京都発:マンガ・アニメ、映画・映像、ゲーム、クロスメディアのポータルメディア

【第7回】「A 5th Of BitSummit」に出展した外国人開発者達に直撃インタビュー『Stifled』のGattai Gamesに聞いてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回のインタビューは、「A 5th Of BitSummit(以下、ビットサミット)」のPlayStationブースにVRホラーゲーム『Stifled』を出展したGattai Games(以下、GG)のJustin Ng(以下、ジャスティン)氏へのインタビューです。

『Stifled』公式サイト

PlayStationの公式ブログによれば、『Stifled』は”音で道が分かるが、敵にはあなたの恐怖がよく聞こえる”というキャッチコピーの”VRとマイク対応のステルス・サスペンスゲーム”となっています。音に反応して線が描画され、周囲の状況を把握することが出来るエコーロケーション(反響定位)がメインコンセプトとなるVRホラーゲームと言えばわかりやすいかもしれません。今年中にPC、Playstation 4、Xbox Oneで発売が予定されています。『Stifled』というゲームタイトルは「窒息」「息苦しい」「息が出来ない」といった意味の英単語”Stifle”の過去形です。プレイ中に怖くて息が出来なくなることを暗示しているようです。

―自己紹介からお願いできますでしょうか?

ジャスティン:Justin Ng、28才、シンガポール人です。GGではデザインとビジネス面を担当しています。GGは総勢5名の小さなチームです。

―ビットサミットへの参加目的は何だったのでしょうか?

ジャスティン:より多くの日本や欧米のゲームプレイヤーに『Stifled』をアピールしたかったので、ビットサミットに参加することにしました。

―御社の社名は”Gattai”から始まりますが、ひょっとして日本語の「合体」から名付けたのでしょうか?

ジャスティン:実はそうなんです。ゲームの開発スタジオとして、様々な視点の開発者を「合体」させてゲームを作り、そのゲームでの体験を通じてプレイヤー達を「合体」させたいという思いを伝えるために日本語の「合体」を社名に入れることにしました。

―PlayStationブースにて『Stifled』を展示されましたが、日本人プレイヤーたちの反応はいかがでしたか?

ジャスティン:素晴らしかったの一言です。大勢のゲームプレイヤーに非常に楽しんでもらえたようです。楽しんでいただけたというのは、『Stifled』のゲーム体験が怖くて皆絶叫してたという意味ですけどね。

―『Stifled』を試遊した日本人プレイヤーたちと上手くコミュニケーション出来ましたか?

ジャスティン:日本語が話せないので色々とコミュニケーション上の問題はありました。とは言え、主催者がゲーム説明文を日本語に翻訳するのを手助けしてくれたり、会場には大勢の通訳の方もいてくれたので言葉の面では色々とサポートしていただけました。基本的な遊び方の説明なども日本語で用意していたので、ゲームのプレイ方法に関してはスムーズにコミュニケーションが取れました。言葉の壁はあっても、『Stifled』を試遊してくれたプレイヤーの叫び声が一番の褒め言葉ですよね。

―『Stifled』はいつリリースする予定ですか?

ジャスティン:ダウンロードコンテンツとして「近日中」にリリースする予定です。詳細についてはお答えできません。申し訳ありません。

―ビジネス的な商談などはありましたか?

ジャスティン:はい。GGの次回作について複数のパブリッシャーとお話させてもらうことが出来ました。

―今回ビットサミットに参加してどういった収穫がありましたか?

ジャスティン:IGNというゲームメディアに取り上げてもらえたこと、ソニーの吉田修平さん(株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント傘下のSIEワールドワイド・スタジオのプレジデント)にツイートしてもらったこと、そしてなんといっても日本のプレイヤーの皆さんが『Stifled』を楽しんでくれたことです!

―ビットサミット開催中の2日間、『Stifled』を試遊した日本人プレイヤーの反応以外で気になったことなどはありましたか?

ジャスティン:ビットサミットの会場では、(日本のゲームイベントなのに)欧米メディアの関係者も大勢見かけました。これは素晴らしいことだと思います。

―ビットサミットの期間中やその前後で観光などはしましたか?

ジャスティン:今回は私にとって2度目の京都訪問でした。伏見稲荷大社や銀閣寺などは以前訪れたことがありますが、日本で一番気に入っている場所は伏見稲荷大社です。ビットサミットの閉幕後、2日間時間があったので今回は大阪を観光しました。

―ビットサミットでは何が一番印象に残りましたか?

