いた。THEMErが開発した3D TPS脱出ゲーム《路地探索》は、普通のパズルアドベンチャーゲームと違って、ストーリーと雰囲気のつくりに集中している。簡単な操作で親子のお客様の目を奪った。上記の台北国際ゲームショウに選ばれた三つのチーム以外、自己出展のGamtropy Studio《デザートピア》と、優れたデザインとクリエイティブでBitSummit ”ビジュアルエクセレンス賞”を受賞されたSunhead Games《Carto》も当地メデイァに沢山報道され、いい成果を出しました。

「BitSummit」公式サイト

台湾のインディゲーム

誰もいない スタジオ《エコー》

人々は此処とは別にいる、様々な世界の存在を信じ、自分達の世界を「エヴォロス」と呼んだ。しかし、他の世界がいる実証が未だ無く、異世界を探す事も冒険者を沸き立たせる目的となった。イレギュラーギルドに所属する冒険者リンは、初めて単独任務を任されて、ある目的を持って、所有者が半年も失踪してた魔造の森に辿り着く。人跡のないはずこの魔造の森には、一体どんな内情が隠されていたのだろうか……

《エコー》公式サイト

アラゴルンギムリ《終焉の残響: ガーディアンソング》

The World Tree was withering gradually due to heavy pollution, the will of the Tree “Goddess Pasmina” has fallen into sleep in order to cleanse itself. The world continued to be gaurded by the guardians of Dragons, Elves and Humans. But the peace did not last long. As the world continued to worsen, Human Guardians started wars to take over the remaining resources. The Dragons have fallen. To protect the Tree from the Dragon fire, The Elves sacrificed themselves to release the power of Ice. The world has been divided into Fire and Ice; and the destruction of the world accelerated. The descendant of Dragons “Ragnis” and the Royals of Elves “Antiya” have left for the Tree to the will of Goddess Pasmina.

《終焉の残響: ガーディアンソング》Facebookページ

THEMEr《路地探索》

《Alleys – 路地探索》は、英国風の小さな町の路地を模したテーマパークを舞台とし、シンプルな探検体験を提供します。一般的な謎解きゲームの要素を簡素化しているので、プレイヤーはアイテム集めと道を探すことに集中することができます。同時にゲームを進める中で、美術デザインと推理小説の雰囲気を楽しむことが出来ます。プレイヤーは自由な選択でゲームを進め謎を解き、最後にはゲームからの脱出方法を探し出すことになります。

《路地探索》公式サイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
KYOTO CMEX

KYOTO CMEXKYOTO CMEX実行委員会

投稿者プロフィール

京都シーメックスの公式イベントだけでなく、京都発のマンガ・アニメ、映画・映像、ゲーム、クロスメディアに関連する情報を発信してまいります。

この著者の最新の記事

「KYOTO CMEX」ポータルサイトでは、マンガ・アニメ、映画・映像、ゲーム、クロスメディアの情報を発信する京都発のポータルメディアです。SNSをフォローして掲載情報をチェック!(情報募集

関連記事

ピックアップ記事

2018年度の人気記事

【申込開始!】KYOTO CMEX 2018 10周年記念事業:角川歴彦氏と荒俣宏氏による講演&対談を京都で開催!【9/14(金)・無料】

寺町三条のホームズ原作者、望月麻衣先生独占インタビュー&聖地巡礼!

京都通になれる!?TVアニメ『京都寺町三条のホームズ』聖地巡礼

今年は真選組が主役!? 実写版ロケ地の映画村で銀魂イベント再び!京都ブルルン滞在記パートⅡの全貌が明らかに!!

【京都国際マンガミュージアム企画展】原作マンガ15周年×アニメ化10周年記念 ニャンコ先生とふりかえる 夏目友人帳 記憶(おもいで)展【会期:9/1(土)~11/4(日) 】

全て表示

2017年度以前の人気記事

ついに鶴丸がやってくる!聖地・藤森神社での太刀「鶴丸」(写し)の奉納・展示がまもなくスタート!

「孤独のグルメ」原作者:久住昌之氏、「FFシリーズ」生みの親:坂口博信氏が登壇するセミナー、京都で開催!【10/16・30、参加費無料】

有頂天家族「京巡りスタンプラリー」を一日で巡ってきた!

【本日よりチケット販売開始!】大人気の「京まふ」抽選制ステージに応募し忘れて泣かないための全7ステップ

【コンテンツクロスメディアセミナー申込み開始!】豪華な講師が勢揃い!~第1回:亜樹直氏、第2回:堀井雄二氏、林克彦氏、第3回:石橋義正氏~

全て表示

カテゴリ一覧

種類別カテゴリ

ジャンル別カテゴリ

ページ上部へ戻る