京都発:マンガ・アニメ、映画・映像、ゲーム、クロスメディアのポータルメディア

【第10回】「A 5th Of BitSummit」に出展した外国人開発者達に直撃インタビュー『VA-11 Hall-A: Cyberpunk Bartender Action』のWolfgameに聞いてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、「A 5th Of BitSummit(以下、ビットサミット)」に『VA-11 Hall-A: Cyberpunk Bartender Action(ヴァルハラ:サイバーパンク・バーテンダー・アクション、以下、VH)』を出展したWolfgame(以下WG)のWolfgang Wozniak(ウルフギャング・ウォズニアック、以下、ウルフ)氏へのインタビューです。

サイバーパンクな世界観の近未来が舞台のVHでは、プレイヤーはバーテンダーとしてゲームを進めていきます。千鳥のノブ風に言えば”クセが強い”お客さん相手に、シェイカー片手にカクテルを提供していきます。どういうカクテルを提供するかでストーリーが変化するゲームシステムです。開発元はベネズエラのSukeban Gamesで、日本の一昔前の世代のアドベンチャーゲームに影響を受けてVHを開発したらしく、キャラクターデザインなどにもその影響を垣間見ることが出来ます。今回ビットサミットでVHを出展したのは、PS Vita版の移植を担当したパブリッシャーのWolfgameです。日本語版のローカライズはPLAYISM。英語版はすでにSteamで発売されています。

―自己紹介から始めていただけますか?

ウルフ:VHを日本市場でアピールするためにビットサミットに出展しました。VHは、日本のオールドゲーマーが慣れ親しんでいる PC-98(日本電気(NEC)が開発及び販売を行った独自アーキテクチャのパソコン)っぽさを意識したビジュアルノベルゲーム(アドベンチャーゲーム)です。PC-98のゲームにハマったことのある日本の方なら、私達が何がしたいのかわかってもらえると思います。私達がインスピレーションを得たゲームは日本のゲームなので、ビットサミットへ出展することで日本へ何かお返ししたかったということもあります。

―日本のメディアからの取材はありましたが?

ウルフ:日本のメディアはVHを見たがっていたようですね。ずっとブースに張り付いていましたが、どのくらいのメディア担当者がVHを試してくれたかはわかりません。VHの記事をいくつか見ることが出来たのでとても嬉しかったです。

―ビットサミットに参加してビジネスとして魅力ある話などはありましたか?

ウルフ:ええ。仕事上の新しい友人も出来ましたし、古くからの友人とも初めて顔を合わせることも出来ました。ビットサミットは新しいビジネスチャンスを与えてくれたので、とても満足いくものでした。

―ビットサミットでの最大の収穫は何でしたか?

ウルフ:VHの現地パートナー(PLAYISMのこと)と大阪のオフィスで直接お会いできたことです。PLAYISMのメンバー全員と会えたのは良かったですね。一度も顔を合わせたことがないビジネスパートナーと仕事を進めていくのは難しいと思います。仕事上とはいえ付き合いは大切です。

―ビットサミットにはビジネス面でも海外から参加するだけの意義はありましたか?

ウルフ:勿論ですよ!今年のビットサミットで得た新しい人脈(ビジネスチャンス)については今は詳しくお話出来ません。早く彼らと仕事がしたいですよ!

―京都観光をする時間とかはありましたか?

ウルフ:京都では観光に回す時間がそれほどありませんでした。でも、観光客がそれほどいなかった伏見稲荷神社の裏側は魅力的でしたね。もっと京都の街や周辺エリアを散策したかったです。なんで多くのゲーム開発会社が京都にあるのかわかる気がしました。私が育ったアメリカの小さな街を思い出させてくれました。私も京都に住みたいですね。

―京都ではなにか思い出に残るようなエピソードはありましたか?

ウルフ:友達と伏見稲荷神社にいったのですが、写真撮影もままならないほどすごく混雑していました。そんな時、神社の周辺をうろついていたら、薄汚れた小道を発見しました。そこには竹林が周辺の雑音を吸収しているかのような静寂が満ち溢れていました。小道を登っていくごとに、静けさが増していきました。途中で後ろから地元の学生2人が何か冗談を言いながら小道を駆け上がってきました。しばらくすると全く観光客がいない別の神社に辿り着きました。お寺の壁の後ろ側でお坊さんがなにやらお祈りかなにかをしていました。さっきの学生2人がお坊さんに向かって走りだし、何かを叫びました。あぐらをかいていたお坊さんは焦ったようなそぶりで「何ですか!?」と叫び返しました。学生の子たちはお坊さんに何かを尋ねてからまた走りだしました。私にとってはまさに「アニメ」の1シーンのような出来事だったのでとても魅了されました。

―来年もまたビットサミットに参加しますか?

ウルフ:ビットサミットは楽しいので、私がとても気に入っているイベントです。雑音も少ないですし、参加している人々は礼儀正しく、素敵な人ばかりです。来年ですか?勿論参加しますよ!

―ありがとうございました。

VA-11 Hall-A: Cyberpunk Bartender Action

『VA-11 Hall-A: Cyberpunk Bartender Action』 公式サイト
http://wolfgame.com/games/valhalla.html
『VA-11 Hall-A: Cyberpunk Bartender Action』Steam
http://store.steampowered.com/app/447530/VA11_HallA_Cyberpunk_Bartender_Action/?l=japanese

画像提供:Wolfgame
Copyrights © 2016 Sukeban Games

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

「KYOTO CMEX」ポータルサイトでは、マンガ・アニメ、映画・映像、ゲーム、クロスメディアの情報を発信する京都発のポータルメディアです。SNSをフォローして掲載情報をチェック!(情報募集

関連記事

ピックアップ記事

2020年度の人気記事

[ 劇場版「鬼滅の刃」 無限列車編公開記念]東映太秦映画村×「鬼滅の刃」のコラボイベントに行ってみた。

【京都出身クリエイター情報】京都芸術短期大学出身の大原由軌子さん著『息子がいじめの加害者に? 大原さんちの大ピンチ』文春オンラインで連載開始!

[ 京まふ2020 ] 大きなレムのフィギュアがトレードマーク!渋谷スクランブルフィギュア展示ブース

【京まふ2020】京と秋のにじさんじ「もちのわーる男子旅」、歌あり笑いありの前夜祭イベントが開催

【BitSummit出展者関連リリース】『京都eスポーツゲーム大賞』特別賞受賞作である蟹をモチーフにした異色作『カニノケンカ -Fight Crab-』、早期購入者に「オリジナル サントラ盤」プレゼント!

全て表示

人気記事ランキング

ついに鶴丸がやってくる!聖地・藤森神社での太刀「鶴丸」(写し)の奉納・展示がまもなくスタート!

10月6日までイベント開催中!【鬼滅の刃 京ノ御仕事】東映太秦映画村でのコラボをご紹介!

「孤独のグルメ」原作者:久住昌之氏、「FFシリーズ」生みの親:坂口博信氏が登壇するセミナー、京都で開催!【10/16・30、参加費無料】

京都通になれる!?TVアニメ『京都寺町三条のホームズ』聖地巡礼

寺町三条のホームズ原作者、望月麻衣先生独占インタビュー&聖地巡礼!

全て表示

カテゴリ一覧

種類別カテゴリ

ジャンル別カテゴリ

ページ上部へ戻る