京都発:マンガ・アニメ、映画・映像、ゲーム、クロスメディアのポータルメディア

【Road to … 京まふ】「ちはやふる」の隠れた聖地、京都市伏見区の「大石天狗堂」を訪問!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

来る2019年9月21日(土)、22 日(日)、みやこめっせ(京都市勧業館)、京都国際マンガミュージアム、東映太秦映画村等、市内一帯を舞台に、「京都国際マンガ・アニメフェア」略して「京まふ」が今年も開催されます。この「京まふ」の開催機運を高めるため、立命館大学映像学部企業連携プログラム学生チームが、マンガ・アニメ・ゲームをテーマに市内各地を取材。京都を舞台としてコンテンツ産業の広がりを報告します。

10月に放送開始の TV アニメ「ちはやふる3」。

「ちはやふる」の聖地といえば、毎年競技かるたの大会が行われる滋賀県の近江神宮。しかし今回、その「ちはやふる」の隠れた聖地が京都にあるという情報を聞き、訪ねてきました。

それがこちら。京都市伏見区にある「大石天狗堂」です。

「大石天狗堂」は今年で創業 213 年になる老舗で、競技かるたの札をはじめ、花札や光琳かるたなどを製造、販売しているお店です。

この大石天狗堂、実は競技かるた用の公式百人一首を製造、販売している日本で唯一のお店なんです。

毎年、日本各地で行われる競技かるたの試合「名人戦」や「クイーン戦」で使用されている札は大石天狗堂が製造したものです。

もちろん、実写化された映画「ちはやふる」の全シリーズで実際に使われた札も全て、この大石天狗堂から生まれたものです。

そして、「ちはやふる」とこの「大石天狗堂」にはもうひとつ接点があります。漫画「ちはやふる」の 39 巻に、なんと「大石天狗堂」の広告塔を目指すという生徒が登場しているのです。漫画が連載された当時、実際に作者がお店を訪れたそうです。

店内には競技かるたの他に、将棋盤や囲碁の駒などもおいてあり、とても趣がある内装となっています。またその他にも、映画「千と千尋の神隠し」とコラボした「ジブリ花札」や京都の名所があしらわれた「京都かるた」などユニークなオリジナル商品がたくさんおいてあります。

また、最寄りの近鉄線桃山御陵前駅からの道はとても風情があり、カメラを持って散歩すれば、写真映えすること間違いなしです。みなさんもぜひ、京都にある「ちはやふる」の隠れた聖地、大石天狗堂を訪れてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

「KYOTO CMEX」ポータルサイトでは、マンガ・アニメ、映画・映像、ゲーム、クロスメディアの情報を発信する京都発のポータルメディアです。SNSをフォローして掲載情報をチェック!(情報募集

ピックアップ記事

2019年度の人気記事

【京都コンテンツ関連情報】カービィとワープスターが“のせて可愛い”和菓子になって登場!新シリーズ「食べマスあそーと」全国のローソンにて順次発売!

オーケストラコンサート『管弦楽 薄桜⻤ 〜響秋詩⾳〜』9⽉21⽇(⼟) ロームシアター京都にて開催決定!抽選で10組20名様にチケットが当たるTwitterキャンペーンを当サイト独自開催!【応募期限:7月29日(月)13時】

【京都の伝統産業×名作アニメ】『銀河鉄道999』の世界観を、京都の熟練職人が 丹後の絹で織り上げた「西陣織シルクネクタイ」販売中!

【BitSummit出展者リリース】『World of Warships』、『アズールレーン』とのコラボ第2弾を発表! 8名のコラボ艦長、2隻のコラボプレミアム艦艇、コラボ港などが実装

【BitSummit出展者リリース】新要素を"プラス"した、弾幕アクションシューティング『アサルトアンドロイドカクタス プラス』 Nintendo Switchにて発売

全て表示

2018年度以前の人気記事

ついに鶴丸がやってくる!聖地・藤森神社での太刀「鶴丸」(写し)の奉納・展示がまもなくスタート!

「孤独のグルメ」原作者:久住昌之氏、「FFシリーズ」生みの親:坂口博信氏が登壇するセミナー、京都で開催!【10/16・30、参加費無料】

京都通になれる!?TVアニメ『京都寺町三条のホームズ』聖地巡礼

寺町三条のホームズ原作者、望月麻衣先生独占インタビュー&聖地巡礼!

【申込開始!】KYOTO CMEX 2018 10周年記念事業:角川歴彦氏と荒俣宏氏による講演&対談を京都で開催!【9/14(金)・無料】

全て表示

カテゴリ一覧

種類別カテゴリ

ジャンル別カテゴリ

ページ上部へ戻る