京都発:マンガ・アニメ、映画・映像、ゲーム、クロスメディア、メタバースのポータルメディア

立命館大学映像学部企業連携プログラム学生チームとは?(関係者インタビュー)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本サイトに度々記事を投稿いただいている立命館大学映像学部企業連携プログラム学生チーム。毎回内容が濃く、1万を超えるビュー数の記事も。

今回は、誰が、どのようにして記事を書いているのか、中村彰憲映像学部教授や学生の皆さん、京都市産業観光局新産業振興室の芝野さんからお話をお伺いしてきました。

―ライターの学生さんをどのように集められているのでしょうか?

中村:立命館大学映像学部では企業や学外機関と連携し、具体的な目標、目的を持ったコンテンツの開発、共同研究をしています。具体的には、「企業連携プログラム」という授業内で、様々な企画を実施しています。京都市産業観光局新産業振興室との連携企画として、毎年「京都発コンテンツのPR」に取り組んでいるんです。ライターは講義を登録した学生になります。

―授業の一環なんですね。

芝野:以前は京都国際マンガ・アニメフェアの企画にも入っていただいていたんですが、どうしても部分的、断片的な参加になりがちで。学生さんが最初から最後まで主体的に取り組める企画として、2017年からこの取組を始めました。

毎年4月、履修登録された学生さんにお会いして、「どんな記事を書こうか」というアイデア出しの段階から始めます。学生さんとは授業もそうですが、メールでのやり取りで進めていくことも多いです。また、企業様や外部機関との調整が必要なものは、手分けして交渉したり、調整したりすることもあります。

―マンガ・アニメ・ゲームの記事を書くとなると版元さんの協力が必要な場合もありますよね? 調整が大変では?

芝野:おかげさまで京都国際マンガ・アニメフェア(京まふ)を主催している中でいろいろとつながりができていますので、ネットワークを駆使してなんとかやってます(笑)こういう記事を書くならあの人に相談してみよう、という感じですね。諸々の事情でボツになってしまう記事もありますがそれらを含めても学生さんにはリアルな体験をしていただいているのではと思います。

―中村先生は、担当教員としてこだわりを持たれている部分はありますか?

中村:企業連携プログラムというのは、開講場所は大学ではありますが、実質的なインターンシップであると学生には伝えているので、これらの経験を就業体験の一環として実感してもらいたいと思っています。なので、芝野さんにもしっかりと「プロの視点」で原稿に手を入れていたただくようお願いしています。その結果が、ページビューにもつながっているのだと実感しております。

―では実際今年度参加された学生さんにお伺いします。記事を書いてみていかがでしたか?

-辻 彩加さん

今まで経験したことがなかったので手間取りましたが素晴らしい経験になりました。参加していない子達からも凄いことをしてるねと言われました。インタビューに応えていただいた望月先生、事前にインタビュー内容など一緒になって考えてくださった芝野さん、最後まで面倒を見てくださった中村先生に感謝しています。
本当にありがとうございました。

-ジャケ 杏さん

自分の書いた記事がたくさんの人に見られるのかと思うと文章1つ考えるのにもすごく頭を使いました。でも、自分の興味のあるものを取り上げて記事を書くのはとても楽しかったし、それがたくさんの人に見てもらえているということが何よりも嬉しかったです。またいつか自分で記事を書いてみたいって思えるようになりました!

―上山 千夏さん

写真と文章の構成を考えることが難しかったです。私はこんなにも多くの人に見ていただける記事を書くことが初めてでした。どのような写真を撮影するか、文章をどのような言い回しにするかを考え、人に興味を持ってもらえるような記事を書くのに四苦八苦しましたが、非常に良い経験になったと感じています。

―矢野 由理さん

記事を書くという貴重な体験ができて楽しかったです。思っていたよりも記事を書くのは大変で、実際に足を運んだり交渉したり思っていたよりも難しかったです。その分、記事を書く上で訪れた場所がステキなとこだと新しい発見ができたと嬉しくなります。楽しく記事が書けて良い経験ができました。

―企業連携プログラムに期待するものは?

芝野:学生さんの書いた記事は、私と先生の方で校正してから掲載しています。2年間で数十本の記事をチェックしましたが、文章力が非常に高く、扱うテーマに対する熱意を感じます。 ただ、「読ませること」を意識した文章にするためにはさらに訓練が必要ではないかと思います。今の学生さんが社会に出て、活躍するころにはもっともっと通信・コミュニケーション技術が発達しているかもしれませんが、日本語が消滅しているとは考えにくいですからね(笑)。
どうすれば注目を浴びるか、ビュー数を伸ばせるか、我々と一緒に考えていける授業にしていきたいと思っています。

―ありがとうございました。引き続きKYOTO CMEXポータルサイトは、京都発のコンテンツイベント等の情報を発信していきますのでどうぞよろしくお願いします!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

立命館大学映像学部学生チーム

投稿者プロフィール

メディア業界を目指す立命館大学映像学部生によるインターンのチームです。毎年、ファン視点からトレンドをピックアップできるのが強み。実際、このインターンを経て業界で活躍しているOB、OGも。ぜひ暖かく見守ってください!

