京都発:マンガ・アニメ、映画・映像、ゲーム、クロスメディア、メタバースのポータルメディア

【京都ヒストリカ国際映画祭】 ディレクターズユニブ板倉様インタビュー後編。みんなが体験できる映画祭を作りたい。 交流が増え、コミュニティ映画祭にしたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Q この映画祭に関わるようになったきっかけを教えてください。

板倉 2008年に京都市内に『株式会社ディレクターズ・ユニブ』という会社を友人と設立しました。映画の仕事がしたいとは思っていましたが、当時は京都で映画の仕事というと、撮影所ぐらいしか考えられなかったので、会社では映像制作やウェブサイトのデザインなど、広告物の企画制作を行っていました。
ちょうどそこ頃に、前職の京都国際学生映画祭の事務局でお世話になっていた森脇さんから「京都で映画祭のプロジェクトを始めるから一緒にやらないか」と声をかけて下さいました。27歳だったと思います。その会議で高橋さんと出会い、映画祭の立ち上げから関わらせていただいきました。

 

Q これまでの映画祭で、歴史コンテンツはどういった形で展開されていたのでしょうか?

板倉 例として、第8回の映画祭で、忍者映画の特集を行いました(編注:2016年、「HISTORICA FOCUS 忍者映画100年進化論−忍者エボリューション−」)。かなり独特なプログラミングだったと思うのですが、結果的に時代劇の豊かさがとてもよく分かった企画でした。『豪傑児雷也』(編注:1921年、マキノ省三監督)から始まり、2000年代のハリウッド映画の『ミュータント・タートルズ』やアニメの『NARUTO』までの忍者映画の変遷を辿っていくというものでした。日本映画の中の忍者映画の流れから、海外に忍者が受け入れられハリウッドで制作された忍者映画、さらには子供たちを魅了し続けているアニメまで、少し乱暴な解釈はあるかもしれませんが、ヒストリカでしかできない忍者映画の特集だったと思います。

Q 「忍者」という題材を選択した理由と、そこから得られた事はなんでしたか?

板倉 忍者映画は、一般的には「時代劇」として捉えても問題ないと思うのですが、『ミュータント・タートルズ』までいくと、誰も時代劇と思って観ていないと思います。もちろん『NARUTO』もそうだと思います。「時代劇」が前面になくても、結果的に「時代劇」という設定を借りて物語を作ることによって、読み手がすんなりと没入出来ている作品はたくさんあると思います。それは映画だけでなく、ゲームやアニメなどにも多いと思います。『鬼滅の刃』も、あの時代背景だからこそ、あそこまで受け入れられたのではないかと思います。「忍者」という題材を通して、ジャンルや国籍を超えた映画の面白さに触れた今でもすごく印象深いプログラムです。

 

Q 参加者の方々の感想はどのようなものでしたか?

板倉 「初めてこういう視点で『NARUTO』を見た」という感想を頂いたんですが、これからもわかる通り、実はみんな『NARUTO』を忍者映画だと思って見てない事がわかります。改めてこういう流れで観て、「斬新」・「新鮮」っていう事を沢山言っていただけたのは、企画冥利に尽きるなと思っています。

 

Q それを踏まえた、今後の歴史コンテンツの展開の方法はどうお考えですか。

板倉 今もまだ、「時代劇」は「古い」というイメージが強い気はしてるんですけど、忍者映画の企画のようなプレゼンテーションをすることによって、僕らが普段観てるアニメも漫画も、時代劇とつながっているという感覚になると、もう少し僕らの映画祭を面白がってくれる人も増えるんじゃないかという思いがあります。僕自身も、この映画祭の運営を通して、プログラミングをしている高橋さんや森脇さんに「時代劇の面白さ」を日々、教えてもらっています。今後は、オンラインなども活用しながら、お客さんも巻き込んで、ディスカッションできる場などを広げていければと思っています。

 

 

Q 今後の展開や映画祭の展望などを教えていただきたいです。

板倉 個人的な考えですが、一つは映画、ゲーム、アニメ、漫画などの歴史コンテンツアワードという憲章制度を作ることで、この映画祭のコンセプトが打ち出しやすくなると思っています。例えば、去年であれば、漫画部門・アニメ部門は『鬼滅の刃』、ゲーム部門は「ゴースト・オブ・ツシマ」と憲章するだけで、ヒストリカのメッセージが伝わるのかなと思っています。もちろん、世界には僕らが知らないような時代劇・歴史コンテンツがあるので、それこそ日本だけでなく世界のコンテンツを対象に実施できると面白いと思っています。
他にも、タイムテーブルの都合上、最近はあまりシンポジウムなどができていません。様々なテーマで語り合える場として、サミットのようなことをしたいという思いがあります。これらもオンラインを活用することで、広がりのある形が作れそうな気がしています。

 

Q では、その目標に向けての動きなどはありますか?

