京都発:マンガ・アニメ、映画・映像、ゲーム、クロスメディアのポータルメディア

【Bitsummit4th 出展者関連リリース】2 年にわたり日本インディーゲームシーンを追いかけたドキュメンタリー 『Branching Paths』、Steam と PLAYISM にて配信開始 !リリース記念セールも開催中!(7月29日~8月5日まで)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

以下、プレスリリースの内容を掲載しています。

株式会社アクティブゲーミングメディア(代表取締役:イバイ アメストイ 本社:大阪市西区)が運営するオリジナリティあふれる PC ゲームを厳選し販売する『PLAYISM』は、日本のインディーゲームシーンを追いかけ、その姿を明らかにしようとするドキュメンタリー作品『Branching Paths』を Steam/PLAYISM で配信開始いたしました。

Branching Pathsとは

近年の日本国内におけるインディーゲームシーンに密着したドキュメタリー作品『Branching Paths』を PLAYISM/Steam にて配信開始いたしました。

PLAYISM: http://playism.jp/game/456/branching-paths
Steam: http://store.steampowered.com/app/494680

シナリオ

日本のビデオゲーム業界は、その創作性と斬新さで80年代から2000年代までのあいだ世界を牽引してきました。しかし近年はテクノロジーの分野でその優位性を保てず、多くの日本の開発部は奇抜なゲーム体験やリスクの高いプロジェクトを回避する方向へシフトを変えようになりました。 世界では多くのプレイヤーが、少年少女時代に遊んだかつての刺激的でわくわくするような、日本ゲームを待ち望んでいます。独創的で創造性の高い自由へ希求を志す業界のベテランや才能ある若者たちは、独立するという答えに辿り着きました。

そして近年、日本のゲーム業界はこのインディペンデント・クリエイターの影響力と生まれたばかりシーンの勢いに着目し始め、2013年にはTokyo Game Showが公で初めてインディークリエイターを主役に据えたブースを展開することとなりました。
これは新たなムーブメントの始まりと得るだろうか?この疑問を胸に、私たちは日本インディー業界を巡る二年間の旅を始めました。『Branching Paths』は日本のインディーゲームに関わるデベロッパー、パブリッシャー、そしてれに引き寄せらた多くの人々がそれぞれに織り成す新しい世界を、モザイクアートのように描き出した作品です。

なお、本作リースに合わせまして、『Branching Paths』セールをPLAYISMサイトにて8/5まで開催いたします。
http://blog.playism.jp/branching-paths-playismsale/
本作に登場するゲームがセールとなっておりまので、気になった作品がありましら、ぜひプレイてみください。

branching paths screenshot-1
branching paths screenshot-2
branching paths screenshot-3
branching paths screenshot-4
branching paths screenshot-5
branching paths screenshot-6
branching paths screenshot-7
branching paths screenshot-8
branching paths screenshot-9
branching paths screenshot-10
branching paths screenshot-11
branching paths screenshot-12
branching paths screenshot-13
branching paths screenshot-14
branching paths screenshot-15
branching paths screenshot-16
branching paths screenshot-17
branching paths screenshot-18
branching paths screenshot-19
branching paths screenshot-20
branching paths screenshot-21
branching paths screenshot-22
branching paths screenshot-23
branching paths screenshot-24

※画面はすべて開発中のものです。
※PLAYISM のロゴおよびシンボルマークは、Active Gaming Media Inc..の商標登録です。
 © Active Gaming Media Inc. All Rights Reserved.

公式サイト http://branchingpaths.jp/
PV https://www.youtube.com/watch?v=S_VYtvpkfPo

■制作:ASSEMBLAGE
■監督:Anne FERRERO
■音楽:LOW HIGH WHO?
■配信日:2016年7月8日
■ロゴ・ポスターデザイン:utomaru
■販売:PLAYISM
■ジャンル:ドキュメンタリー
■配信日:2016年7月29日
■価格:980 円(税込)
■配信予定プラットフォーム:PLAYISM/Steam
■収録時間:83分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

KYOTO CMEX

KYOTO CMEXKYOTO CMEX実行委員会

投稿者プロフィール

京都シーメックスの公式イベントだけでなく、京都発のマンガ・アニメ、映画・映像、ゲーム、クロスメディアに関連する情報を発信してまいります。

この著者の最新の記事

「KYOTO CMEX」ポータルサイトでは、マンガ・アニメ、映画・映像、ゲーム、クロスメディアの情報を発信する京都発のポータルメディアです。SNSをフォローして掲載情報をチェック!(情報募集ライター募集

関連記事

2017年の人気記事

【申込受付中!】「孤独のグルメ」原作者:久住昌之氏、「FFシリーズ」生みの親:坂口博信氏が登壇するセミナー、京都で開催!【10/16・30、参加費無料】

有頂天家族「京巡りスタンプラリー」を一日で巡ってきた!

西日本最大級のマンガ・アニメのイベント『京都国際マンガ・アニメフェア2017』2017年応援サポーターに佳村はるかさん就任決定!2017年“人気作品×京都名所”コラボビジュアル発表!

巡ってわかる、心の距離。TVアニメ『月がきれい』聖地巡礼~前編~

「有頂天家族」が京都特別親善大使に就任!TVアニメ第2期には間島淳司や中村悠一ほか豪華追加声優陣も登場

全て表示

2016年以前の人気記事

【本日よりチケット販売開始!】大人気の「京まふ」抽選制ステージに応募し忘れて泣かないための全7ステップ

【コンテンツクロスメディアセミナー申込み開始!】豪華な講師が勢揃い!~第1回:亜樹直氏、第2回:堀井雄二氏、林克彦氏、第3回:石橋義正氏~

【新連載!毎週火・木曜更新】『京都クロスメディアPARTY!』 キャラクター紹介

【本日よりポケモンGO配信!】京都市内でのプレイの様子まとめ&安全に楽しむために「歩きスマホ」はNo!

【連載『京都クロスメディアPARTY!』】第1話「京都独立生活」(毎週火・木曜更新)

全て表示

イベント一覧

カテゴリ一覧

種類別カテゴリ

ジャンル別カテゴリ

月別記事一覧

ページ上部へ戻る