京都発:マンガ・アニメ、映画・映像、ゲーム、クロスメディアのポータルメディア

【第2回】「A 5th Of BitSummit」に出展した外国人開発者達に直撃インタビュー『FRAMED 2』のLoveshackに聞いてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

A 5th Of BitSummit(以下、ビットサミット)」に参加した外国人達へのインタビュー第二弾は、『FRAMED 2』を出展したLoveshack Entertainment(ラブシャック・エンターテイメント、以下LE)のJoshua Boggs(ジョシュア・ボッグス、以下ジョシュ)氏の登場です。

これまでに幾多の賞を受賞した『FRAMED』は、小島秀夫監督がTwitter上で”文句無しに2014年のマイベストだ!”と評した漫画のコマを入れ替えてストーリーを進めていくパズルゲームです。斬新なアイデアだけでなく、アートスタイルやジャズ調のBGMなども高く評価された作品となります。AppStoreにて6月14日に配信が開始される、続編の『FRAMED 2』がビットサミットにて展示されました。

―簡単に自己紹介をお願いします。

ジョシュ:ジョシュア・ボッグス、30才、ニュージーランド人です。LEのデザイナー兼開発者です。

―京都で開催されるビットサミットに出展しようと決めた理由は?

ジョシュ:LEがビットサミットに出展するのは今回が2回目となります。今回も非常に良いイベントになりました。日本を訪問するのが大好きなので、機会があれば行くようにしています。『FRAMED 2』をプレイしたことがない人たちに試遊してもらえるのはビットサミットが(配信前としては)最後だとわかっていたので、プレイヤー達からのフィードバックを得るいいチャンスでした。

FRAMED 2
FRAMED 2

―日本のメディアからかなり取材されたのでは?

ジョシュ:大手ではファミ通やIGN、あとは中小規模のメディア5、6社ではないでしょうか。

―ビジネスチャンスにつながりそうな話はありましたか?

ジョシュ:はい。名前は出せませんが、有名なゲーム関連企業複数の関係者からアプローチがありました。

―ビットサミットにおける最大の収穫は何だったのでしょうか?

ジョシュ:京都で日本のゲームコミュニティーと直に接することが出来たことですね。日本には『FRAMED』のファンが多く存在しています。ファンと直接会ったり、話したり出来たのは最高でした。個人的には日本語の練習にもなりましたしね。

FRAMED 2

―ビットサミットには時間とコストをかけただけの価値はありましたか?

ジョシュ:勿論です。メディアの取材も多かったですし、業界関係者とのコンタクトも広がりましたし、日本の友人達との関係もより深めることが出来ましたので。

―ビットサミットの開催期間中やその前後で観光はしましたか?どういった場所に行かれたのでしょうか?

ジョシュ:ビットサミットの前に1日京都観光をしました。これまでに京都は何度も訪れているので、今回は嵐山に行ってみました。竹林の道を散策したり、モンキーパークまで猿を見に行ったりしました。(日本語で)たのしい~!

FRAMED 2
FRAMED 2

―京都での滞在中一番楽しかった時間はどういった時でしたか?

ジョシュ:京都の夜、友人との再会、そしてなんといっても青沼さん(任天堂『ゼルダの伝説』シリーズのプロデューサー)とお会いできたことです。

―来年もまたビットサミットに参加されますか?

ジョシュ:是非参加したいです。

―ありがとうございました。

『FRAMED 2』公式サイト

『FRAMED』AppStore:https://itunes.apple.com/jp/app/framed/id886565180?mt=8
『FRAMED』Google Play:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.noodlecake.framed&hl=ja

画像提供:Loveshack Entertainment
© 2012-2017 Loveshack Entertainment Pty Ltd

【第1回】へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

「KYOTO CMEX」ポータルサイトでは、マンガ・アニメ、映画・映像、ゲーム、クロスメディアの情報を発信する京都発のポータルメディアです。SNSをフォローして掲載情報をチェック!(情報募集

関連記事

ピックアップ記事

【公式イベント】京都国際マンガミュージアムにて、オンライン展覧会「マンガ・パンデミックWeb展」で展示するためのマンガ作品を緊急募集!

【パートナーイベント】「第25回京都国際学生映画祭」作品募集!7/22まで!

【京都コンテンツ関連情報】オンライン上で京都の魅力を体験できるメタバース、「京都館PLUS X」が誕生!

【公式イベント】「indiePlay 2022 – China indie Game Awards」の応募受付を開始しました!(〆切:7/22)

【公式イベント】アニメ、マンガ、キャラクターなどを活用した、優れた企業コラボレーションや広告プロモーションを表彰するアワードイベント「アニものづくり アワード2022」エントリー開始!6/30まで!

【公式イベント】京都国際マンガミュージアムにて「TVアニメ『平家物語』高野文子と映画『犬王』松本大洋キャラクター原案展示」開催中!(6/27まで)

【公式イベント】西日本最大級のマンガ・アニメ・ゲームの祭典『京まふ2022』開催決定!9/17(土)・18(日)みやこめっせを中心に開催!出展ブース、ステージ、グッズ、コスプレなど盛りだくさん!

【公式イベント】インディーゲームの祭典10周年となる「BitSummit X-Roads / ビットサミット クロスロード」京都みやこめっせで有観客にて開催決定!

【京都ヒストリカ国際映画祭】 株式会社松竹撮影所・京都製作部 京都製作室長の井汲泰之様 インタビュー後編 時代劇の魅力を伝え続ける

【京都ヒストリカ国際映画祭】 京都文化博物館・学芸課映像情報室長の森脇清隆様インタビュー後編。 京都の映像文化を若者に受け継ぐ

全て表示

2021年度の人気記事

【公式イベント】インディーゲームの祭典10周年となる「BitSummit X-Roads / ビットサミット クロスロード」京都みやこめっせで有観客にて開催決定!

【公式イベント情報】「京都eスポーツサミット2022 Spring」開催!

【公式イベント】株式会社スクウェア・エニックス・ホールディングス理事:橋本真司さんによるKYOTO CMEX 2021「第1回コンテンツクロスメディアセミナー『ゲーム業界の今後の可能性~ファイナルファンタジーシリーズを通して~(仮題)』」(9/29(水)・定員100名・無料)参加者申込受付中!

「京まふ2021オープニングステージ」に潜入してきました!!

令和3年度「京都市中小企業等再起支援補助金」の募集についてのお知らせ

全て表示

人気記事ランキング

ついに鶴丸がやってくる!聖地・藤森神社での太刀「鶴丸」(写し)の奉納・展示がまもなくスタート!

10月6日までイベント開催中!【鬼滅の刃 京ノ御仕事】東映太秦映画村でのコラボをご紹介!

京都通になれる!?TVアニメ『京都寺町三条のホームズ』聖地巡礼

「孤独のグルメ」原作者:久住昌之氏、「FFシリーズ」生みの親:坂口博信氏が登壇するセミナー、京都で開催!【10/16・30、参加費無料】

寺町三条のホームズ原作者、望月麻衣先生独占インタビュー&聖地巡礼!

全て表示

カテゴリ一覧

種類別カテゴリ

ジャンル別カテゴリ

年別記事一覧

ページ上部へ戻る