京都発:マンガ・アニメ、映画・映像、ゲーム、クロスメディア、メタバースのポータルメディア

【第6回】「A 5th Of BitSummit」に出展した外国人開発者達に直撃インタビュー『Pawarumi(パワルミ)』のManufacture 43に聞いてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回のインタビューは、「A 5th Of BitSummit(以下、ビットサミット)」にシューティングゲーム『Pawarumi(パワルミ)』を出展したManufacture 43のDaniel Borges(ダニエル・ボルヘス、以下ダニエル)氏へのインタビューです。

『Pawarumi(パワルミ)』公式サイト

―まずは自己紹介をしていただけますか?

ダニエル:ダニエル・ボルヘス、フランス人ゲームプログラマーです。パートナーのAlexandre Lutz(アレクサンドル・ルッツ)、Charles Vernier(シャルル・ヴェルニエ、以下シャルル)とインディーズゲームの開発をしています。ゲームデザイン、レベルデザイン、特殊効果、広報などいろいろ担当しています。

Pawarumi

―なぜビットサミットに出展しようということになったのでしょうか?

ダニエル:私達が1年以上かけて開発している『Pawarumi(パワルミ)』はシューティングゲームです。シューティングゲームは日本発祥のゲームジャンルです。『Pawarumi(パワルミ)』は日本の様々なシューティングゲームの影響を受けています。だからこそ、日本へ行って日本のプレイヤーに『Pawarumi(パワルミ)』を見てもらう必要性があると考えました。それに、これまで何度かビットサミットのことを「いいイベントだ」と聞いていたこともあります。また個人的な話ですが、2010~11年にかけて5ヵ月間京都の日本語学校に通っていたこともあるので、京都に戻るいい機会だと思い参加することにしました。

―『Pawarumi(パワルミ)』を展示されましたが、日本人プレイヤーたちの反応はいかがでしたか?

ダニエル:日本のゲームプレイヤーの反応は非常に良いものでした。『Pawarumi(パワルミ)』のようなスタイルのシューティングゲームが海外で開発されたということに驚いているようでした。有名なシューティングゲームクリエイター(『Gダライアス』など)で有限会社グレフ代表取締役社長の丸山さんや、メタルスラッグ元開発者の浜田さんといった予期せぬゲストの方々にも、『Pawarumi(パワルミ)』のゲームデザインを気に入っていただけました。浜田さんは「このゲームが完璧になるには爆発のバリエーションがもっと必要なだけ」とアドバイスいただきました。彼は「メタルスラッグでは一般兵がやられる時でも12パターンのアニメーションがあった」という裏話もしてくれました。

―『Pawarumi(パワルミ)』を試遊した日本人プレイヤーたちと上手くコミュニケーション出来ましたか?

ダニエル:日本語の勉強をしていたと冒頭でも言いましたが、日本語力が錆びついてはいたものの、なんとか日本語を話すことは出来ました。ただ、相手が何を言っているのかを理解するのは大変でしたけど(笑)。ビットサミット開幕前の週末にはゲーム内テキストの日本語訳もしました。笑いをとれるような日本語訳にはならなかったようですが、日本人プレイヤーが『Pawarumi(パワルミ)』をプレイするのに困らない程度の日本語訳にはなったと思います。ビットサミットの会場には至る所に通訳がいたので困った時はすぐ助けてもらえました。

―将来的なビジネスにつながる商談などはありましたか?

ダニエル:ええ。一般の参加者も多いビットサミットですが、あちこちで商談が行われていたのには驚きました。アジア市場に進出しようとすると、言葉の壁が常に大きな問題となってきますが、ローカライズを含めたいろんな面で日本やアジアにおけるパートナーとなってくれそうな方々との商談があって、現在も協議中です。

―今回のビットサミットでは何が一番の収穫だったとお考えですか?

ダニエル:ビジネス面以外では、ようやく日本のメディアに取り上げてもらえたことですね。

―ビットサミット開催中の2日間で他に何か面白かったことはありましたか?

ダニエル:他の展示作品をプレイする時間はあまりありませんでしたが、韓国や台湾の開発者と交流出来たのは楽しかったです。インディーズの開発者たちは資金的な余裕がないので、アジアの開発者たちとヨーロッパのイベントで会う機会はそれほどありませんから。

―京都観光が出来るだけの時間的余裕などはありましたか?

ダニエル:非常に残念ですが、ビットサミット開催中のみの京都滞在となってしまいました。私は以前京都の日本語学校で学んだ経験があるので、京都の思い出がいろいろ蘇ってくるだけでしたが、今回一緒に来日したシャルルにとっては初めての訪日体験でした。彼はもっと京都に滞在していたかったようですが、限られた時間の中でも十分楽しんでいたようです。食べ物、京都ならではの都会の中に潜む静寂、日本人の親切さなどに感激していましたよ。

―今回のビットサミットで一番印象に残った出来事は?

