京都発:マンガ・アニメ、映画・映像、ゲーム、クロスメディア、メタバースのポータルメディア

京まふ10回記念!歴代担当者インタビュー第四弾【by立命館大学映像学部学生チーム】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回の開催で10回記念を迎える京まふ。京まふは、京都市と京まふ実行委員会が主体となって開催しているマンガ・アニメイベントです。そこで、京まふを支えてきた歴代の担当者様にインタビューをしました。

 

 

今回インタビューを行ったのは、2019~2020年担当の皆越さんです。

 

地域経済や市民のライフサイクルを支えていきたい

 

ーーーーー京まふが他のマンガ・アニメイベントと異なる点はどのようなところでしょうか?

 

 

「最も異なっている点は行政が主体となって運営している点です。行政の役割としては、まずクリエイター支援があります。アニメや3Dイラストの制作会社などのコンテンツ企業に京都での仕事を生みだしてもらうために、いろいろな形でクリエイターとのマッチングを行っています。京都市内には芸術系の大学が多くありますが、学生数に見合うだけの芸術系の仕事の枠が,市内に十分ではないため,首都圏で就職するケースが多いというのが現状です。ですから私たちは、京都市内のコンテンツ企業と芸大生たちをマッチングすることで、京都の芸術大学に進学した学生が,そのまま京都で就職するチャンスが増えるようなイベントを、京まふを通じて実施しています。私たちの目標は、京都で生まれ、京都で小中学校、高校に通って,京都の芸術大学に進学した人たちが、市内のコンテンツ会社に就職して、結婚して子供が生まれて……というように、京都市内でライフサイクルが完結できるようにすることです。京まふは,そこに辿り着くための一つの手段になっています。

京まふは西日本最大級のマンガ・アニメのイベントだと言われています、とはいえ,グッズ販売のみを行っているイベントではありません。文化庁の補助金や企業からの支援,そして何よりも市民の皆さんからの税金を使わせていただき開催しています。ですから,市民の皆さんの生活に還元されないと意味がないのです。イベントを開催することにより,他府県から京都に来てもらうことで、公共交通機関やその他観光地、宿泊地などにお金が回ります。人が来るということは,経済が循環するということです。ですが、京まふを開催する2日間だけでみるとそれは非常に一時的なものです。だからこそ私たちは、今後10年先、20年先を見据えた上で,京まふを実施していく必要があるんですね。

例えば、京まふの中で実施している「京都クリエイティブ企業キャリアフォーラム」、これは簡単に言うと京都市内のコンテンツ企業に絞って行っている企業説明会です。現在は20社くらいの企業にブースを出展していただいていて,参加してくださる就職希望者者の数も,昨年はコロナの影響で減ってしまったのですが、一昨年は500人を超えました。京まふの会場である「みやこめっせ」の地下では就職活動が行われてるんです。それに「マンガ出張編集部」というのもあります。これは関西圏に住んでいる漫画家志望者に自分の原稿を持ち込んでもらい、東京から来ていただく出版社の編集者に見てもらうものです。これら2つの企画はまさにクリエイター支援ですね。ここまで行政が関わっているマンガ・アニメイベントはおそらく他にはないと思います。

また,京都といえばやはり伝統産業です。伝統産業とコンテンツとのコラボ商品の販売にも積極的に取り組んでいます。これも京まふが他のマンガ・アニメイベントとの最も大きな違いですね。」

 

 

何が正解なのわからなかったんです

 

ーーーーー皆越さんが担当されていたときに、ご苦労されたことはどのようなことでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

2020年京まふ当日会場内の様子

 

 