この著者の最新の記事

「KYOTO CMEX」ポータルサイトでは、マンガ・アニメ、映画・映像、ゲーム、クロスメディアの情報を発信する京都発のポータルメディアです。SNSをフォローして掲載情報をチェック!(情報募集

ピックアップ記事

【ゲーム分野公式イベント】国内最大級のインディーゲームイベント「BitSummit Drift」開催情報解禁!「わいわい」や「夏絵ココ」などの人気インフルエンサー参加決定!

【KYOTO CMEX独自取材】映画「鬼太郎誕生 ゲゲゲの謎」に没入!!東映太秦映画村のコラボイベント【後編】

水木の布団で寝れる!?【KYOTO CMEX独自取材】映画「鬼太郎誕生 ゲゲゲの謎」東映太秦映画村のコラボイベント【前編】

【公式イベント・クリエイター支援情報】2024年度第16回京都映画企画市の企画募集が開始!【〆7/16(火)】

平安貴族は〇〇を見せない?若者の服は〇色!?「光る君へ」マンガ「あさきゆめみし」が100倍面白くなる!京都文化博物館【紫式部と『源氏物語』】学芸員さんに話を聞いてきたパート2

500年以上前の「源氏物語(写し)」が【京都文化博物館】で見られる!!「光る君へ」マンガ「あさきゆめみし」が100倍面白くなる【紫式部と『源氏物語』】学芸員さんに話を聞いてきたパート1

映画プロデューサー:齋藤優一郎様が語る「アニメーション映画が切り拓いてきたこと、そしてこれからの未来」とは? 第2回コンテンツクロスメディアセミナー開催報告

【京まふ2023】 現地レポート『地下鉄に乗るっ』10周年スペシャルトーク&LIVE

【京まふ2023】“京まふおこしやす大使“伊東健人さん&高橋李依さんへの特別インタビュー!!

【京まふ2023】京都国際マンガミュージアムへ!

作曲家・桶狭間ありさ氏 京伴祭インタビュー(京まふ2023連携企画)

【京まふ2023】古都コス出演者に突撃インタビュー!

【京まふ2023】「カノジョも彼女 Season 2」京まふステージ開催!上映PVでは古賀葵演じるミリカの妹がボイス初解禁に

【京まふ2023】TVアニメ「有頂天家族」10周年スペシャルステージ開催!弁天役の能登麻美子が第3期を熱望

【京まふ2023】キャラクターたちがお酒に!?白糸酒造のグッズを見に行ってみた〜〜!!

全て表示

2024年度の人気記事

【公式イベント】西日本最大級のマンガ・アニメ・ゲームの祭典『京まふ2024』開催決定!9/21(土)・22(日)みやこめっせを中心に開催!メインビジュアルや出展者申込情報公開中!

【マンガ・アニメ分野】「ブルーアーカイブ (ブルアカ)」地域周遊型イベント「ブルーアーカイブ ~げにうららか☆京都満喫春の旅!~」開催!(2024年4月16日より順次開催)

【KYOTO CMEX独自取材】映画「鬼太郎誕生 ゲゲゲの謎」に没入!!東映太秦映画村のコラボイベント【後編】

水木の布団で寝れる!?【KYOTO CMEX独自取材】映画「鬼太郎誕生 ゲゲゲの謎」東映太秦映画村のコラボイベント【前編】

【クリエイター支援情報】「京都から日本を見る、世界を広げる」新たな繋がり・機会を生む場となるサロン『Desalon Kyoto』

【アニメ分野公式イベント】期間限定コラボ企画!TVアニメ「有頂天家族」×伝統産業「京友禅」のスマートフォン拭き販売中!(12月26日まで)

【アニメ・映画分野公式イベント】全国巡回ポップアップストア『名探偵コナンプラザ 2024』京都ロフトで開催中!(5月6日まで)

【京都国際マンガミュージアム】期間限定!人気テレビ番組「マンガ沼」放送を記念した川島明(麒麟)と山内健司(かまいたち)のオススメマンガ作品紹介コーナー設置中!!(3月17日~5月7日)

【京都コンテンツ関連情報】200万枚の桜吹雪が歴史ある時代劇セットの最後を飾る!東映太秦映画村にて「夜桜花吹雪」開催(4月7日 20:45~)

【ゲーム分野公式イベント】あの人気ゲーム「原神」のポップアップストア開催!京都ロフトにて販売中!