板倉 数年前から始めている「HISTORICA XR」という事業があります。これはXR技術だけでなく、映像に関わる最新技術に関わるセミナーなどを映画祭の中で実施しているものです。昨年度であれば、新しい映像制作のワークフローとして話題になっているバーチャルプロダクションなど、ゲームエンジンである「Unreal Engine 4」を活用した映像制作に関わるセミナーを企画しました。ゲーム業界やアニメ業界、もちろん映画業界など、様々な方面から参加いただきました。映画上映だけをやっていたらヒストリカに来ることない方々などが、このようなセミナーを実施することで参加してくれます。それぞれの業界の接点となるようなセミナーを実施していき、交流・ネットワーキングというような新しい創作につながるきっかけをこの映画祭でできればと思っています。
また京都は大学や専門学校も多いので、もっと学生のみなさんが関わる企画も考えて行かなくてはいけないと思っております。ありがとうございました!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「KYOTO CMEX」ポータルサイトでは、マンガ・アニメ、映画・映像、ゲーム、クロスメディアの情報を発信する京都発のポータルメディアです。SNSをフォローして掲載情報をチェック!(情報募集

ピックアップ記事

平安貴族は〇〇を見せない?若者の服は〇色!?「光る君へ」マンガ「あさきゆめみし」が100倍面白くなる!京都文化博物館【紫式部と『源氏物語』】学芸員さんに話を聞いてきたパート2

500年以上前の「源氏物語(写し)」が【京都文化博物館】で見られる!!「光る君へ」マンガ「あさきゆめみし」が100倍面白くなる【紫式部と『源氏物語』】学芸員さんに話を聞いてきたパート1

映画プロデューサー:齋藤優一郎様が語る「アニメーション映画が切り拓いてきたこと、そしてこれからの未来」とは? 第2回コンテンツクロスメディアセミナー開催報告

【京まふ2023】 現地レポート『地下鉄に乗るっ』10周年スペシャルトーク&LIVE

【京まふ2023】“京まふおこしやす大使“伊東健人さん&高橋李依さんへの特別インタビュー!!

【京まふ2023】京都国際マンガミュージアムへ!

作曲家・桶狭間ありさ氏 京伴祭インタビュー(京まふ2023連携企画)

【京まふ2023】古都コス出演者に突撃インタビュー!

【京まふ2023】「カノジョも彼女 Season 2」京まふステージ開催!上映PVでは古賀葵演じるミリカの妹がボイス初解禁に

【京まふ2023】TVアニメ「有頂天家族」10周年スペシャルステージ開催!弁天役の能登麻美子が第3期を熱望

【京まふ2023】キャラクターたちがお酒に!?白糸酒造のグッズを見に行ってみた〜〜!!

【京まふ2023】いざ行かん!雪ミク スカイタウン!

「完全に原作再現」「公式直々なのがビビる」京まふ2023でのシャングリラ・フロンティア(シャンフロ)のあるツイートからの流れが最高すぎると話題に

【京まふ2023】京都伝統工芸大学校・京都美術工芸大学さんの作品に触れてみた

【京まふ2023】初出展の京都ハンナリーズ

全て表示

2024年度の人気記事

【マンガ・アニメ分野】「ブルーアーカイブ (ブルアカ)」地域周遊型イベント「ブルーアーカイブ ~げにうららか☆京都満喫春の旅!~」開催!(2024年4月16日より順次開催)

【クリエイター支援情報】「京都から日本を見る、世界を広げる」新たな繋がり・機会を生む場となるサロン『Desalon Kyoto』

【アニメ分野公式イベント】期間限定コラボ企画!TVアニメ「有頂天家族」×伝統産業「京友禅」のスマートフォン拭き販売中!(12月26日まで)

【京都国際マンガミュージアム】期間限定!人気テレビ番組「マンガ沼」放送を記念した川島明(麒麟)と山内健司(かまいたち)のオススメマンガ作品紹介コーナー設置中!!(3月17日~5月7日)

【京都コンテンツ関連情報】200万枚の桜吹雪が歴史ある時代劇セットの最後を飾る!東映太秦映画村にて「夜桜花吹雪」開催(4月7日 20:45~)

【クリエイター支援情報】2024年5月開催の「カンヌ国際映画祭併設マーケットMarche du Film」での新進映画プロデューサーおよびIP企画参加募集中!(応募〆切:4月15日正午12時まで)

【京都コンテンツ関連情報】数多くの桜が咲き誇る境内をめぐる!「醍醐の花見」で有名な世界文化遺産「醍醐寺」で特別法要・拝観が開催中!

【映画分野公式イベント】映画が800円で見れる!?新入生限定サービス「初めてのアップリンク」開催中!(開催期間:~4月30日)アップリンクってどんなとこ?取材記事も紹介!

