京都発:マンガ・アニメ、映画・映像、ゲーム、クロスメディアのポータルメディア

【第3回】「A 5th Of BitSummit」に出展した外国人開発者達に直撃インタビュー『Earth Atlantis』のPixel Perfexに聞いてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、「A 5th Of BitSummit(以下、ビットサミット)」に『Earth Atlantis』を出展したPixel Perfex Studios(以下PPS)のAnucha Aribarg(以下Anucha)氏へのインタビューです。

『Earth Atlantis』は2017年内に発売が予定されており、世界中のインディペンデントゲーム関連イベントでも高く評価され、”『グラディウス』×『モンスターハンター』”とも言われている2Dシューティングゲームです。今年のビットサミットでも、”A 5th Of BitSummitの中でもっとも優秀な作品に贈られる賞”とされるVERMILION GATE AWARD(バーミリオン・ゲート・アワード、以下VGA)を受賞しました。

4gamerの記事によると、ビットサミットディレクターで審査員のジェームズ・ミルキー氏は『Earth Atlantis』の受賞について、「日本的ゲームの古典といえる横スクロールシューティングゲームの要素をうまく踏襲し、それをさらに昇華している。レトロの調の色彩やユニークなキャラクターデザイン、またグラフィックだけでなく技術的にも優れている。かつて日本にインディーゲームが無いと言われていた中で、インディーコミュ二ティーが育まれ、世界に知られる様になったのと同様に、タイにも素晴らしいインディーゲームありという事を世に示すという意味でも、今回のBitSummit大賞受賞にふさわしい作品であると思う」とコメントしています。

―自己紹介からお願いします。

Anucha:Anucha Aribargといいます。タイ王国のゲーム開発者です。

―ビットサミットに出展するために京都へ行こうと決断されたのはなぜですか?

Anucha:それはビットサミットが日本で開催されるメジャーなゲーム関連イベントの一つだからです。昨年の東京ゲームショー(以下、TGS)でも『Earth Atlantis』を出展しました。こう言ってはなんですが、日本に行く理由を常に探しているということもあったりします。

―日本のメディアからかなり取材されたのでは?

Anucha:残念ながら日本語がわからないので全て把握していませんが、いくつかのゲーム系ウェブサイトで『Earth Atlantis』が取り上げられたのは確認しました。やはりビットサミットでVGAという大きい賞を受賞したのが大きいのかなと思います。

―ビジネス的に魅力的な話はありましたか?

Anucha:それほどでもないですね。正直、ビジネスチャンスを求めてビットサミットに参加したわけではありませんでした。去年のTGSで知り合った素晴らしい方々との再会や、日本のゲーマーやジャーナリストと知り合うことのほうを優先していました。

―ビットサミットでの最大の収穫は何だと思っていますか?

Anucha:”A 5th Of BitSummitの中でもっとも優秀な作品に贈られる賞”と言われているVGAを受賞したことです。ビットサミットに出展された数あるゲームの中から『Earth Atlantis』を選んでいただき、大変光栄に思っています。京都という土地は任天堂の地元でもあり、日本という国は現代のゲーム産業が誕生した国です。日本でこのような賞をいただいたことは、私にとって非常に特別なことです。

―ビットサミットにはビジネス面でも海外から参加するだけの意義はありましたか?

Anucha:今回のビットサミットでVGAを受賞いただけたことはビジネス面でも大変重要な結果だったと認識しています。

―ビットサミット開催前後に京都観光などはされましたか?観光されたのであれば具体的にどういった場所を訪れたのでしょうか?

Anucha:ビットサミットまで2日間自由時間があったので金閣寺、伏見稲荷大社、二条城、平安神社、北野天満宮、祇園へ行きました。中でも伏見稲荷大社が特に気に入りました。美しすぎます。来日前から時雨殿へ行こうと計画していたのですが、訪問日があいにく休館日だったのが残念でなりません。観光旅行としても最高でした。特に食事を楽しみました。

―今回の京都滞在中一番楽しかった瞬間は?

Anucha:VGA受賞が発表され、ステージ上で観客の皆さんを前に挨拶をした時です。

―来年もまたビットサミットに参加しますか?

