京都発:マンガ・アニメ、映画・映像、ゲーム、クロスメディアのポータルメディア

【クリエイター支援情報】VIPOにて、秋に開催予定の釜山国際映画祭「Asian Project Market(APM)2022」の長編映画企画募集中!(〆切:6/15)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【クリエイター支援情報】VIPOにて、秋に開催予定の釜山国際映画祭「Asian Project Market(APM)2022」の長編映画企画募集中!(〆切:6/15)

VIPOにて、秋に開催予定の釜山国際映画祭「Asian Project Market(APM)2022」の長編映画企画を募集中です。
書類提出締切は2022年6月15日(水)となっております。詳しくはVIPOホームページをご覧ください。

詳しくはこちら

VIPOは、経済産業省「令和4年度コンテンツ海外展開促進事業(コンテンツ関連ビジネスマッチング事業)」おいて、昨年度に引き続き、映画プロデューサーの「企画マーケット参加」を支援いたします。

その一環として、この度、「Asian Project Market(APM)2022」にVIPOから“推薦する企画”を募集いたします。

「APM(Asian Project Market)2022」は、アジアで最も注目されている釜山国際映画祭に併設されている企画マーケットで、世界中から応募された数多くの長編映画企画の中から選ばれた約30の企画のプロデューサーと監督が、世界中から招待された出資者、映画祭担当者、プロデューサーなどを相手に、ピッチングセッション(英語)を行うプログラムです。

ご自身の企画をアピールする絶好の場となりますので、この機会にぜひご応募ください。

なお、APMに関してはあくまで、”推薦”であり、APMへの選出(マーケット参加)が保証されるものではないことを、あらかじめご承知おきください。

VIPOホームページより引用)

■映画祭開催概要

APM開催期間 2022年10月9日(日)~10月11日(火)
映画祭開催期間 2022年10月5日(水)~10月14日(金)
会場 韓国・釜山(リアルまたはハイブリッド開催予定)

■募集概要

募集企画数 1~2企画程度
※1. 応募書類に記載された内容を踏まえ、審査/選考させていただきます。
※2. 詳細な審査基準や結果等については開示いたしませんので、あらかじめご了承ください。
応募期限 6月15日(水) ※APM公式エントリーに準じます。
参加条件 アジアの長編フィクション映画プロジェクト(脚本開発、プリプロダクション、プロダクション、またはポストプロダクション段階であること)
APM 2022開催期間以前に完成予定の作品は対象外です。
制作費への投資が完了していない作品が対象となります。
監督およびプロデューサーの両方が定められていない作品は対象外です。
監督については、短編または長編1編以上の監督経験が必須となります。
プロデューサーは、長編1編以上の制作経験が必須となります。
応募書類 <APM宛> ※「Asian Project Market(APM)」の応募必要書類に準じます。
Logline a maximum of 3 sentences
Synopsis Up to 400 words in full sentences
Director’s Statement Up to 300 words in full sentences
Producer’s Statement Up to 400 words in full sentences including financial plan
Production Schedule sample form available(
Director’s Profile
Producers and Production Company’s Profiles
Treatment 5 to 8 pages
※It should be a summary of script wrote in sentences.
※Project pitching materials are not acceptable.
Director’s previous work
※Online link is only acceptable.
※English subtitle is required for non-English work.
※In case of in production or post-production’s projects, rough cut or first cut is acceptable.

<VIPO宛>
以下の各書類(1~3)について、日本語でご提出ください。(書式自由)
APMへの応募書類(英語資料と日本語資料を併せて)
監督およびプロデューサーの英語レベル(ビジネスレベル、日常会話レベル、カタコトレベル)
オリジナル作品でない場合は、その著作権者(原作者等)から映画化が許可されていることを明記、捺印した書類。
※書式自由、応募者の印(会社印)で結構です。
応募方法 APM宛の必要書類をご準備のうえ、「Asian Project Market(APM)2022」
https://guest.biff.kr/submission/apm/index.asp)へ直接ご応募ください。
応募後、必ずVIPOまで応募した旨をご連絡ください。その際、<VIPO宛>の応募書類(上記記載)をご提出いただきますようお願いいたします。
※件名に「Asian Project Market (APM)」と明記のうえ、〈matching@vipo.or.jp〉までご連絡ください。
※APMへの応募に関して、VIPOにご連絡をいただけない場合は、VIPO推薦枠の選考対象にはなりませんのでご了承ください。
その他、注意事項 映画祭はリアルでの開催を予定しておりますが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により、オンラインまたはハイブリット開催となる可能性があります。
VIPOが事業の成果等を把握するために、参加後に実施するヒアリングやアンケートにご協力いただくことが条件となります。
VIPOのビジネスマッチング事業へ参加する事業者の方々は、原則、Japan Creator Bank(https://japancreatorbank.com/ja/)にプロフィール等を登録していただきます。
経済産業省からの委託事業「令和4年度コンテンツ海外展開促進事業(コンテンツ関連ビジネスマッチング事業)」の一環として実施するにあたり、記録、広報等のため、参加の様子を撮影する場合がございます。撮影した写真等は、VIPOウェブサイト等で公表させていただきますので、あらかじめご了承ください。