【クロスメディア分野公式イベント】4月6日(土) コスプレイベント『COSJOY』が京都国際マンガミュージアムにて開催!!モダン・レトロな雰囲気でコスプレを楽しもう!

【アニメ・映画分野公式イベント】全国巡回ポップアップストア『名探偵コナンプラザ 2024』京都ロフトで開催中!(5月6日まで)

【京都国際マンガミュージアム】マンガの魅力や奥深さに迫る!?開館17年目にして初の公式ガイドブック刊行!

【京都コンテンツ関連情報】東映太秦映画村にて次世代小型モビリティ「&brella」の運転体験が出来るアトラクション開催!親善大使として女優/丸りおなさん来村!(4月18日~21日)

【クリエイター支援情報】歴史的建造物、近現代建築の空間に展開する写真コレクション!「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭」前売チケット発売中!(〆切4月12日)

【クリエイター支援情報】2024/5月開催の「プチョン国際ファンタスティック映画祭」でのプロデューサー養成プログラムおよび現地滞在レジデンスプログラム参加募集中!(応募〆切:4月30日まで) 

【京都国際マンガミュージアム】昔なつかしの紙芝居を今に伝える紙芝居パフォーマンス「えむえむ紙芝居」4月実演者スケジュール公開!

【映画分野公式イベント】学生が力を合わせて盛り上げる!第27回京都国際学生映画祭実行委員会 実行委員募集中!

【京都コンテンツ関連情報】「三國幽眠(みくにゆうみん)—勤王漢学者と京都」展関連講演会 「三國幽眠と興正寺・本寂上人について」参加者募集中!(5月25日)

【京都コンテンツ関連情報】東映太秦映画村にて鬼太郎誕生 ゲゲゲの謎 × 東映太秦映画村コラボ開催決定!(4月20日~6月30日)

【クロスメディア分野公式イベント】野外撮影OK!4月28日(日) コスプレイベント『COSJOY』が京都 舞鶴赤レンガパークにて開催!!

【京都コンテンツ関連情報】語られない歴史をつむぐ⁉東映太秦映画村にて映画没入型アトラクション「魎魔伝承~あやしやま神隠し~」開催!(4月27日~6月2日)

全て表示

人気記事ランキング

ついに鶴丸がやってくる!聖地・藤森神社での太刀「鶴丸」(写し)の奉納・展示がまもなくスタート!

10月6日までイベント開催中!【鬼滅の刃 京ノ御仕事】東映太秦映画村でのコラボをご紹介!

京都通になれる!?TVアニメ『京都寺町三条のホームズ』聖地巡礼

「孤独のグルメ」原作者:久住昌之氏、「FFシリーズ」生みの親:坂口博信氏が登壇するセミナー、京都で開催!【10/16・30、参加費無料】

寺町三条のホームズ原作者、望月麻衣先生独占インタビュー&聖地巡礼!

京都通になれる!?TVアニメ『京都寺町三条のホームズ』聖地巡礼 その2

アニメ『有頂天家族』の聖地としても有名な京都の下鴨神社でみたらし祭開催中【07/30まで!】

巡ってわかる、心の距離。TVアニメ『月がきれい』聖地巡礼~前編~

【映画・歴史好き必見】東映太秦映画村の魅力をどどんとご紹介!新選組隊士の殺陣や実写映画『銀魂』等様々なロケが行われているオープンセット、仮面ライダー立像の撮影も可能!

今年は真選組が主役!? 実写版ロケ地の映画村で銀魂イベント再び!京都ブルルン滞在記パートⅡの全貌が明らかに!!

有頂天家族「京巡りスタンプラリー」を一日で巡ってきた!

巡ってわかる、心の距離。TVアニメ『月がきれい』聖地巡礼~後編~

【申込開始!】KYOTO CMEX 2018 10周年記念事業:角川歴彦氏と荒俣宏氏による講演&対談を京都で開催!【9/14(金)・無料】

KYOTO CMEX オリジナル「間違い探し」第1弾『ビットサミット』(「BitSummit 7 Spirits」チケットプレゼント!)

京都通になれる!?TVアニメ『京都寺町三条のホームズ』聖地巡礼 その3

【公式イベント】インディーゲームの祭典10周年となる「BitSummit X-Roads / ビットサミット クロスロード」京都みやこめっせで有観客にて開催決定!

【本日よりチケット販売開始!】大人気の「京まふ」抽選制ステージに応募し忘れて泣かないための全7ステップ

『ギークハウス京都東福寺』の管理人を直撃 ギークハウスってどういう人が入居してるの?

京都市ボランティア・エキストラ登録制度のご案内

【コンテンツクロスメディアセミナー申込み開始!】豪華な講師が勢揃い!~第1回:亜樹直氏、第2回:堀井雄二氏、林克彦氏、第3回:石橋義正氏~

全て表示

カテゴリ一覧

種類別カテゴリ

ジャンル別カテゴリ

年別記事一覧

ページ上部へ戻る