Anucha:ビットサミットに出展できるような新作ゲームタイトルが2018年中に出る予定はありませんが、主催者が了承してくれるのであれば是非。(笑)

―ありがとうございました。

画像提供:Pixel Perfex Studios
ソース:A 5th of BitSummitの総来場者数は9346人。昨年比45%増で過去最高に – 4Gamer.net
    http://www.4gamer.net/games/999/G999905/20170525001/ Copyrights Pixel Perfex Studios

【第2回】へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

「KYOTO CMEX」ポータルサイトでは、マンガ・アニメ、映画・映像、ゲーム、クロスメディアの情報を発信する京都発のポータルメディアです。SNSをフォローして掲載情報をチェック!(情報募集

関連記事

ピックアップ記事

【公式イベント】京都国際マンガミュージアムにて、オンライン展覧会「マンガ・パンデミックWeb展」で展示するためのマンガ作品を緊急募集!

【パートナーイベント】「第25回京都国際学生映画祭」作品募集!7/22まで!

【京都コンテンツ関連情報】オンライン上で京都の魅力を体験できるメタバース、「京都館PLUS X」が誕生!

【公式イベント】「indiePlay 2022 – China indie Game Awards」の応募受付を開始しました!(〆切:7/22)

【公式イベント】アニメ、マンガ、キャラクターなどを活用した、優れた企業コラボレーションや広告プロモーションを表彰するアワードイベント「アニものづくり アワード2022」エントリー開始!6/30まで!

【公式イベント】京都国際マンガミュージアムにて「TVアニメ『平家物語』高野文子と映画『犬王』松本大洋キャラクター原案展示」開催中!(6/27まで)

【公式イベント】西日本最大級のマンガ・アニメ・ゲームの祭典『京まふ2022』開催決定!9/17(土)・18(日)みやこめっせを中心に開催!出展ブース、ステージ、グッズ、コスプレなど盛りだくさん!

【公式イベント】インディーゲームの祭典10周年となる「BitSummit X-Roads / ビットサミット クロスロード」京都みやこめっせで有観客にて開催決定!

【京都ヒストリカ国際映画祭】 株式会社松竹撮影所・京都製作部 京都製作室長の井汲泰之様 インタビュー後編 時代劇の魅力を伝え続ける

【京都ヒストリカ国際映画祭】 京都文化博物館・学芸課映像情報室長の森脇清隆様インタビュー後編。 京都の映像文化を若者に受け継ぐ

全て表示

2021年度の人気記事

【公式イベント】インディーゲームの祭典10周年となる「BitSummit X-Roads / ビットサミット クロスロード」京都みやこめっせで有観客にて開催決定!

【公式イベント情報】「京都eスポーツサミット2022 Spring」開催!

【公式イベント】株式会社スクウェア・エニックス・ホールディングス理事:橋本真司さんによるKYOTO CMEX 2021「第1回コンテンツクロスメディアセミナー『ゲーム業界の今後の可能性~ファイナルファンタジーシリーズを通して~(仮題)』」(9/29(水)・定員100名・無料)参加者申込受付中!

「京まふ2021オープニングステージ」に潜入してきました!!

令和3年度「京都市中小企業等再起支援補助金」の募集についてのお知らせ

全て表示

人気記事ランキング

ついに鶴丸がやってくる!聖地・藤森神社での太刀「鶴丸」(写し)の奉納・展示がまもなくスタート!

10月6日までイベント開催中!【鬼滅の刃 京ノ御仕事】東映太秦映画村でのコラボをご紹介!

京都通になれる!?TVアニメ『京都寺町三条のホームズ』聖地巡礼

「孤独のグルメ」原作者:久住昌之氏、「FFシリーズ」生みの親:坂口博信氏が登壇するセミナー、京都で開催!【10/16・30、参加費無料】

寺町三条のホームズ原作者、望月麻衣先生独占インタビュー&聖地巡礼!

全て表示

カテゴリ一覧

種類別カテゴリ

ジャンル別カテゴリ

年別記事一覧

ページ上部へ戻る