ダニエル:開発者たちが集うパーティーも楽しかったですし、前述の浜田さんが『Pawarumi(パワルミ)』に興奮してくれたこともそうですね。

―来年もまたビットサミットに戻ってきますか?

ダニエル:『Pawarumi(パワルミ)』が成功するか、新作が展示可能な状態まで仕上がれば是非戻ってきたいと思います。その時は京都を観光できるだけの時間的余裕をもって来日したいですね。

―ありがとうございました。

画像提供:Manufacture 43
Copyright © 2016-2017 Manufacture 43

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

「KYOTO CMEX」ポータルサイトでは、マンガ・アニメ、映画・映像、ゲーム、クロスメディアの情報を発信する京都発のポータルメディアです。SNSをフォローして掲載情報をチェック!(情報募集

関連記事

ピックアップ記事

【公式イベント】京まふ2024最新情報!!声優の岡本信彦さん、山根綺さんがおこしやす大使に就任決定!

【ゲーム分野公式イベント】国内最大級のインディーゲームイベント「BitSummit Drift」開催情報解禁!「わいわい」や「夏絵ココ」などの人気インフルエンサー参加決定!

【KYOTO CMEX独自取材】映画「鬼太郎誕生 ゲゲゲの謎」に没入!!東映太秦映画村のコラボイベント【後編】

水木の布団で寝れる!?【KYOTO CMEX独自取材】映画「鬼太郎誕生 ゲゲゲの謎」東映太秦映画村のコラボイベント【前編】

【公式イベント・クリエイター支援情報】2024年度第16回京都映画企画市の企画募集が開始!【〆7/16(火)】

平安貴族は〇〇を見せない?若者の服は〇色!?「光る君へ」マンガ「あさきゆめみし」が100倍面白くなる!京都文化博物館【紫式部と『源氏物語』】学芸員さんに話を聞いてきたパート2

500年以上前の「源氏物語(写し)」が【京都文化博物館】で見られる!!「光る君へ」マンガ「あさきゆめみし」が100倍面白くなる【紫式部と『源氏物語』】学芸員さんに話を聞いてきたパート1

映画プロデューサー:齋藤優一郎様が語る「アニメーション映画が切り拓いてきたこと、そしてこれからの未来」とは? 第2回コンテンツクロスメディアセミナー開催報告

【京まふ2023】 現地レポート『地下鉄に乗るっ』10周年スペシャルトーク&LIVE

【京まふ2023】“京まふおこしやす大使“伊東健人さん&高橋李依さんへの特別インタビュー!!

【京まふ2023】京都国際マンガミュージアムへ!

作曲家・桶狭間ありさ氏 京伴祭インタビュー(京まふ2023連携企画)

【京まふ2023】古都コス出演者に突撃インタビュー!

【京まふ2023】「カノジョも彼女 Season 2」京まふステージ開催!上映PVでは古賀葵演じるミリカの妹がボイス初解禁に

【京まふ2023】TVアニメ「有頂天家族」10周年スペシャルステージ開催!弁天役の能登麻美子が第3期を熱望

全て表示

2024年度の人気記事

【公式イベント】西日本最大級のマンガ・アニメ・ゲームの祭典『京まふ2024』開催決定!9/21(土)・22(日)みやこめっせを中心に開催!メインビジュアルや出展者申込情報公開中!

【マンガ・アニメ分野】「ブルーアーカイブ (ブルアカ)」地域周遊型イベント「ブルーアーカイブ ~げにうららか☆京都満喫春の旅!~」開催!(2024年4月16日より順次開催)

【KYOTO CMEX独自取材】映画「鬼太郎誕生 ゲゲゲの謎」に没入!!東映太秦映画村のコラボイベント【後編】

水木の布団で寝れる!?【KYOTO CMEX独自取材】映画「鬼太郎誕生 ゲゲゲの謎」東映太秦映画村のコラボイベント【前編】

【クリエイター支援情報】「京都から日本を見る、世界を広げる」新たな繋がり・機会を生む場となるサロン『Desalon Kyoto』

【アニメ分野公式イベント】期間限定コラボ企画!TVアニメ「有頂天家族」×伝統産業「京友禅」のスマートフォン拭き販売中!(12月26日まで)

【アニメ・映画分野公式イベント】全国巡回ポップアップストア『名探偵コナンプラザ 2024』京都ロフトで開催中!(5月6日まで)

【京都国際マンガミュージアム】期間限定!人気テレビ番組「マンガ沼」放送を記念した川島明(麒麟)と山内健司(かまいたち)のオススメマンガ作品紹介コーナー設置中!!(3月17日~5月7日)

【ゲーム分野公式イベント】あの人気ゲーム「原神」のポップアップストア開催!京都ロフトにて販売中!

