京都発:マンガ・アニメ、映画・映像、ゲーム、クロスメディアのポータルメディア

【OVA『クビキリサイクル』 10月26日(水)発売!】西尾維新デビュー作 『戯言シリーズ』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

●『クビキリサイクル』OVA第1巻、10月26日(水)発売!

今月末にOVAの発売を控えた『クビキリサイクル』。
作者、西尾維新のデビュー作であるこの作品は、発売から長い年月が経った今なお、非常に根強い人気を誇っています。

さてそんな今更語るまでもない人気作であるこの作品ですが、とはいえ1巻の発売は2002年の2月、15年近くも前です。
当時、この作品に熱中していた高校2年生も、ちょうど30歳。
ファンの間では長い間親しまれ、アニメ化を望まれ続けたこの作品も、さすがに知らない人が増えてきたのではないでしょうか?

ということでこちらでは、『クビキリサイクル』OVA第1巻発売を記念して、『戯言シリーズ』の魅力を紹介させて頂きたいと思います。


●娯楽としての在り方を追及した作品、『戯言シリーズ』

%e5%b8%b0%e5%b1%9e%e8%a1%a8%e7%a4%ba%e3%80%80%e5%bf%85%e8%a6%81%e3%81%aa%e3%81%97%e3%80%80%e5%a8%af%e6%a5%bd%e3%80%80

日本海に浮かぶ孤島、鴉の濡れ羽島。
そこに建つ屋敷には、島の主の赤神イリアによって
あらゆる分野の天才たちが客として招かれていた。
だがある朝、屋敷の中で、首斬り死体が発見される。
そして事件は、それだけでは終わらなかった――

原作は、西尾維新のデビュー作にして
第23回メフィスト賞受賞作『クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い』。
〈物語〉シリーズを手がけてきたシャフトによって、
西尾維新の原点とも言える作品が映像化される。

OVA「クビキリサイクル」公式サイト
http://zaregoto-series.com


2002年に『戯言シリーズ』第1作、『クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い』にて、第23回メフィスト賞を受賞し、「京都の二十歳」をキャッチコピーに華々しくデビューを果たした西尾先生。
もともと漫画家志望であった西尾先生は漫画に強い影響を受けているようで、『ユリイカ』にて自分が一番影響を受けたものに「少年ジャンプ的なもの」を挙げています。

また、ライトノベル(ジュブナイル)、ゲームブック等にも強い影響を受けているとのこと。

このようにの様々な娯楽に影響を受けている為か、西尾先生の作品は非常に「娯楽的」。
その中でも『戯言シリーズ』は、当時20歳であった西尾先生の瑞々しい感性ゆえか、群を抜いて「娯楽的」です。

どれぐらい娯楽的かというと、元々「推理小説」として書き始められた作品でありながら、「そちらの方が楽しい」という理由で、何故か途中から「バトルもの」に路線変更してしまうほど。

このように、「とにかく楽しい方へ」という指向性を持って書かれたこの作品は、西尾先生のデビュー作であることも手伝って、実験的かつ西尾先生らしい、様々な仕掛けが作中に散りばめられています。

 

・作中に散りばめられた、ナンセンスな言葉遊び

西尾先生といえば、やはり「言葉遊び」。
「語呂合わせ」や「アナグラム」など、『物語シリーズ』や『刀シリーズ』で見られる多種多様な「言葉遊び」は、デビュー作である『戯言シリーズ』でも用いられています。

例えば、「千賀あかり(血が明かり)」、「千賀ひかり(血が光り)」、「千賀てる子(血が照る子)」といった語呂合わせや、「架城明楽(ジョーカー→城架→架城)」いったアナグラムなど、ネタバレになってしまうものもあるため多くは書けませんが、このような「言葉遊び」がほぼ全文に張り巡らされています。

このようにナンセンスな「言葉遊び」の数々が、独特な西尾維新ワールドを構成しているのです。

・奇怪? 突飛? 独特な魅力を持つキャラクター

こちらも西尾作品の代名詞。
『戯言シリーズ』には非常にアクの強い、突飛なキャラクターが数多く登場します。

例えば、「青い髪に青い瞳のサヴァン症候群の少女」や「顔面刺青の殺人鬼」、「拘束衣を着た二重人格の殺し屋」に「人類最強と呼ばれる、なんでも屋」などなど。
リアリティなぞ、なんのその。非常に独特なキャラクターしか存在しません。

