京都発:マンガ・アニメ、映画・映像、ゲーム、クロスメディアのポータルメディア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、大盛況中の「鈴木敏夫とジブリ展」にお邪魔してきました!
この展覧会は、6月19日(日)まで京都文化博物館で開催中です。

元々愛知県で始まった「言葉の魔法展」がより多くの人々に届けられるようにとリニューアルされ、京都で「鈴木敏夫とジブリ展」として開催されることになったこの展覧会。
京都文化博物館さんの所蔵している貴重な資料の数々がより一層展覧会を盛り上げています。

順番に巡っていくことで鈴木さんの幼少期から影響を受けたものや出会った多くの人物、そして鈴木さん独自の「プロデューサー」という仕事への取り組み方を知ることができ、鈴木敏夫という人物がいかにして「今まで」を生きてきたのかそして「今」を生きているのかを知ることができます。

平日で1日3800人ほどが訪れている「鈴木敏夫とジブリ展」。そのみどころはどこなのか探ってきました!

 

みどころ①  鈴木プロデューサーに影響を与えた人々 

 展示を見ていく中で、数々の人との出会いが鈴木敏夫さんの人生に大きな影響を与えたということが分かりました。

  1. 尾形秀雄さん:尾形さんは「アサヒ芸能」から追い出されてしまった鈴木さんに救いの手を差し伸べた当時「月刊テレビランド」の編集長に就いていた方です。尾形さんと出会ったことで鈴木さんは雑誌「アニメージュ」での第一歩を踏み出すことになっていくのです。
  2. 高畑勲さん
  3. 宮崎駿さん:「アニメージュ」という雑誌を制作していく中で鈴木さんは二人の人物に注目していきました。その人物こそ高畑勲監督と宮崎駿監督です。なんと、「変わった人だな」というのが最初の印象だったとのことです。
  4. 徳間康快さん:鈴木さんが「徳間康快なしにいまのジブリはなかったと言っていい」とおっしゃるほどの方で、豪快さと企画を実現させる巧みな交渉力を持っていた方です。座右の名「志 雲より高く」を体現する人だったのでは無いでしょうか。
  5. 氏家齊一郎さん:鈴木さんと氏家さんは当初ピリピリとした関係性でした。「ジブリ美術館」の建設を機に仲を深めていったお二人。鈴木さんにとって氏家さんはとてもウマの合う年齢の離れた友達という印象でした。

今や日本一のプロデューサーと称される鈴木敏夫さんですが、これまでの多くの転機や人との出会いを通して、様々な考え方や価値観を得てそれが過去や現在の作品制作にも役立っているのだと改めて実感出来ました。

筆者自身、徳間康快さんの「志 雲より高く」という言葉が響き、日々力をもらっています。

みどころ②:  鈴木プロデューサーの仕事の極意 

次に、プロデューサーの仕事についてのコーナーを見てきました!

壁に展示されたプロデューサーとしてのこれまでの仕事の数々の中には、「え!こんなものまで!?」というものも。

展示の中にあった「プロデューサーの仕事は主に雑用だ」という言葉が特に印象的でした。
プロデューサーというと監督と肩を並べる花形のイメージがありますが、その裏には日々の雑用や地道な仕事の数々があったのですね。

そしてこちらが、壁一面を使った新聞広告の展示。
その迫力に圧倒されてしまいました…!

このような広告のキャッチコピーを考えるのも、鈴木プロデューサーのお仕事。
クリエイターと共に考え、制作に寄り添う姿勢を大切にしていたからこそ、鈴木プロデューサーはキャッチコピーまで自分で考えていたのです。

他にも興味深かったのがこちら。

 

これは、映画『かぐや姫の物語』の10の宣伝ポイントを実際に鈴木プロデューサーがまとめたものです。このポイントを見ると、宣伝ポイントが具体的な数字を使って示されています。

そしてこれは、映画制作の進捗をまとめた表です。

 

宣伝ポイントにも進捗表にも共通して言えることは、どちらも具体的で、目標や状況が「見える化」されているということです。

状況を「見える化」するテクニックは、プロデューサーの仕事としてだけではなく、スケジュール管理や目標を立てる場面などで普段から活用できそうですよね!
私もさっそく普段の生活に取り入れてみたいなと思いました!

