京都発:マンガ・アニメ、映画・映像、ゲーム、クロスメディアのポータルメディア

【第4回】「A 5th Of BitSummit」に出展した外国人開発者達に直撃インタビュー 『Asura / アシュラ』のOgre Head Studioに聞いてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回のインタビューは、「A 5th Of BitSummit(以下、ビットサミット)」に『Asura / アシュラ』を出展したOgre Head Studio(以下OHS)のZainuddin Fahad(以下Zain)氏へのインタビューです。

『Asura / アシュラ』は、インド神話がベースのファンタジー世界が舞台となる見下ろし型のハックアンドスラッシュゲームです。独特なスキルツリー自動生成システム及びローグライク要素が特徴で、プレイするごとに毎回ゲームプレイが変化します。日本語サポートはされていませんが、すでにSteamにて販売中のタイトルとなります。価格は980円。

今回のビットサミットでは、”海外からの作品の中で優秀な作品に贈られる賞”であるINTERNATIONAL AWARD(インターナショナル・アワード、以下IA)を受賞しました。

『Asura / アシュラ』のIA受賞について審査員のケリー・ウォーリック氏は、「欧米の古典的なハックアンドスラッシュがたのRPGメカニズムをそのままに、インドの文化的世界観を見事に融合させる事で、オリジナルかつコアゲーマーも納得のゲームを作り上げた。カジュアルゲーム主流のインドにあって、ここまで作り込めたのは評価に値する。ある意味インディーの理想の姿と言える、ゲームのクオリティは当然の事ながら、インディークリエータとしてしっかりと活動をしている。2人と小規模でありながら、クオリティの高いゲームを作りつつ、積極的にコミュ二ティーにも関わりしっかりと自分たちの居場所と仲間を確立し、自らチャンスを広げていった。彼らの様な、チームがこれから増えてくれると嬉しい」とコメントしています。

―簡単に自己紹介をしていただけますか?

Zain:Zainuddin Fahadです。OHSの共同創業者、アーティスト、デザイナー、そしてビジネス面を担当しています。OHSは、インドのハイデラバードを拠点とする2名で運営しているインディーズゲームの会社です。創業前は2人共、インドのゲーム産業で働いていました。国内のゲーム市場がカジュアルゲームやクリケット、ボリウッド映画のライセンスを受けたゲームばかりと新鮮味がなくなってきたので、この流れを変えようとOHSを立ち上げました。

―ビットサミットについてはどのようにして知ったのでしょうか?

Zain:インディーズのゲームシーンではビットサミットは超有名なイベントです。それに日本のゲーム関連イベントでは最も大きい規模のイベントの一つですよね。

―ビットサミットに出展された理由を教えていただけますか?

Zain:日本のゲームプレイヤー達がどのように『Asura / アシュラ』を楽しんでくれるかどうか反応を確かめたくてビットサミットに参加しました。現在、日本のプレイヤー向けにゲーム内で何か特別なことをしようと計画しています。具体的にそれが何かはまだ明かせませんが、可能な限り最高なものにしようと努力しているところです。今回はIndie MEGABOOTHのサポートがあっての参加でした。旅費や宿泊費は自腹でしたが、ビットサミットに参加するための投資は回収出来たと思っています。ビジネス面でも開発面でもかなりの数の問合せがあったので。

OHSのブログで公開された写真を拝見すると、日本のゲームプレイヤーが『Asura / アシュラ』を楽しんでいる様子が伺えます。プレイヤーとは直接コミュニケーションしましたか?

Zain:どこのイベントに出展しようとOHSのブースに来てくれる人とは常に交流します。日本のイベントも例外ではありません。かなり大勢の人達がブースに立ち寄ってゲームを遊んでくれました。ビットサミットに来ていたのはゲーマーが多かったようで、最高でも3回プレイすれば『Asura / アシュラ』のファーストステージをクリアしていたのには驚かされました。30分以上楽しんでくれた人もいましたね。言葉の壁はありましたが、ボランティアで助けてくれる人が会場にいたので助けてもらいました。たくさんの素晴らしい意見を聞かせてもらうことが出来ました。

―IAを受賞されましたが、賞品や賞金はあったのでしょうか?

Zain:ええ、素晴らしいトロフィーを頂きました。正直、こういった授賞式があるとは知りませんでした。IAの受賞を知らされた時は嬉しくてたまりませんでした。他の多くの素晴らしいゲームが候補にあがる中、『Asura / アシュラ』がノミネートされたことですら名誉だと思っていましたから。IAの受賞は素晴らしい出来事でした。

―ビットサミット開催前後に京都観光などはされましたか?

