京都発:マンガ・アニメ、映画・映像、ゲーム、クロスメディアのポータルメディア

【京都ヒストリカ国際映画祭】 ディレクターズユニブ板倉様インタビュー前編。時代劇を扱うユニークな映画祭を創りたい。運営のまとめ役として大切なこととは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、ディレクターズユニブ板倉様にインタビューしました。

Q 板倉さんは今回のヒストリカ映画祭でどのような役割を担当されているのか教えていた
だきたいです。
板倉一成氏(以下、板倉) 映画祭では事務局を担当しています。一般的に、映画祭は、映
画祭の内容を企画する側と、映画祭を運営する側の2つに分けられるのですが、私は運営サ
イドの仕事のまとめ役をやっています。

Q 映画祭の事務局ではどのような仕事があるのでしょうか?
板倉 まず映画祭を運営するのには運営資金が必要なので、そのために補助金を申請するな
ど、外部資金の獲得を行います。そこから予算管理、広報や営業、会場選び、会場の演出・
装飾、ゲストのアテンドなど、開催に必要な全てのことを行います。僕の仕事は映画祭の運
営において、適材適所、人や予算を配分していき、映画祭や上映の企画がより良く、スムー
ズに進ように調整していくことです。

(映画祭のまとめ役としての運営)

Q 運営チームの規模はどの程度ですか?
板倉 大体10人ぐらいです。うちの会社のスタッフが5人ぐらい、それ以外で5人ぐらい
が映画祭の当日まで動いている人数です。その人たちがマルチに広報や営業、当日運営など
色々な役割をこなしています。企画は、僕と、東映の高橋さん(編注:東映京都撮影所スタ
ジオ事業部(部長) 高橋剣氏 以下、高橋さん)と、京都文化博物館の森脇さん(編注:
京都文化博物館、学芸課映像情報室長 森脇清隆氏 以下、森脇さん)の3人で決めていま
す。

Q 運営のまとめ役として重要なことはなんでしょうか?
板倉 運営のまとめ役は企画の理解が大変重要になります。特に広報は、この企画をどうし
たらお客さんに届くかというのを考え、担当とディスカッションして、プレスリリースや広
報物などを作ります。良い企画を成立させるには良い運営が必要であると思ってます。もち
ろん、逆も然りです。

Q ヒストリカ映画祭を運営する上で、悩ましいと感じている事はありますか。
板倉 今の悩みは、毎年、映画祭のアンケートには「この映画がよかった、このゲストの話
が面白かった」など、個別の作品の感想については書いて貰えるんですが、「映画祭のここ
が楽しかった」という感想が少ないという点です。もちろん、上映作品に期待して来場いた
だくのは嬉しいのですが、運営する仕事としては、もっと作品以外にもこの映画祭を楽しん
でもられることを考える必要があると思っています。
今年はそれらの課題をスタッフと共有して、少しずつ改善を図っています。映画祭のロゴの
刷新や配信企画の実施、会場装飾の検討など、色々とアイディアを出し合いながら、できる
ところから始めています。これまでは映画に詳しくないからということで、映画祭の仕事に
気後れしたスタッフもいましたが、映画祭を楽しんでもらう仕事においてはあまりその点は
関係なく、スタッフも前向きに業務に当たってくれています。今年はぜひ、去年からの変化
を感じてもらえる映画祭にできればと思っています。
(ユニークな映画祭を作る)

Q 時代劇が国際展開する上でヒストリカとして何ができるかお教えください。
板倉 現在、時代劇は映画で出会うよりも、アニメや漫画、ゲームで時代劇に出会う機会が
多く、また世界のユーザーを魅了しているという現実があります。加えて、それらの作品は、
必ずしも日本で作られたとは限りません。もはや時代劇は日本の専売特許とは言いにくい状
況かもしれません。そういった中で、世界に羽ばたいていけるような時代劇を作るにはどう
したらいいのか?ということを制作者と一緒に考えたいとスタートしたのがこの映画祭です。
そのために、この映画祭は、上映だけでなく、「京都フィルムメーカーズラボ」(編注:時
代劇制作ワークショップ)や「京都映画企画市」(編注:時代劇企画ピッチングコンテス
ト)、「上洛まつり」(編注:コスプレイベント)、「HISTORICA XR」(編注:AR/VR
のセミナー)など、多面的に時代劇を通して国内外と接続できる事業を展開してきました。
国というボーダーや、映画やアニメ・ゲームなどのジャンルのボーダーなどを越えて、時代
劇について学び、刺激し合い、交流できる映画祭にしたいなと思っています。ぜひこの映画
祭でヒントを見つけて、新しい時代劇を作って欲しいです。

