京都発:マンガ・アニメ、映画・映像、ゲーム、クロスメディアのポータルメディア

【第5回】「A 5th Of BitSummit」に出展した外国人開発者達に直撃インタビュー『Brave Earth: Prologue(ブレイブ・アース・プロローグ)』のKayinworksに聞いてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回のインタビューは、「A 5th Of BitSummit(以下、ビットサミット)」に『Brave Earth: Prologue(ブレイブ・アース・プロローグ)』を出展したKayinworksのMichael “Kayin” O’Reilly(以下マイケル)氏へのインタビューです。

―自己紹介からお願いできますか?

マイケル:マイケル・”カイン”・オライリー、33才、ゲーム開発者です。『I Wanna be the Guy(アイ ワナ ビー ザ ガイ、通称アイワナ)』を作ったことで知られているかと思います。現在はニューヨークで新作の『Brave Earth: Prologue(ブレイブ・アース・プロローグ)』を完成させるため鋭意開発中です。

―どういった経緯でビットサミットに出展しようということになったのでしょうか?

マイケル:『Brave Earth: Prologue(ブレイブ・アース・プロローグ)』の日本向けリリースを担当しているDANGEN Entertainmentから日本に来て欲しいと言われたので来ることにしました。自分1人では日本に行こうなどという恐れ多い考えにはならなかったと思います。

―『悪魔城ドラキュラ』へのリスペクトを感じる『Brave Earth: Prologue(ブレイブ・アース・プロローグ)』を展示されましたが、日本のプレイヤーの反応はいかがでしたか?

マイケル:とても良かったですよ。試遊待ちの人が常に並んでましたし。私のゲームは限られた層にしかウケないだろうと思っていました。でも、そうした層のプレイヤー達は夢中になって遊んでくれました。プレイヤーが自分のゲームにハマっているのを自分の目で見れたことは素晴らしい経験でした。

―言葉の壁があったと思いますが、ブースに立ち寄った日本人プレイヤーたちとコミュニケーション出来ましたか?

マイケル:常に通訳がいたので問題ありませんでした。ほとんどの日本人プレイヤーは、私の英語での説明を理解出来る程度の英語力はあったように思えます。なんとかして意思の疎通を図ろうとしたのはそれはそれで楽しかったですね。何かを楽しむという行為そのものには言葉は不要なので、『Brave Earth: Prologue(ブレイブ・アース・プロローグ)』を楽しんでくれているプレイヤーの姿を見て私が何かを感じるということに通訳は不要でした。

―ビットサミットにはビジネス面での収穫はありましたか?

マイケル:特にありませんでした。そもそもそこがビットサミットに参加した目的ではありませんでした。ビジネス面での私のニーズは大体満たされていますから。しかし、メディアへの露出という面では素晴らしい成果があったと思います。メディアに取り上げてもらうことは重要ですからね。

―今回のビットサミットにおける最大の収穫は何だったのでしょうか?

マイケル:メディアの注目度でしょう。あと、五十嵐さん(『悪魔城ドラキュラ』の元プロデューサーで通称”IGA”こと五十嵐孝司氏のこと)が『Brave Earth: Prologue(ブレイブ・アース・プロローグ)』をプレイするのをこの目で見れるなんて信じられませんでした。『Brave Earth: Prologue(ブレイブ・アース・プロローグ)』を日本語にローカライズしてくれている人達と実際に会うことが出来たこともそうですね。ビットサミットに参加していなければ会うこともなかったでしょうから。

Brave Earth: Prologue

―京都の街を見て回ったりする時間はありましたか?

マイケル:京都に来る前に計画していたことで実際に実現出来たのはほんの一部でした。京都の『a-cho』というゲームセンターに遊びにいきたかったのですが、自分が予想していたほどの時間的余裕がなかったのでいけませんでした。残念です。それでも京都市内の寺院やお城を散策したりはしました。京都の名所全てを見ることは出来ませんでしたが、京都という街は文化と共生している都市だと感じました。

―今回のビットサミットで一番エキサイティングだった瞬間は?