【京都コンテンツ関連情報】200万枚の桜吹雪が歴史ある時代劇セットの最後を飾る!東映太秦映画村にて「夜桜花吹雪」開催(4月7日 20:45~)

【クロスメディア分野公式イベント】4月6日(土) コスプレイベント『COSJOY』が京都国際マンガミュージアムにて開催!!モダン・レトロな雰囲気でコスプレを楽しもう!

【京都国際マンガミュージアム】オリジナル似顔絵を描いてもらえる「ニガオエ」の6月実演カレンダー公開!

【クリエイター支援情報】2024年5月開催の「カンヌ国際映画祭併設マーケットMarche du Film」での新進映画プロデューサーおよびIP企画参加募集中!(応募〆切:4月15日正午12時まで)

【映画分野公式イベント】映画が800円で見れる!?新入生限定サービス「初めてのアップリンク」開催中!(開催期間:~4月30日)アップリンクってどんなとこ?取材記事も紹介!

【京都国際マンガミュージアム】昔なつかしの紙芝居を今に伝える紙芝居パフォーマンス「えむえむ紙芝居」4月実演者スケジュール公開!

【アニメ・映画分野公式イベント】スイーツデザインのかわいい新商品が先行販売!「ポケピース」のポップアップストアが京都ロフトで開催!(4月23日~5月6日)

【マンガ・アニメ分野公式イベント】「ブルーロック」× ハンズのコラボストア開催!悪魔コス書下ろしイラストのグッズが多数ラインナップ!(6月7日〜6月30日)

【京都コンテンツ関連情報】数多くの桜が咲き誇る境内をめぐる!「醍醐の花見」で有名な世界文化遺産「醍醐寺」で特別法要・拝観が開催中!

【京都国際マンガミュージアム】マンガの魅力や奥深さに迫る!?開館17年目にして初の公式ガイドブック刊行!

【クロスメディア分野公式イベント】野外撮影OK!4月28日(日) コスプレイベント『COSJOY』が京都 舞鶴赤レンガパークにて開催!!

全て表示

人気記事ランキング

ついに鶴丸がやってくる!聖地・藤森神社での太刀「鶴丸」(写し)の奉納・展示がまもなくスタート!

10月6日までイベント開催中!【鬼滅の刃 京ノ御仕事】東映太秦映画村でのコラボをご紹介!

京都通になれる!?TVアニメ『京都寺町三条のホームズ』聖地巡礼

「孤独のグルメ」原作者:久住昌之氏、「FFシリーズ」生みの親:坂口博信氏が登壇するセミナー、京都で開催!【10/16・30、参加費無料】

寺町三条のホームズ原作者、望月麻衣先生独占インタビュー&聖地巡礼!

平安貴族は〇〇を見せない?若者の服は〇色!?「光る君へ」マンガ「あさきゆめみし」が100倍面白くなる!京都文化博物館【紫式部と『源氏物語』】学芸員さんに話を聞いてきたパート2

京都通になれる!?TVアニメ『京都寺町三条のホームズ』聖地巡礼 その2

アニメ『有頂天家族』の聖地としても有名な京都の下鴨神社でみたらし祭開催中【07/30まで!】

巡ってわかる、心の距離。TVアニメ『月がきれい』聖地巡礼~前編~

【映画・歴史好き必見】東映太秦映画村の魅力をどどんとご紹介!新選組隊士の殺陣や実写映画『銀魂』等様々なロケが行われているオープンセット、仮面ライダー立像の撮影も可能!

今年は真選組が主役!? 実写版ロケ地の映画村で銀魂イベント再び!京都ブルルン滞在記パートⅡの全貌が明らかに!!

有頂天家族「京巡りスタンプラリー」を一日で巡ってきた!

KYOTO CMEX オリジナル「間違い探し」第1弾『ビットサミット』(「BitSummit 7 Spirits」チケットプレゼント!)

巡ってわかる、心の距離。TVアニメ『月がきれい』聖地巡礼~後編~

【申込開始!】KYOTO CMEX 2018 10周年記念事業:角川歴彦氏と荒俣宏氏による講演&対談を京都で開催!【9/14(金)・無料】

京都通になれる!?TVアニメ『京都寺町三条のホームズ』聖地巡礼 その3

京都市ボランティア・エキストラ登録制度のご案内

【公式イベント】インディーゲームの祭典10周年となる「BitSummit X-Roads / ビットサミット クロスロード」京都みやこめっせで有観客にて開催決定!

【本日よりチケット販売開始!】大人気の「京まふ」抽選制ステージに応募し忘れて泣かないための全7ステップ

『ギークハウス京都東福寺』の管理人を直撃 ギークハウスってどういう人が入居してるの?

全て表示

カテゴリ一覧

種類別カテゴリ

ジャンル別カテゴリ

年別記事一覧

ページ上部へ戻る