京都発:マンガ・アニメ、映画・映像、ゲーム、クロスメディアのポータルメディア

「印伝の山本×刀剣乱舞-ONLINE- コラボポーチ」発売のお知らせ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

以下、プレスリリースの内容を掲載しています。

有限会社印伝の山本(山梨県甲府市朝気3-8-4)は株式会社ニトロプラスと商品開発においてライセンス契約を結び、PCブラウザ&スマホアプリ「刀剣乱舞-ONLINE-」のキャラクターをイメージした「印伝の山本×刀剣乱舞-ONLINE- コラボポーチ」を発売いたします。
起用キャラクターは「大包平(おおかねひら)」と「鶯丸(うぐいすまる)」で、それぞれ実在の日本刀「大包平」(東京国立博物館所蔵)、「鶯丸」(宮内庁所蔵)を具現化したものです。
印伝の山本では同アイテムを通じて甲州印伝の周知をより広めると共に新規顧客層の獲得を図りたいと考えております。

印伝の山本とは

1955年甲府で創業。日本で唯一、甲州印伝 伝統工芸士(総合部門)の資格を持つ職人・山本裕輔が代表を務める甲州印伝製造企業。(甲州印伝: 鹿革に漆で模様付けした山梨県の伝統的工芸品。1987年経済産業省指定)
伝統技術を継承し、高品質なものづくりにこだわりつつ、時代に沿った新商品やアニメ・ゲーム等とのコラボレーション商品など,様々な世代へアプローチできる甲州印伝を企画製造・販売している。

特設サイトはこちら!

製品ラインナップ

  • 印伝の山本×刀剣乱舞-ONLINE- コラボポーチ 大包平 ¥12,960(税込)
  • 印伝の山本×刀剣乱舞-ONLINE- コラボポーチ 鶯丸  ¥12,960(税込)

刀剣乱舞-ONLINE-とは

刀剣乱舞-ONLINE-とは、DMMゲームズ(DMM.com)とニトロプラスによる刀剣育成シミュレーションゲーム。ミュージカル化・舞台化・アニメ化、2018年には実写映画化など幅広くメディア展開がなされている。
2017年にはユーキャン新語・流行語大賞2017にて、“刀剣乱舞”が候補となる30語にノミネートされるなど博物館・美術館・実在する刀剣(いずれも文化財指定)とのコラボなども積極的に実施されている。

受注期間 4/27(金) AM10:00~5/20(日) AM11:00まで(数量限定、再生産予定あり)
価格
  • ・印伝の山本×刀剣乱舞-ONLINE- コラボポーチ 大包平
    京くみひも「昇苑くみひも」タッセル付 12,960円(税込)
  • ・印伝の山本×刀剣乱舞-ONLINE- コラボポーチ 鶯丸
    京くみひも「昇苑くみひも」タッセル付 12,960円(税込)

特設サイトはこちら!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

KYOTO CMEX

KYOTO CMEXKYOTO CMEX実行委員会

投稿者プロフィール

京都シーメックスの公式イベントだけでなく、京都発のマンガ・アニメ、映画・映像、ゲーム、クロスメディアに関連する情報を発信してまいります。

この著者の最新の記事

「KYOTO CMEX」ポータルサイトでは、マンガ・アニメ、映画・映像、ゲーム、クロスメディアの情報を発信する京都発のポータルメディアです。SNSをフォローして掲載情報をチェック!(情報募集

2018年度の人気記事

【初めてでも大丈夫?面白い?】日本最大級のインディーゲーム祭典「ビットサミット」の7つの楽しみ方【2018年版】

京都市ボランティア・エキストラ登録制度のご案内

【BitSummit出展者関連リリース】we are currently working in our upcoming game for the Nintendo Switch: Cosmos Defenders

【事業者向け】「企業の森・産学の森」推進事業の応募企業を募集中【応募締切:7月13日】

にゃんこが京都を侵略?!地下鉄×にゃんこ大戦争コラボスタンプラリーを1日でまわってみた!

全て表示

2017年度以前の人気記事

ついに鶴丸がやってくる!聖地・藤森神社での太刀「鶴丸」(写し)の奉納・展示がまもなくスタート!

「孤独のグルメ」原作者:久住昌之氏、「FFシリーズ」生みの親:坂口博信氏が登壇するセミナー、京都で開催!【10/16・30、参加費無料】

有頂天家族「京巡りスタンプラリー」を一日で巡ってきた!

【本日よりチケット販売開始!】大人気の「京まふ」抽選制ステージに応募し忘れて泣かないための全7ステップ

【コンテンツクロスメディアセミナー申込み開始!】豪華な講師が勢揃い!~第1回:亜樹直氏、第2回:堀井雄二氏、林克彦氏、第3回:石橋義正氏~

全て表示

イベント一覧

カテゴリ一覧

種類別カテゴリ

ジャンル別カテゴリ

月別記事一覧

ページ上部へ戻る