京都発:マンガ・アニメ、映画・映像、ゲーム、クロスメディアのポータルメディア

日本アニメ100年の節目。アニメと人、京都を結ぶ。【京まふ2017】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年より毎年開催されている京都国際マンガ・アニメフェア、略して京まふ。その第6回となる2017年は、日本アニメが誕生してから100年いう節目の年で、それを記念した例年見ない企画が存在しました。

 

~まずは概要から~

日時:2017916日・17

場所:みやこめっせ(京都市勧業館)及び京都国際マンガミュージアム

 

来場者:2日間で34058

ブース出展企業/団体:72(前年比+9) 過去最多!

出展作品数:57 過去最多!

 

出展ブースでは、ボーカロイドのパイオニアともいえる、初音ミクや、現在でも大人気のFateシリーズなどがこの年初めて出展されました。

 

【日本アニメ100年の節目】

(前置きはこれくらいにして…)

2017年は日本でアニメ―ションが誕生して100年という節目の年であり、それを記念し、特別イベント『アニメNEXT_100』が行われました。その一環として、京都国際マンガミュージアムにおいて、現存する日本最古のアニメ作品『なまくら刀』が上映されました。また、100周年を記念したポスターも展示されました。

(↓アニメNEXT_100の様子。『なまくら刀』はリラックスして観ることができました。)

 アニメの上映は『なまくら刀』だけではなく、2013年から2017年にかけて製作された、女子高生の不毛な日常を描いた短編アニメシリーズ『あいまいみー』の第1期~第3期一挙上映や、2016下半期~2017上半期に話題となった12の作品上映など、今昔のアニメが一堂に会し、まさに日本アニメ次の100年へとつないだ形です。

(↓『あいまいみー』の上映会の様子。たくさんの人が来られています!

【京都とアニメ・漫画を結ぶ】

アニメ作品の今昔だけでなく、京まふは京都も結びついています。2017もその結びつきは健在で、京都の金属加工関連の若手経営者団体 (京都機械金属中小企業青年連絡会)が製作した「ヤッターワン」の巨大オブジェを展示、他にも、伝統工芸の技法を用いて自分のオリジナルグッズを制作できる工房など、開催地京都とアニメを結ぶイベントも開かれました。

 

このほかにも、毎年おなじみのステージやスタンプラリーも開催されて大好評!日本アニメ100年の節目、京まふ2017はアニメや漫画などの日本のポップカルチャーと人々、そして京都を次の100年へと繋ぐイベントとなったと言えるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

「KYOTO CMEX」ポータルサイトでは、マンガ・アニメ、映画・映像、ゲーム、クロスメディアの情報を発信する京都発のポータルメディアです。SNSをフォローして掲載情報をチェック!(情報募集

ピックアップ記事

2019年度の人気記事

10月6日までイベント開催中!【鬼滅の刃 京ノ御仕事】東映太秦映画村でのコラボをご紹介!

KYOTO CMEX オリジナル「間違い探し」第1弾『ビットサミット』(「BitSummit 7 Spirits」チケットプレゼント!)

【無料・要申込:11/12(火)開催】KYOTO CMEX 第1回コンテンツクロスメディアセミナー、新海 誠 監督が登壇!

【京まふ2019関連イベント】この夏、京都で!週刊少年ジャンプで連載中 超人気アニメ「鬼滅の刃」時代劇テーマパークで本格的コラボイベント開催

単行本4巻発売記念!漫画『恋せよキモノ乙女』作者・山崎零独占インタビュー!

全て表示

2018年度以前の人気記事

ついに鶴丸がやってくる!聖地・藤森神社での太刀「鶴丸」(写し)の奉納・展示がまもなくスタート!

「孤独のグルメ」原作者:久住昌之氏、「FFシリーズ」生みの親:坂口博信氏が登壇するセミナー、京都で開催!【10/16・30、参加費無料】

京都通になれる!?TVアニメ『京都寺町三条のホームズ』聖地巡礼

寺町三条のホームズ原作者、望月麻衣先生独占インタビュー&聖地巡礼!

【申込開始!】KYOTO CMEX 2018 10周年記念事業:角川歴彦氏と荒俣宏氏による講演&対談を京都で開催!【9/14(金)・無料】

全て表示

カテゴリ一覧

種類別カテゴリ

ジャンル別カテゴリ

ページ上部へ戻る