特に主人公の「いーちゃん」は非常に人気があり、『このライトノベルがすごい!』キャラクター部門では、2005年度、および2006年度に連続で1位に輝いています。

また、「名前だけでキャラクターを定義したい」と述べている通り、登場人物の名前もかなり突飛。
「佐々沙咲(ささ ささき)」や「想影真心(おもかげ まごころ)」など、一度目にしたら、しばらくは頭から離れない名前が多いのも特徴です。

・世界観を構成する数多くの設定

「言葉遊び」や「突飛なキャラクター」が西尾維新ワールドを構成しているとするのなら、こちらは戯言ワールドを構成していると言える要素。
例えば、「ER3システム(全ての学問研究所)」や「零崎一族(殺人鬼集団)」、「チーム(サイバーテロ集団)」などなど。

現実準拠の世界観をベースに加えられる、西尾先生オリジナルの設定は、現実に存在したらと考えると非常にワクワクします。
このような、あり得そうであり得ない、魅力的な設定の数々が、戯言ワールドを構成しているのです。

●終わりに

%e3%81%8a%e3%81%a8%e3%81%8e%e8%a9%b1%e3%80%80%e5%b8%b0%e5%b1%9e%e8%a1%a8%e7%a4%ba%e5%bf%85%e8%a6%81%e3%81%aa%e3%81%97

いかがでしたでしょう。『戯言』シリーズの魅力が少しでも伝わりましたでしょうか?

OVA1巻『クビキリサイクル』発売の10月26日(水)までもう少し。
予習もかねて、原作を手にしてみてはいかがでしょうか。

もしかすると、OVAをより楽しむことができるかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
木野 達彦

木野 達彦フリーライター

投稿者プロフィール

1993年生まれ。現在フリーのライターとして活動させて頂いております。
趣味はマンガ、ゲーム、アニメ。メインで扱っている記事も同様のジャンルになります。

この著者の最新の記事

「KYOTO CMEX」ポータルサイトでは、マンガ・アニメ、映画・映像、ゲーム、クロスメディアの情報を発信する京都発のポータルメディアです。SNSをフォローして掲載情報をチェック!(情報募集

ピックアップ記事

2019年度の人気記事

オーケストラコンサート『管弦楽 薄桜⻤ 〜響秋詩⾳〜』9⽉21⽇(⼟) ロームシアター京都にて開催決定!抽選で10組20名様にチケットが当たるTwitterキャンペーンを当サイト独自開催!【応募期限:7月29日(月)13時】

【京都コンテンツ関連情報】カービィとワープスターが“のせて可愛い”和菓子になって登場!新シリーズ「食べマスあそーと」全国のローソンにて順次発売!

【京都の伝統産業×名作アニメ】『銀河鉄道999』の世界観を、京都の熟練職人が 丹後の絹で織り上げた「西陣織シルクネクタイ」販売中!

【BitSummit出展者リリース】『World of Warships』、『アズールレーン』とのコラボ第2弾を発表! 8名のコラボ艦長、2隻のコラボプレミアム艦艇、コラボ港などが実装

【京都シーメックス独自掲載】ファンの熱い声に応えて実現!藤森神社 太刀「鶴丸」(写し)・「三日月宗近」(写し)同時展示開催!

全て表示

2018年度以前の人気記事

ついに鶴丸がやってくる!聖地・藤森神社での太刀「鶴丸」(写し)の奉納・展示がまもなくスタート!

「孤独のグルメ」原作者:久住昌之氏、「FFシリーズ」生みの親:坂口博信氏が登壇するセミナー、京都で開催!【10/16・30、参加費無料】

京都通になれる!?TVアニメ『京都寺町三条のホームズ』聖地巡礼

【申込開始!】KYOTO CMEX 2018 10周年記念事業:角川歴彦氏と荒俣宏氏による講演&対談を京都で開催!【9/14(金)・無料】

寺町三条のホームズ原作者、望月麻衣先生独占インタビュー&聖地巡礼!

全て表示

カテゴリ一覧

種類別カテゴリ

ジャンル別カテゴリ

ページ上部へ戻る