京都発:マンガ・アニメ、映画・映像、ゲーム、クロスメディアのポータルメディア

【初めてでも大丈夫?面白い?】日本最大級のインディーゲーム祭典「ビットサミット」の7つの楽しみ方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年5月20日(土)・21日(日)に京都市勧業館「みやこめっせ」で開催される、日本最大級のインディーゲーム祭典「A 5th of BitSummit(フィフス オブ ビットサミット)」。昨年は2日間で6,435名が参加(生放送は約45万名が視聴)した本イベント、第5回目となる今年は会場規模を1.5倍に拡大し、97組の開発者の出展で開催されます。Twitterでは開催を心待ちにしている方の声も…!

興味はあるけど…初めてでも大丈夫?

「インディーゲームのイベント」と聞くと「マニアックで入りにくいんじゃないか…?」「ファミコン世代はお呼びでないんじゃないか…?」「あやしくないか?」と、少し不安に思われる方もおられるかもしれませんが、大丈夫です。

主催のBitSummit実行委員会を構成しているのは、一般社団法人日本インディペンデント・ゲーム協会(JIGA)、株式会社ワン・トゥー・テン・ホールディングス、株式会社インピタス、京都コンピュータ学院、京都府の皆様。ゲーム関連企業だけでなく、学校、行政が主催に参画していることからもうかがえますが、ゲーム愛好家の方やクリエイターの方はもちろん、学生の方や一般の方・海外の方など、多方面の方々を大歓迎しています。

いざビットサミット! 7つの楽しみ方

実際にビットサミットの会場に入ってみると、その独特の熱気・雰囲気だけでもワクワクしてくるものがあると思うのですが、「ビットサミットって面白いの?具体的に何があるの?」という疑問が解消されない限り、会場へ足をお運びいただく気持ちにはなりにくいと思います。この記事では、筆者が思うビットサミットの7つの楽しみ方をまとめました。

◆楽しみ方1. ゲームを試遊する(特にVRは必見!)

まずは、何と言ってもゲームの試遊です。子どもの頃、ショッピングセンターに行けばゲームコーナーの試遊機にまっしぐらに走っていった経験のある方でしたらおわかりいただけるかもしれませんが、ゲームの試遊は面白いです。ビットサミットのブースの多くでは、ディスプレイやコントローラーが準備されており、ゲームをプレイしてくれる参加者を待っています。一人向けのものもあれば、対戦型のゲームもあり、ご友人やファミリーでの参加でもお楽しみいただけると思います。(出展者一覧は公式サイトへ

そして、試遊機の中でも一際注目を浴びているのは、VR(バーチャル・リアリティ)ゲームです。会場の至るところで、ヘッドマウントディスプレイを頭部に装着して、楽しそうに周囲をキョロキョロしている参加者の方が見受けられます。試遊機の中には、特別な装置の上で全身を使って楽しむものもあり、テーマパークのアトラクションのような体験も楽しめるかもしれません。

(昨年までのVRの様子)

◆楽しみ方2. ステージ発表を聞く

会場に設置されている大きなステージでは、1時間に1~2の発表が行われています。ゲームクリエイターの方の講演や対談や、ゲームのトーナメントやゲーム音楽の演奏など、ステージを囲んで盛り上がるひとときもとても面白いです。講演者の方との距離が近く、双方向のコミュニケーションが可能な規模なところも、一体感が生まれる要因なのかもしれません。

(昨年までのステージの様子)

◆楽しみ方3. クリエイターやゲストと交流する

ビットサミットの素晴らしいのは、開発者の方との距離の近さです。なかなかお会いできない著名な方や「中の人」とお話するハードルも、驚くほど低いことがあります。

◆楽しみ方4. 物販を購入する

ショッピングは良いものです。出展ブースの中には、ゲーム自体はもちろん、ゲームに関連するグッズ、書籍、サウンドトラックの販売を行っているブースもあります。開発者の方のサイン入りグッズをゲットするチャンスです。

(昨年までの物販関連の声)

◆楽しみ方5. プレゼント・景品を狙う

有料の物販だけでなく、プレゼントや景品も見逃せません。先着で配布されるノベルティグッズは、缶バッジやうちわ、トートバッグなどさまざま。今年は「Nintendo Switch」がプレゼントされるゲームトーナメントも!

◆楽しみ方6. ニコニコ生放送を視聴する

「予定があって、行きたくても行けない!」そんな方には、ニコニコ生放送の配信がおすすめです。ステージイベントを中心に、会場の様子を遠隔でもお楽しみいただけると思います。詳細は『A 5th of BitSummit』インディーゲームの祭典を生中継!! ~1日目~へ!

◆楽しみ方7. ついでに京都観光をする

京都のイベントの良いところは、その立地。イベントの前後に、ついでに京都観光までできてしまうところはお得な気分になります。気候もよく新緑の美しい京都へ、ぜひお越しください。

入場券は前売でも当日でもOK!

以上、日本最大級のインディーゲーム祭典「ビットサミット」の7つの楽しみ方をお送りしました。ビットサミットへの入場にはチケットが必要で、前売券と当日券がございます。いずれも一般2,000円、中高生1,000円、小学生以下は無料で、2日間有効です。前売券はPeatixのサイトより購入可能です。小学生以下が無料なので、ご家族連れの方もぜひご参加ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

Kent Miyajima

Kent Miyajima株式会社メディアインパクト

投稿者プロフィール

株式会社メディアインパクト代表取締役。「KYOTO CMEX」広報担当。

この著者の最新の記事

「KYOTO CMEX」ポータルサイトでは、マンガ・アニメ、映画・映像、ゲーム、クロスメディアの情報を発信する京都発のポータルメディアです。SNSをフォローして掲載情報をチェック!(情報募集

関連記事

ピックアップ記事

2018年度の人気記事

【申込開始!】KYOTO CMEX 2018 10周年記念事業:角川歴彦氏と荒俣宏氏による講演&対談を京都で開催!【9/14(火)・無料】

今年は真選組が主役!? 実写版ロケ地の映画村で銀魂イベント再び!京都ブルルン滞在記パートⅡの全貌が明らかに!!

寺町三条のホームズ原作者、望月麻衣先生独占インタビュー&聖地巡礼!

【15日間連続プレゼントTwitterキャンペーン】フォロー&リツイートで抽選で1組2名様(合計:15組30名様)に『クッパが主役!?』スーパーマリオ 国内初のフルオーケストラコンサートのチケットが当たる!

【有頂天家族】さらに長く愛される作品へ!「京都有頂天祭 糺の森感謝の集い」イベントリポート

全て表示

2017年度以前の人気記事

ついに鶴丸がやってくる!聖地・藤森神社での太刀「鶴丸」(写し)の奉納・展示がまもなくスタート!

「孤独のグルメ」原作者:久住昌之氏、「FFシリーズ」生みの親:坂口博信氏が登壇するセミナー、京都で開催!【10/16・30、参加費無料】

有頂天家族「京巡りスタンプラリー」を一日で巡ってきた!

【本日よりチケット販売開始!】大人気の「京まふ」抽選制ステージに応募し忘れて泣かないための全7ステップ

【コンテンツクロスメディアセミナー申込み開始!】豪華な講師が勢揃い!~第1回:亜樹直氏、第2回:堀井雄二氏、林克彦氏、第3回:石橋義正氏~

全て表示

カテゴリ一覧

種類別カテゴリ

ジャンル別カテゴリ

ページ上部へ戻る