Q そう考えるに至った理由をお教えください。
板倉 この映画祭を始める少し前に、映画村では「戦国まつり」(上洛まつりの前身)が始
まり、「戦国BASARA」や「銀魂」、「NARUTO」など、時代モノの作品のコスプレイ
ヤーを拝見する機会が増えました。僕は純粋に、こんな作品の楽しみ方もあるんだなと思う
一方で、映画祭を初めてすぐに、テレビでは大河ドラマを除いて地上波のレギュラーで時代
劇の番組がなくなり、時代劇の衰退を多くのメディアで語られました。
このような時代劇を取り巻く変化の中でヒストリカを立ち上げました。ヒストリカは京都で
作られた過去の時代劇もすごく大切にはしていますが、当初から「新しい時代劇を作るた
め」という未来志向であろうと心掛けてきました。繰り返しになりますが、そのために時代
劇は映画だけでなく、アニメやゲームなどの隣接したジャンルからも学ばなきゃいけないと
いう考えがあり、アニメ作品の上映や漫画家を招いたトークショーなどを行ってきました。
また海外で歴史映画を作っている監督やクリエイターを招聘し、シンポジウムなども実施し
てきました。
Q ヒストリカ最大の特徴は、実際に映画制作に携わっている人が主体的に、主催者側に
回っているのが特徴だと思います。板倉さんなりのヒストリカと従来の映画祭との違いをお
教え下さい。
板倉 この映画制作に携わっている人というのは太秦の撮影所の方々かと思います。これは
少し質問から外れるかもしれませんが、今は京都文化博物館を会場にしていますが、3回目
までは東映京都撮影所、松竹撮影所の両撮影所の試写室を使い、開催していました。今思え
ば、大変ユニークで、時代劇を取り扱う映画祭にふさわしい、どこにもない映画祭だったの
ではないかと思っています。
そこには京都府の山下副知事(編注:京都府副知事、山下晃正氏。京都府企画理事などを経
験)の「作り手が楽しめる映画祭を作ろう」という言葉があり、今でも当時の映画祭に参加
した監督やクリエイターなどからは、撮影所でガンガンを囲って暖をとっていたことや、撮
影所のステージでの打ち上げのエピソードなどが語り草になっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「KYOTO CMEX」ポータルサイトでは、マンガ・アニメ、映画・映像、ゲーム、クロスメディアの情報を発信する京都発のポータルメディアです。SNSをフォローして掲載情報をチェック!(情報募集

ピックアップ記事

アニメ評論家、氷川竜介氏に聞く中国最新アニメの世界

【京まふ2022現地レポート】大興奮ファミレストークin京都!〜Fate/Grand Order カルデアラジオ局Plus 出張版~

【京まふ2022現地レポート】デジタルスタンプラリーに挑戦!

【京まふ2022現地レポート〜内田真礼さん登場!京まふオープニングステージ!〜】

【京まふ2022現地レポート】『わたしの幸せな結婚』ブースの様子です🌸

【京まふ2022現地レポート】伝統工芸 体験工房をご紹介!

【京まふ2022現地レポート】今年も開催!『古都コス』の様子です

【京まふ2022現地レポート】『ラブオールプレー』ブースの様子です🏸

【京まふ2022現地レポート】鬼滅の刃おたべが販売!生八つ橋が食べられる!

【京まふ2022現地レポート】『少年ジャンプ+』ブースの様子です👀

【京まふ2022現地レポート】『Fate/Grand Order』ブースの様子です!

【京まふ2022】『お通り男史』二周年記念スペシャルステージの様子です!

【京まふ2022現地レポート】『ytv animation』ブースの様子です!

【京まふ2022現地レポート】『お通り男史』ブースの様子です!

【第31回CGアニメコンテスト】今年の入賞作品をご紹介

全て表示

2022年度の人気記事

【公式イベント】西日本最大級のマンガ・アニメ・ゲームの祭典『京まふ2022』開催決定!9/17(土)・18(日)みやこめっせを中心に開催!出展ブース、ステージ、グッズ、コスプレなど盛りだくさん!

【クリエイター支援情報】参加無料!アニものづくりアワードpresents『推しと聖地巡礼 ーアニメが生み出す地域経済圏ー』2022/5/31にオンライン開催!(〆切 :5/30)

【クリエイター支援情報】〆切迫る!アニメ、マンガ、キャラクターなどを活用した、優れた企業コラボレーションや広告プロモーションを表彰するアワードイベント「アニものづくり アワード2022」エントリー期間延長開始!7/15まで!

【クリエイター支援情報】〆切延長!アニメ、マンガ、キャラクターなどを活用した、優れた企業コラボレーションや広告プロモーションを表彰するアワードイベント「アニものづくり アワード2022」エントリー期間延長!7/15まで!

【公式イベント】アニメ、マンガ、キャラクターなどを活用した、優れた企業コラボレーションや広告プロモーションを表彰するアワードイベント「アニものづくり アワード2022」エントリー開始!6/30まで!

【京都コンテンツ関連情報】今年で3回目!「鬼滅の刃 京ノ御仕事 参」開催!遊郭編の世界のような映画村・遊郭のセットが見どころ!(〜10/17)

【BitSummit関連情報】BitSummit X-Roads特設WEBサイト公開!出展インディーズゲームタイトルが決定!豪華インフルエンサーによる実況バトルや会場のLIVEリポート等、10周年を飾るコンテンツが盛りだくさん!