「昨年は新型コロナウイルス感染症の影響で本当に大変でした。一番苦労したことは、未知のウイルスに対して,何が正解なのかわからなかったいうことですかね。今もそんなに大きく変わらないと思いますが,こうしたら確実に安全という基準のない中での京まふ開催でした。しかも開催日の前日まで1万人を超える大規模イベントには規制がかかっており、解禁後初の全国規模のイベントが京まふだったんです。そのため、取材の方がたくさんお越しになられ,かなり注目を集めました。運営については,人が多すぎると感染リスクも高まるし、人が少なすぎると採算が取れなくなってしまいますから、ちょうどいいバランスをとることが難しかったですね。対策として実施したのは時間制のチケットです。同時間帯に会場に入れる人数を制限し,密にならないよう気を付けました。」

 

クリエイターさんにもっと支援したいです

 

 

ーーーーー京まふを開催してきたことによってコンテンツ産業やその他、京都市産業にどのような変化や影響がありましたか?

 

 

「まだまだこれからだと思います。でも,京まふで実施しているマンガコンテストには,アジア系の方が多く参加してくださっていますし,世界100か国以上から応募があるんです。それに昨年(2019年),大賞に選ばれたのは台湾の方だったんですが、台湾の蔡総統がTwitterで『〇〇さんが大賞とりました!』のように発信してくださいました。とても嬉しかったですね。このことをきっかけに,京まふの国際的認知度は高まったと思います。また,先ほどご紹介したマンガ出張編集部に持ち込みをされて、実際にマンガ家になった方もいらっしゃいます。

このように、京まふがきっかけの一つとなり,クリエイターとして活躍している方もいらっしゃいますし、コンテンツ関連の企業に就職をされている方もいらっしゃいます。とはいえ,即効性があるものではないので、継続的に実施していくことが必要なんだと感じています。」


 

 

 

 

 

 

ーーーーー今年で10回目を迎える京まふですが、更に10年後の京まふへの展望はいかがでしょうか?

 

 

「京都では7月といえば「祇園祭」です。7月の1か月間は、市内の至る所に提灯が飾られ、否応なしに雰囲気は盛り上がります。いずれは,京まふが開催される9月が、コンテンツ系のイベントで盛り上がるようになってもらいたいですね。京まふのメイン期間は2日間ですが、他の週にもコンテンツに関わるイベントを誘致・開催し、9月の1か月間は京都のまちなかに京まふの旗が飾られている、というイメージですね。そのためには、コンテンツを活用してまちを豊かにしていきたいという思いを,市民の皆さんにもっと伝えていく必要があると思います。」

 

 

 

コンテンツへの愛が溢れている場所

 

ーーーーーーーーーー最後になりますが、京まふを漢字一文字で表すとしたらどのように表現しますか?

 

「やはり『愛」でしょう。でも『支える」の『支」も考えられますね。京まふは様々な方からの支援のおかげで開催できていますから。」

 

ーーーなぜ「愛」ですか?

 

 

「京まふは,コンテンツへの愛情がたくさんある場所だと思います。来場される方は,推しキャラや好きな作品に,すごく愛情を持っていて、とてもエネルギーを感じるんです。愛がないと並ばないですよね。だから、京まふは『愛』なんだと思います。」

 

 

 

市民のことも考えて、「支える」ことに力を入れている京まふの優しい面を非常に感じています。未来に向けて、頑張っている京まふでした!京まふをぜひ今年もお楽しみください!

 

 

 

 

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

第五弾の2020年~担当者インタビューも近日投稿予定です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

立命館大学映像学部学生チーム

投稿者プロフィール

メディア業界を目指す立命館大学映像学部生によるインターンのチームです。毎年、ファン視点からトレンドをピックアップできるのが強み。実際、このインターンを経て業界で活躍しているOB、OGも。ぜひ暖かく見守ってください!