Zain:ビットサミットが始まる1日前に日本に着いて、閉幕した翌日にはインドへと戻りました。残念ながら、観光する時間的余裕がなく、日本滞在中はほぼ全ての時間を会場のブースで過ごしました。ただ、ホテルから会場へと向かう道のりで京都の街を観察したのですが。非常に最適化され素晴らしい都市設計がされている街だと感じました。街の周囲には山々があり、自然と文化が見事なまでに都市と融合しているという事実がたまりませんでした。非常に興味深い街でした。

―今回の京都滞在で一番エキサイティングだった瞬間は?

Zain:IAを受賞した時です。まさに最高の瞬間でした!

―ビットサミットには来年も参加する予定でしょうか?

Zain:来年もまた京都に戻ってきたいですね。

―ありがとうございました。

スクリーンショット

Ogre Head Studio 公式サイト
http://ogrehead.com/

『Asura / アシュラ』Steam
http://store.steampowered.com/app/524640/Asura/

画像提供:Ogre Head Studio
Copyrights Ogre Head Studio

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

「KYOTO CMEX」ポータルサイトでは、マンガ・アニメ、映画・映像、ゲーム、クロスメディアの情報を発信する京都発のポータルメディアです。SNSをフォローして掲載情報をチェック!(情報募集

関連記事

ピックアップ記事

【旅まふ】声優の“声”と修学旅行に行ってきた!

株式会社スクウェア・エニックス・ホールディングス理事:橋本真司様が語る「ゲーム業界の今後の可能性」。第1回コンテンツクロスメディアセミナー開催報告

まるでハイキューの世界!映画村とのコラボ特設会場に行ってきました!後編

まるでハイキューの世界!映画村とのコラボ特設会場に行ってきました!前編

「京都国際マンガ・アニメ大賞 2021」授賞式が開催されました!

【公式イベント】「第13回京都ヒストリカ国際映画祭」2022/1/22〜2022/1/30に開催決定!

【公式イベント】「京都フィルムメーカーズラボ」開催日程変更のお知らせ

【京まふ関連情報】叡山電鉄×「甘神さんちの縁結び」とのコラボレーション企画を実施!

[京まふ2021]リアル世界でアニメ世界を実感しよう!

[京まふ2021]話題作のフィギュアを紹介!

[京まふ2021]魅力的!フィギュアとパネルの紹介!

[京まふ2021]人気タイトルのお得なグッズがたくさん!

[京まふ2021]圧倒的な存在感!ゴジラのジオラマが出張展示

[京まふ2021]『スター・ウォーズ:ビジョンズ』日本のアニメスタジオが描くスターウォーズの世界が!

[京まふ2021]「新テニスの王子様」グッズ購入者特典キャンペーン!!!

全て表示

2021年度の人気記事

「京まふ2021オープニングステージ」に潜入してきました!!

【公式イベント】株式会社スクウェア・エニックス・ホールディングス理事:橋本真司さんによるKYOTO CMEX 2021「第1回コンテンツクロスメディアセミナー『ゲーム業界の今後の可能性~ファイナルファンタジーシリーズを通して~(仮題)』」(9/29(水)・定員100名・無料)参加者申込受付中!

令和3年度「京都市中小企業等再起支援補助金」の募集についてのお知らせ

【京都コンテンツ関連情報】京都駅ビルにて「コスプレイベント『acosta!@京都駅ビル』」が12/4に開催!

【京都コンテンツ関連情報】アート・デザイン・マンガ分野を横断、表具師の仕事展特別企画展「Space Mounting|スペース・マウンティング」開催!(8月29日まで!)

全て表示

人気記事ランキング

ついに鶴丸がやってくる!聖地・藤森神社での太刀「鶴丸」(写し)の奉納・展示がまもなくスタート!

10月6日までイベント開催中!【鬼滅の刃 京ノ御仕事】東映太秦映画村でのコラボをご紹介!

京都通になれる!?TVアニメ『京都寺町三条のホームズ』聖地巡礼

「孤独のグルメ」原作者:久住昌之氏、「FFシリーズ」生みの親:坂口博信氏が登壇するセミナー、京都で開催!【10/16・30、参加費無料】

寺町三条のホームズ原作者、望月麻衣先生独占インタビュー&聖地巡礼!

全て表示

カテゴリ一覧

種類別カテゴリ

ジャンル別カテゴリ

ページ上部へ戻る