後編は、今回の取材に同行したプロデューサー志望の大学生の皆さん、そして京都文化博物館で本特別展示をご担当された森脇清隆さんからのお話をフィーチャーします。

【展覧会詳細】
開催期間:2022年4月23日(土)〜 2022年6月19日(日)
     ※月曜休館
会場:京都文化博物館
   〒604-8183 京都市中京区三条高倉
開館時間:10:00〜18:00
(金曜日は19:30まで)
     ※入館は閉館の30分前まで

ホームページ: https://www.bunpaku.or.jp/exhi_special_post/suzuki_ghibli/

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

「KYOTO CMEX」ポータルサイトでは、マンガ・アニメ、映画・映像、ゲーム、クロスメディアの情報を発信する京都発のポータルメディアです。SNSをフォローして掲載情報をチェック!(情報募集

ピックアップ記事

【公式イベント】京都国際マンガミュージアムにて、オンライン展覧会「マンガ・パンデミックWeb展」で展示するためのマンガ作品を緊急募集!

【パートナーイベント】「第25回京都国際学生映画祭」作品募集!7/22まで!

【京都コンテンツ関連情報】オンライン上で京都の魅力を体験できるメタバース、「京都館PLUS X」が誕生!

【公式イベント】「indiePlay 2022 – China indie Game Awards」の応募受付を開始しました!(〆切:7/22)

【公式イベント】アニメ、マンガ、キャラクターなどを活用した、優れた企業コラボレーションや広告プロモーションを表彰するアワードイベント「アニものづくり アワード2022」エントリー開始!6/30まで!

【公式イベント】京都国際マンガミュージアムにて「TVアニメ『平家物語』高野文子と映画『犬王』松本大洋キャラクター原案展示」開催中!(6/27まで)

【公式イベント】西日本最大級のマンガ・アニメ・ゲームの祭典『京まふ2022』開催決定!9/17(土)・18(日)みやこめっせを中心に開催!出展ブース、ステージ、グッズ、コスプレなど盛りだくさん!

【公式イベント】インディーゲームの祭典10周年となる「BitSummit X-Roads / ビットサミット クロスロード」京都みやこめっせで有観客にて開催決定!

【京都ヒストリカ国際映画祭】 株式会社松竹撮影所・京都製作部 京都製作室長の井汲泰之様 インタビュー後編 時代劇の魅力を伝え続ける

【京都ヒストリカ国際映画祭】 京都文化博物館・学芸課映像情報室長の森脇清隆様インタビュー後編。 京都の映像文化を若者に受け継ぐ

全て表示

2021年度の人気記事

【公式イベント】インディーゲームの祭典10周年となる「BitSummit X-Roads / ビットサミット クロスロード」京都みやこめっせで有観客にて開催決定!

【公式イベント情報】「京都eスポーツサミット2022 Spring」開催!

【公式イベント】株式会社スクウェア・エニックス・ホールディングス理事:橋本真司さんによるKYOTO CMEX 2021「第1回コンテンツクロスメディアセミナー『ゲーム業界の今後の可能性~ファイナルファンタジーシリーズを通して~(仮題)』」(9/29(水)・定員100名・無料)参加者申込受付中!

「京まふ2021オープニングステージ」に潜入してきました!!

令和3年度「京都市中小企業等再起支援補助金」の募集についてのお知らせ

全て表示

人気記事ランキング

ついに鶴丸がやってくる!聖地・藤森神社での太刀「鶴丸」(写し)の奉納・展示がまもなくスタート!

10月6日までイベント開催中!【鬼滅の刃 京ノ御仕事】東映太秦映画村でのコラボをご紹介!

京都通になれる!?TVアニメ『京都寺町三条のホームズ』聖地巡礼

「孤独のグルメ」原作者:久住昌之氏、「FFシリーズ」生みの親:坂口博信氏が登壇するセミナー、京都で開催!【10/16・30、参加費無料】

寺町三条のホームズ原作者、望月麻衣先生独占インタビュー&聖地巡礼!

全て表示

カテゴリ一覧

種類別カテゴリ

ジャンル別カテゴリ

年別記事一覧

ページ上部へ戻る