この著者の最新の記事

「KYOTO CMEX」ポータルサイトでは、マンガ・アニメ、映画・映像、ゲーム、クロスメディアの情報を発信する京都発のポータルメディアです。SNSをフォローして掲載情報をチェック!(情報募集

関連記事

ピックアップ記事

平安貴族は〇〇を見せない?若者の服は〇色!?「光る君へ」マンガ「あさきゆめみし」が100倍面白くなる!京都文化博物館【紫式部と『源氏物語』】学芸員さんに話を聞いてきたパート2

500年以上前の「源氏物語(写し)」が【京都文化博物館】で見られる!!「光る君へ」マンガ「あさきゆめみし」が100倍面白くなる【紫式部と『源氏物語』】学芸員さんに話を聞いてきたパート1

映画プロデューサー:齋藤優一郎様が語る「アニメーション映画が切り拓いてきたこと、そしてこれからの未来」とは? 第2回コンテンツクロスメディアセミナー開催報告

【京まふ2023】 現地レポート『地下鉄に乗るっ』10周年スペシャルトーク&LIVE

【京まふ2023】“京まふおこしやす大使“伊東健人さん&高橋李依さんへの特別インタビュー!!

【京まふ2023】京都国際マンガミュージアムへ!

作曲家・桶狭間ありさ氏 京伴祭インタビュー(京まふ2023連携企画)

【京まふ2023】古都コス出演者に突撃インタビュー!

【京まふ2023】「カノジョも彼女 Season 2」京まふステージ開催!上映PVでは古賀葵演じるミリカの妹がボイス初解禁に

【京まふ2023】TVアニメ「有頂天家族」10周年スペシャルステージ開催!弁天役の能登麻美子が第3期を熱望

【京まふ2023】キャラクターたちがお酒に!?白糸酒造のグッズを見に行ってみた〜〜!!

【京まふ2023】いざ行かん!雪ミク スカイタウン!

「完全に原作再現」「公式直々なのがビビる」京まふ2023でのシャングリラ・フロンティア(シャンフロ)のあるツイートからの流れが最高すぎると話題に

【京まふ2023】京都伝統工芸大学校・京都美術工芸大学さんの作品に触れてみた

【京まふ2023】初出展の京都ハンナリーズ

全て表示

2024年度の人気記事

【マンガ・アニメ分野】「ブルーアーカイブ (ブルアカ)」地域周遊型イベント「ブルーアーカイブ ~げにうららか☆京都満喫春の旅!~」開催!(2024年4月16日より順次開催)

【クリエイター支援情報】「京都から日本を見る、世界を広げる」新たな繋がり・機会を生む場となるサロン『Desalon Kyoto』

【アニメ分野公式イベント】期間限定コラボ企画!TVアニメ「有頂天家族」×伝統産業「京友禅」のスマートフォン拭き販売中!(12月26日まで)

【京都コンテンツ関連情報】200万枚の桜吹雪が歴史ある時代劇セットの最後を飾る!東映太秦映画村にて「夜桜花吹雪」開催(4月7日 20:45~)

【京都国際マンガミュージアム】期間限定!人気テレビ番組「マンガ沼」放送を記念した川島明(麒麟)と山内健司(かまいたち)のオススメマンガ作品紹介コーナー設置中!!(3月17日~5月7日)

【京都コンテンツ関連情報】数多くの桜が咲き誇る境内をめぐる!「醍醐の花見」で有名な世界文化遺産「醍醐寺」で特別法要・拝観が開催中!

【映画分野公式イベント】映画が800円で見れる!?新入生限定サービス「初めてのアップリンク」開催中!(開催期間:~4月30日)アップリンクってどんなとこ?取材記事も紹介!

【クリエイター支援情報】2024年5月開催の「カンヌ国際映画祭併設マーケットMarche du Film」での新進映画プロデューサーおよびIP企画参加募集中!(応募〆切:4月15日正午12時まで)

【クロスメディア分野公式イベント】4月6日(土) コスプレイベント『COSJOY』が京都国際マンガミュージアムにて開催!!モダン・レトロな雰囲気でコスプレを楽しもう!

【京都国際マンガミュージアム】マンガの魅力や奥深さに迫る!?開館17年目にして初の公式ガイドブック刊行!