■お問い合わせ先

特定非営利活動法人映像産業振興機構(VIPO)
グローバル事業推進部 担当:池田、信澤、尹
E-mail:matching@vipo.or.jp

※お問い合わせは、件名に「Asian Project Market(APM)」とご明記の上、お願い申し上げます。
※弊機構におきましては、リモートワークを基本とした時差出勤との併用により業務を進めており、担当者によるお電話での応対ができない場合がございますので、お問い合わせはメールにてお願い申し上げます。

詳しくはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

KYOTO CMEXKYOTO CMEX実行委員会

投稿者プロフィール

京都シーメックスの公式イベントだけでなく、京都発のマンガ・アニメ、映画・映像、ゲーム、クロスメディアに関連する情報を発信してまいります。

この著者の最新の記事

「KYOTO CMEX」ポータルサイトでは、マンガ・アニメ、映画・映像、ゲーム、クロスメディアの情報を発信する京都発のポータルメディアです。SNSをフォローして掲載情報をチェック!(情報募集

ピックアップ記事

【公式イベント】京都国際マンガミュージアムにて、オンライン展覧会「マンガ・パンデミックWeb展」で展示するためのマンガ作品を緊急募集!

【パートナーイベント】「第25回京都国際学生映画祭」作品募集!7/22まで!

【京都コンテンツ関連情報】オンライン上で京都の魅力を体験できるメタバース、「京都館PLUS X」が誕生!

【公式イベント】「indiePlay 2022 – China indie Game Awards」の応募受付を開始しました!(〆切:7/22)

【公式イベント】アニメ、マンガ、キャラクターなどを活用した、優れた企業コラボレーションや広告プロモーションを表彰するアワードイベント「アニものづくり アワード2022」エントリー開始!6/30まで!

【公式イベント】京都国際マンガミュージアムにて「TVアニメ『平家物語』高野文子と映画『犬王』松本大洋キャラクター原案展示」開催中!(6/27まで)

【公式イベント】西日本最大級のマンガ・アニメ・ゲームの祭典『京まふ2022』開催決定!9/17(土)・18(日)みやこめっせを中心に開催!出展ブース、ステージ、グッズ、コスプレなど盛りだくさん!

【公式イベント】インディーゲームの祭典10周年となる「BitSummit X-Roads / ビットサミット クロスロード」京都みやこめっせで有観客にて開催決定!

【京都ヒストリカ国際映画祭】 株式会社松竹撮影所・京都製作部 京都製作室長の井汲泰之様 インタビュー後編 時代劇の魅力を伝え続ける

【京都ヒストリカ国際映画祭】 京都文化博物館・学芸課映像情報室長の森脇清隆様インタビュー後編。 京都の映像文化を若者に受け継ぐ

全て表示

2021年度の人気記事

【公式イベント】インディーゲームの祭典10周年となる「BitSummit X-Roads / ビットサミット クロスロード」京都みやこめっせで有観客にて開催決定!

【公式イベント情報】「京都eスポーツサミット2022 Spring」開催!

【公式イベント】株式会社スクウェア・エニックス・ホールディングス理事:橋本真司さんによるKYOTO CMEX 2021「第1回コンテンツクロスメディアセミナー『ゲーム業界の今後の可能性~ファイナルファンタジーシリーズを通して~(仮題)』」(9/29(水)・定員100名・無料)参加者申込受付中!

「京まふ2021オープニングステージ」に潜入してきました!!

令和3年度「京都市中小企業等再起支援補助金」の募集についてのお知らせ

全て表示

人気記事ランキング

ついに鶴丸がやってくる!聖地・藤森神社での太刀「鶴丸」(写し)の奉納・展示がまもなくスタート!

10月6日までイベント開催中!【鬼滅の刃 京ノ御仕事】東映太秦映画村でのコラボをご紹介!

京都通になれる!?TVアニメ『京都寺町三条のホームズ』聖地巡礼

「孤独のグルメ」原作者:久住昌之氏、「FFシリーズ」生みの親:坂口博信氏が登壇するセミナー、京都で開催!【10/16・30、参加費無料】

寺町三条のホームズ原作者、望月麻衣先生独占インタビュー&聖地巡礼!

全て表示

カテゴリ一覧

種類別カテゴリ

ジャンル別カテゴリ

年別記事一覧

ページ上部へ戻る