【京都コンテンツ関連情報】京都市勧業館にて、コスプレイベント「COSJOY@京都市勧業館」6/12に開催!

【京都コンテンツ関連情報】京都駅ビルにてコスプレイベント『acosta!@京都駅ビル』5/28に開催!

【京都コンテンツ関連情報】新選組ゆかりの地をOVA「薄桜鬼」3隊士と共に巡る宿泊プラン「いざ出陣!新選組再発見の旅プラン」を販売開始!

【京都コンテンツ関連情報】京都国際マンガミュージアムにて「COSJOY」5/21,22に開催!〆切は5/19まで!

アニメ評論家、氷川竜介氏に聞く中国最新アニメの世界

「ブッチギレ!」監督とプロデューサーにアニメ放送直前インタビュー!

【京都コンテンツ関連情報】主演・福田悠太(ふぉ〜ゆ〜)、共演・室龍太、松本明子トニー賞受賞大爆笑コメディ!「ボーイング・ボーイング」上演決定!京都公演は6/3〜6/5!

【京都コンテンツ関連情報】「魔法使いの約束 (まほステ)」× アニメイトコラボ!5/19〜5/22までの期間限定で京都焙煎屋でアニメイトカフェ出張版「魔法使いの約束カフェ」開催!

【京都コンテンツ関連情報】東映太秦映画村にて「エヴァンゲリオン展 VISUAL WORKS」が開催中!(5/29まで)

【京まふ2022直前特別セミナー】TVアニメ『ブッチギレ!』監督&プロデューサーに学ぶ 歴史劇ならびに京都ストーリーテリングの可能性

【京都コンテンツ関連情報】バーチャル空間上にウェブサイトを構築し『XRの未来図鑑』を公開!

【京都コンテンツ関連情報】リーガロイヤルホテル京都にて、オタクによるオタクのための推しに捧げる宿泊プラン「オタ活応援プラン」販売!

【京都コンテンツ関連情報】東映太秦映画村にて「シン・ウルトラマン祭 ~怪獣総進撃デジタルスタンプラリー~」開催!(7/10まで!)

全て表示

人気記事ランキング

ついに鶴丸がやってくる!聖地・藤森神社での太刀「鶴丸」(写し)の奉納・展示がまもなくスタート!

10月6日までイベント開催中!【鬼滅の刃 京ノ御仕事】東映太秦映画村でのコラボをご紹介!

京都通になれる!?TVアニメ『京都寺町三条のホームズ』聖地巡礼

「孤独のグルメ」原作者:久住昌之氏、「FFシリーズ」生みの親:坂口博信氏が登壇するセミナー、京都で開催!【10/16・30、参加費無料】

寺町三条のホームズ原作者、望月麻衣先生独占インタビュー&聖地巡礼!

京都通になれる!?TVアニメ『京都寺町三条のホームズ』聖地巡礼 その2

巡ってわかる、心の距離。TVアニメ『月がきれい』聖地巡礼~前編~

今年は真選組が主役!? 実写版ロケ地の映画村で銀魂イベント再び!京都ブルルン滞在記パートⅡの全貌が明らかに!!

有頂天家族「京巡りスタンプラリー」を一日で巡ってきた!

【申込開始!】KYOTO CMEX 2018 10周年記念事業:角川歴彦氏と荒俣宏氏による講演&対談を京都で開催!【9/14(金)・無料】

アニメ『有頂天家族』の聖地としても有名な京都の下鴨神社でみたらし祭開催中【07/30まで!】

【映画・歴史好き必見】東映太秦映画村の魅力をどどんとご紹介!新選組隊士の殺陣や実写映画『銀魂』等様々なロケが行われているオープンセット、仮面ライダー立像の撮影も可能!

巡ってわかる、心の距離。TVアニメ『月がきれい』聖地巡礼~後編~

KYOTO CMEX オリジナル「間違い探し」第1弾『ビットサミット』(「BitSummit 7 Spirits」チケットプレゼント!)

【公式イベント】インディーゲームの祭典10周年となる「BitSummit X-Roads / ビットサミット クロスロード」京都みやこめっせで有観客にて開催決定!

【本日よりチケット販売開始!】大人気の「京まふ」抽選制ステージに応募し忘れて泣かないための全7ステップ

【コンテンツクロスメディアセミナー申込み開始!】豪華な講師が勢揃い!~第1回:亜樹直氏、第2回:堀井雄二氏、林克彦氏、第3回:石橋義正氏~

京都通になれる!?TVアニメ『京都寺町三条のホームズ』聖地巡礼 その3

『ギークハウス京都東福寺』の管理人を直撃 ギークハウスってどういう人が入居してるの?

京都市ボランティア・エキストラ登録制度のご案内

全て表示

カテゴリ一覧

種類別カテゴリ

ジャンル別カテゴリ

年別記事一覧

ページ上部へ戻る