【京都国際マンガミュージアム】オリジナル似顔絵を描いてもらえる「ニガオエ」の6月実演カレンダー公開!

【クリエイター支援情報】2024年5月開催の「カンヌ国際映画祭併設マーケットMarche du Film」での新進映画プロデューサーおよびIP企画参加募集中!(応募〆切:4月15日正午12時まで)

【クロスメディア分野公式イベント】4月6日(土) コスプレイベント『COSJOY』が京都国際マンガミュージアムにて開催!!モダン・レトロな雰囲気でコスプレを楽しもう!

【映画分野公式イベント】映画が800円で見れる!?新入生限定サービス「初めてのアップリンク」開催中!(開催期間:~4月30日)アップリンクってどんなとこ?取材記事も紹介!

【アニメ・映画分野公式イベント】スイーツデザインのかわいい新商品が先行販売!「ポケピース」のポップアップストアが京都ロフトで開催!(4月23日~5月6日)

【京都国際マンガミュージアム】昔なつかしの紙芝居を今に伝える紙芝居パフォーマンス「えむえむ紙芝居」4月実演者スケジュール公開!

【京都コンテンツ関連情報】数多くの桜が咲き誇る境内をめぐる!「醍醐の花見」で有名な世界文化遺産「醍醐寺」で特別法要・拝観が開催中!

【京都国際マンガミュージアム】マンガの魅力や奥深さに迫る!?開館17年目にして初の公式ガイドブック刊行!

【マンガ・アニメ分野公式イベント】「ブルーロック」× ハンズのコラボストア開催!悪魔コス書下ろしイラストのグッズが多数ラインナップ!(6月7日〜6月30日)

【クロスメディア分野公式イベント】野外撮影OK!4月28日(日) コスプレイベント『COSJOY』が京都 舞鶴赤レンガパークにて開催!!

全て表示

人気記事ランキング

ついに鶴丸がやってくる!聖地・藤森神社での太刀「鶴丸」(写し)の奉納・展示がまもなくスタート!

10月6日までイベント開催中!【鬼滅の刃 京ノ御仕事】東映太秦映画村でのコラボをご紹介!

京都通になれる!?TVアニメ『京都寺町三条のホームズ』聖地巡礼

「孤独のグルメ」原作者:久住昌之氏、「FFシリーズ」生みの親:坂口博信氏が登壇するセミナー、京都で開催!【10/16・30、参加費無料】

寺町三条のホームズ原作者、望月麻衣先生独占インタビュー&聖地巡礼!

平安貴族は〇〇を見せない?若者の服は〇色!?「光る君へ」マンガ「あさきゆめみし」が100倍面白くなる!京都文化博物館【紫式部と『源氏物語』】学芸員さんに話を聞いてきたパート2

京都通になれる!?TVアニメ『京都寺町三条のホームズ』聖地巡礼 その2

アニメ『有頂天家族』の聖地としても有名な京都の下鴨神社でみたらし祭開催中【07/30まで!】

巡ってわかる、心の距離。TVアニメ『月がきれい』聖地巡礼~前編~

【映画・歴史好き必見】東映太秦映画村の魅力をどどんとご紹介!新選組隊士の殺陣や実写映画『銀魂』等様々なロケが行われているオープンセット、仮面ライダー立像の撮影も可能!

今年は真選組が主役!? 実写版ロケ地の映画村で銀魂イベント再び!京都ブルルン滞在記パートⅡの全貌が明らかに!!

有頂天家族「京巡りスタンプラリー」を一日で巡ってきた!

KYOTO CMEX オリジナル「間違い探し」第1弾『ビットサミット』(「BitSummit 7 Spirits」チケットプレゼント!)

巡ってわかる、心の距離。TVアニメ『月がきれい』聖地巡礼~後編~

【申込開始!】KYOTO CMEX 2018 10周年記念事業:角川歴彦氏と荒俣宏氏による講演&対談を京都で開催!【9/14(金)・無料】

京都通になれる!?TVアニメ『京都寺町三条のホームズ』聖地巡礼 その3

【公式イベント】インディーゲームの祭典10周年となる「BitSummit X-Roads / ビットサミット クロスロード」京都みやこめっせで有観客にて開催決定!

【本日よりチケット販売開始!】大人気の「京まふ」抽選制ステージに応募し忘れて泣かないための全7ステップ

京都市ボランティア・エキストラ登録制度のご案内

『ギークハウス京都東福寺』の管理人を直撃 ギークハウスってどういう人が入居してるの?

全て表示

カテゴリ一覧

種類別カテゴリ

ジャンル別カテゴリ

年別記事一覧

ページ上部へ戻る