【京都国際マンガミュージアム】昔なつかしの紙芝居を今に伝える紙芝居パフォーマンス「えむえむ紙芝居」4月実演者スケジュール公開!

【クリエイター支援情報】歴史的建造物、近現代建築の空間に展開する写真コレクション!「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭」前売チケット発売中!(〆切4月12日)

【クリエイター支援情報】2024/5月開催の「プチョン国際ファンタスティック映画祭」でのプロデューサー養成プログラムおよび現地滞在レジデンスプログラム参加募集中!(応募〆切:4月30日まで) 

【京都コンテンツ関連情報】東映太秦映画村にて次世代小型モビリティ「&brella」の運転体験が出来るアトラクション開催!親善大使として女優/丸りおなさん来村!(4月18日~21日)

【映画分野公式イベント】学生が力を合わせて盛り上げる!第27回京都国際学生映画祭実行委員会 実行委員募集中!

【京都コンテンツ関連情報】「三國幽眠(みくにゆうみん)—勤王漢学者と京都」展関連講演会 「三國幽眠と興正寺・本寂上人について」参加者募集中!(5月25日)

全て表示

人気記事ランキング

ついに鶴丸がやってくる!聖地・藤森神社での太刀「鶴丸」(写し)の奉納・展示がまもなくスタート!

10月6日までイベント開催中!【鬼滅の刃 京ノ御仕事】東映太秦映画村でのコラボをご紹介!

京都通になれる!?TVアニメ『京都寺町三条のホームズ』聖地巡礼

「孤独のグルメ」原作者:久住昌之氏、「FFシリーズ」生みの親:坂口博信氏が登壇するセミナー、京都で開催!【10/16・30、参加費無料】

寺町三条のホームズ原作者、望月麻衣先生独占インタビュー&聖地巡礼!

京都通になれる!?TVアニメ『京都寺町三条のホームズ』聖地巡礼 その2

アニメ『有頂天家族』の聖地としても有名な京都の下鴨神社でみたらし祭開催中【07/30まで!】

巡ってわかる、心の距離。TVアニメ『月がきれい』聖地巡礼~前編~

【映画・歴史好き必見】東映太秦映画村の魅力をどどんとご紹介!新選組隊士の殺陣や実写映画『銀魂』等様々なロケが行われているオープンセット、仮面ライダー立像の撮影も可能!

今年は真選組が主役!? 実写版ロケ地の映画村で銀魂イベント再び!京都ブルルン滞在記パートⅡの全貌が明らかに!!

有頂天家族「京巡りスタンプラリー」を一日で巡ってきた!

巡ってわかる、心の距離。TVアニメ『月がきれい』聖地巡礼~後編~

【申込開始!】KYOTO CMEX 2018 10周年記念事業:角川歴彦氏と荒俣宏氏による講演&対談を京都で開催!【9/14(金)・無料】

KYOTO CMEX オリジナル「間違い探し」第1弾『ビットサミット』(「BitSummit 7 Spirits」チケットプレゼント!)

京都通になれる!?TVアニメ『京都寺町三条のホームズ』聖地巡礼 その3

【公式イベント】インディーゲームの祭典10周年となる「BitSummit X-Roads / ビットサミット クロスロード」京都みやこめっせで有観客にて開催決定!

【本日よりチケット販売開始!】大人気の「京まふ」抽選制ステージに応募し忘れて泣かないための全7ステップ

『ギークハウス京都東福寺』の管理人を直撃 ギークハウスってどういう人が入居してるの?

京都市ボランティア・エキストラ登録制度のご案内

【コンテンツクロスメディアセミナー申込み開始!】豪華な講師が勢揃い!~第1回:亜樹直氏、第2回:堀井雄二氏、林克彦氏、第3回:石橋義正氏~

全て表示

カテゴリ一覧

種類別カテゴリ

ジャンル別カテゴリ

年別記事一覧

ページ上部へ戻る