京都発:マンガ・アニメ、映画・映像、ゲーム、クロスメディアのポータルメディア

【BitSummit出展者関連リリース】MADFINGER Games、『Shadowgun War Games』を完全日本語対応で配信開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

以下、プレスリリースの内容を掲載しています。

MADFINGER Games は好評をいただいているスマホゲームシリーズの最新作『Shadowgun War Games』が iOS および Android向けに本日より配信されることを発表しました。『Shadowgun』、『Shadowgun: Deadzone』、『Shadowgun Legends』など、これまでのシリーズ作品は世界5000万人の方々にプレイされてきました。プレイヤーの方々はApp Store または Google Play ストアからゲームをダウンロードすることでプレイに参加できます。

『Shadowgun War Games』は基本プレイ無料のタクティカルFPS (ファースト・パーソン・シューティング) です。これまでの作品から応答性の高いゲームプレイを受け継ぎ、5対5の激しいチームバトルが繰り広げられるマルチ対戦ゲームとなっています。150万人の事前登録ユーザーたちに待ち望まれていた『Shadowgun War Games』は、 Google Play Awards で「最も美しいスマホゲーム」を受賞した前作『Shadowgun Legends』と同様のハイレベルな映像クオリティを誇ります。
それぞれがユニークな個性とスキルを備えているヒーローたちの中から、プレイヤーは自分のプレイスタイルに合ったものを選択できます。すぐに遊べるスピーディさを重視する『Shadowgun War Games』により、モバイル機器を利用できる全ての人々が、本物の家庭用ゲーム機クオリティのチーム対戦型アクションゲームを遊ぶことができます。

『Shadowgun War Games』はUnity の力を借りて性能の向上を図ることにより、可能な限り幅広い機種のスマートフォンにおいて、スムーズかつ美麗なゲームプレイを確保しています。その中にはスマホゲーム用に設計された高性能スマートフォン「ASUS ROG Phone II」も含まれます。
ASUS モバイル部門でヨーロッパ・中東・アフリカ担当マーケティング・ディレクターを務める Daniela Idi (ダニエラ・イディ) 氏は次のように述べています。「『Shadowgun War Games』は当社の ASUS ROG Phone II で美しく動作します。120Hz サポート、ツインビュー、その他の機能により、プレイヤーは驚きのゲーム体験を楽しめるでしょう。私たちも楽しみで待ち切れません」。

Unity テクノロジーズでエンジニアリング副社長を務めるブレット・ビビー氏はこのように語っています。「MADFINGER Games はさまざまなデバイスでの展開に最適化された美しい映像表現を、対戦シューティングゲームで要求される性能を一切犠牲にすることなく実現していくために Unity を使用するエキスパートです。『Shadowgun War Games』は同社チームの最も野心的な取り組みでありながら、Unity がモバイル機器でできることを見事に発揮しているゴージャスな超高速オンラインシューティングゲームです。チームの方々、新たな大作の配信開始おめでとうございます」。

MADFINGER Games のマレック・ラバスCEOは次のように述べています。「2020年で私たちのスタジオは10周年を迎えます。私たちにとっては『Shadowgun War Games』の配信開始がその前祝いです。私たちはこのゲームに10年分の情熱と経験を注ぎこみました。コミュニティからの反応を聞くことが楽しみで待ち切れません」。

『Shadowgun War Games』は本日より、App Store および Google Play ストア から無料ダウンロード可能です。より詳しい情報を知るには、shadowgunwargames.comを確認してください。

MADFINGER Games について

MADFINGER Games は世界レベルの独立系ゲーム開発会社で、スマートフォンおよび家庭用ゲーム機のプラットフォームに重点を置いています。2010年に設立された同スタジオのゲームは瞬く間にセールスランキングの上位となり、100を超える国々で1位を獲得しました。MADFINGER Games は圧倒的なビジュアルと素晴らしいゲームプレイ体験に定評があります。また、世界的に高い評価を受けており、Google Play Awards の「最も美しいスマホゲーム2019」を含む名誉ある賞の数々を受賞しています。このスタジオで特に人気の高いタイトルは『Shadowgun Legends』、『 Unkilled』、『Dead Trigger 2』です。同スタジオのゲームは2億5,000万ダウンロードを突破しています。

公式サイトはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
KYOTO CMEX

KYOTO CMEXKYOTO CMEX実行委員会

投稿者プロフィール

京都シーメックスの公式イベントだけでなく、京都発のマンガ・アニメ、映画・映像、ゲーム、クロスメディアに関連する情報を発信してまいります。

この著者の最新の記事

「KYOTO CMEX」ポータルサイトでは、マンガ・アニメ、映画・映像、ゲーム、クロスメディアの情報を発信する京都発のポータルメディアです。SNSをフォローして掲載情報をチェック!(情報募集

This error message is only visible to WordPress admins

Error: No connected account.

Please go to the Instagram Feed settings page to connect an account.

ピックアップ記事

2019年度の人気記事

【無料・要申込:11/12(火)開催】KYOTO CMEX 第1回コンテンツクロスメディアセミナー、新海 誠 監督が登壇!

KYOTO CMEX オリジナル「間違い探し」第1弾『ビットサミット』(「BitSummit 7 Spirits」チケットプレゼント!)

【京都の伝統産業×名作アニメ】『銀河鉄道999』の世界観を、京都の熟練職人が 丹後の絹で織り上げた「西陣織シルクネクタイ」販売中!

【京都コンテンツ関連情報】カービィとワープスターが“のせて可愛い”和菓子になって登場!新シリーズ「食べマスあそーと」全国のローソンにて順次発売!

【BitSummit出展者リリース】『World of Warships』、『アズールレーン』とのコラボ第2弾を発表! 8名のコラボ艦長、2隻のコラボプレミアム艦艇、コラボ港などが実装

全て表示

2018年度以前の人気記事

ついに鶴丸がやってくる!聖地・藤森神社での太刀「鶴丸」(写し)の奉納・展示がまもなくスタート!

「孤独のグルメ」原作者:久住昌之氏、「FFシリーズ」生みの親:坂口博信氏が登壇するセミナー、京都で開催!【10/16・30、参加費無料】

京都通になれる!?TVアニメ『京都寺町三条のホームズ』聖地巡礼

寺町三条のホームズ原作者、望月麻衣先生独占インタビュー&聖地巡礼!

【申込開始!】KYOTO CMEX 2018 10周年記念事業:角川歴彦氏と荒俣宏氏による講演&対談を京都で開催!【9/14(金)・無料】

全て表示

カテゴリ一覧

種類別カテゴリ

ジャンル別カテゴリ

ページ上部へ戻る