マイケル:それはもうなんといっても五十嵐さんが『Brave Earth: Prologue(ブレイブ・アース・プロローグ)』をプレイしてくれたことです。

Brave Earth: Prologue

―来年のビットサミット2018にも参加予定でしょうか?

マイケル:来年はどうでしょうね。まだわかりません。披露できる新ネタがあればそれを理由に参加するかもしれません。いずれにせよ、今回のビットサミットが私にとっての最後のビットサミットとはならないでしょうね。

―ありがとうございました。

画像提供:Kayinworks
© Kayinworks
© DANGEN Entertainment 2016~2017

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

「KYOTO CMEX」ポータルサイトでは、マンガ・アニメ、映画・映像、ゲーム、クロスメディアの情報を発信する京都発のポータルメディアです。SNSをフォローして掲載情報をチェック!(情報募集

関連記事

ピックアップ記事

【公式イベント】京都国際マンガミュージアムにて、オンライン展覧会「マンガ・パンデミックWeb展」で展示するためのマンガ作品を緊急募集!

【パートナーイベント】「第25回京都国際学生映画祭」作品募集!7/22まで!

【京都コンテンツ関連情報】オンライン上で京都の魅力を体験できるメタバース、「京都館PLUS X」が誕生!

【公式イベント】「indiePlay 2022 – China indie Game Awards」の応募受付を開始しました!(〆切:7/22)

【公式イベント】アニメ、マンガ、キャラクターなどを活用した、優れた企業コラボレーションや広告プロモーションを表彰するアワードイベント「アニものづくり アワード2022」エントリー開始!6/30まで!

【公式イベント】京都国際マンガミュージアムにて「TVアニメ『平家物語』高野文子と映画『犬王』松本大洋キャラクター原案展示」開催中!(6/27まで)

【公式イベント】西日本最大級のマンガ・アニメ・ゲームの祭典『京まふ2022』開催決定!9/17(土)・18(日)みやこめっせを中心に開催!出展ブース、ステージ、グッズ、コスプレなど盛りだくさん!

【公式イベント】インディーゲームの祭典10周年となる「BitSummit X-Roads / ビットサミット クロスロード」京都みやこめっせで有観客にて開催決定!

【京都ヒストリカ国際映画祭】 株式会社松竹撮影所・京都製作部 京都製作室長の井汲泰之様 インタビュー後編 時代劇の魅力を伝え続ける

【京都ヒストリカ国際映画祭】 京都文化博物館・学芸課映像情報室長の森脇清隆様インタビュー後編。 京都の映像文化を若者に受け継ぐ

全て表示

2021年度の人気記事

【公式イベント】インディーゲームの祭典10周年となる「BitSummit X-Roads / ビットサミット クロスロード」京都みやこめっせで有観客にて開催決定!

【公式イベント情報】「京都eスポーツサミット2022 Spring」開催!

【公式イベント】株式会社スクウェア・エニックス・ホールディングス理事:橋本真司さんによるKYOTO CMEX 2021「第1回コンテンツクロスメディアセミナー『ゲーム業界の今後の可能性~ファイナルファンタジーシリーズを通して~(仮題)』」(9/29(水)・定員100名・無料)参加者申込受付中!

「京まふ2021オープニングステージ」に潜入してきました!!

令和3年度「京都市中小企業等再起支援補助金」の募集についてのお知らせ

全て表示

人気記事ランキング

ついに鶴丸がやってくる!聖地・藤森神社での太刀「鶴丸」(写し)の奉納・展示がまもなくスタート!

10月6日までイベント開催中!【鬼滅の刃 京ノ御仕事】東映太秦映画村でのコラボをご紹介!

京都通になれる!?TVアニメ『京都寺町三条のホームズ』聖地巡礼

「孤独のグルメ」原作者:久住昌之氏、「FFシリーズ」生みの親:坂口博信氏が登壇するセミナー、京都で開催!【10/16・30、参加費無料】

寺町三条のホームズ原作者、望月麻衣先生独占インタビュー&聖地巡礼!

全て表示

カテゴリ一覧

種類別カテゴリ

ジャンル別カテゴリ

年別記事一覧

ページ上部へ戻る