ジャスティン:須田剛一さん(株式会社グラスホッパー・マニファクチュアCEO、通称SUDA51)が『Stifled』をチェックしにブースに立ち寄ってくれて、「アイディアとビジュアルが素晴らしい!」とコメントしてくれたことです!

―その須田さんが電撃PlayStationと共同開催している『キテル51インディーズAWARD』に『Stifled』をノミネートされた気分はいかがですか?

ジャスティン:とても光栄なことです!GGにとっての最優先事項は自分たちがクールだと思えるゲームを作って、プレイヤーに新しいゲーム体験を提供することです。賞にノミネートされたのはラッキーだと思いますが、要はプレイヤーが自分たちのゲームを楽しんでくれればそれでいいわけなんですよ。

―ビットサミットには来年も参加予定ですか?

ジャスティン:もちろんです!

―ありがとうございました。

画像提供:Gattai Games
© Gattai Games All rights reserved.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

「KYOTO CMEX」ポータルサイトでは、マンガ・アニメ、映画・映像、ゲーム、クロスメディアの情報を発信する京都発のポータルメディアです。SNSをフォローして掲載情報をチェック!(情報募集

関連記事

ピックアップ記事

【公式イベント】京都国際マンガミュージアムにて、オンライン展覧会「マンガ・パンデミックWeb展」で展示するためのマンガ作品を緊急募集!

【パートナーイベント】「第25回京都国際学生映画祭」作品募集!7/22まで!

【京都コンテンツ関連情報】オンライン上で京都の魅力を体験できるメタバース、「京都館PLUS X」が誕生!

【公式イベント】「indiePlay 2022 – China indie Game Awards」の応募受付を開始しました!(〆切:7/22)

【公式イベント】アニメ、マンガ、キャラクターなどを活用した、優れた企業コラボレーションや広告プロモーションを表彰するアワードイベント「アニものづくり アワード2022」エントリー開始!6/30まで!

【公式イベント】京都国際マンガミュージアムにて「TVアニメ『平家物語』高野文子と映画『犬王』松本大洋キャラクター原案展示」開催中!(6/27まで)

【公式イベント】西日本最大級のマンガ・アニメ・ゲームの祭典『京まふ2022』開催決定!9/17(土)・18(日)みやこめっせを中心に開催!出展ブース、ステージ、グッズ、コスプレなど盛りだくさん!

【公式イベント】インディーゲームの祭典10周年となる「BitSummit X-Roads / ビットサミット クロスロード」京都みやこめっせで有観客にて開催決定!

【京都ヒストリカ国際映画祭】 株式会社松竹撮影所・京都製作部 京都製作室長の井汲泰之様 インタビュー後編 時代劇の魅力を伝え続ける

【京都ヒストリカ国際映画祭】 京都文化博物館・学芸課映像情報室長の森脇清隆様インタビュー後編。 京都の映像文化を若者に受け継ぐ

全て表示

2021年度の人気記事

【公式イベント】インディーゲームの祭典10周年となる「BitSummit X-Roads / ビットサミット クロスロード」京都みやこめっせで有観客にて開催決定!

【公式イベント情報】「京都eスポーツサミット2022 Spring」開催!

【公式イベント】株式会社スクウェア・エニックス・ホールディングス理事:橋本真司さんによるKYOTO CMEX 2021「第1回コンテンツクロスメディアセミナー『ゲーム業界の今後の可能性~ファイナルファンタジーシリーズを通して~(仮題)』」(9/29(水)・定員100名・無料)参加者申込受付中!

「京まふ2021オープニングステージ」に潜入してきました!!

令和3年度「京都市中小企業等再起支援補助金」の募集についてのお知らせ

全て表示

人気記事ランキング

ついに鶴丸がやってくる!聖地・藤森神社での太刀「鶴丸」(写し)の奉納・展示がまもなくスタート!

10月6日までイベント開催中!【鬼滅の刃 京ノ御仕事】東映太秦映画村でのコラボをご紹介!

京都通になれる!?TVアニメ『京都寺町三条のホームズ』聖地巡礼

「孤独のグルメ」原作者:久住昌之氏、「FFシリーズ」生みの親:坂口博信氏が登壇するセミナー、京都で開催!【10/16・30、参加費無料】

寺町三条のホームズ原作者、望月麻衣先生独占インタビュー&聖地巡礼!

全て表示

カテゴリ一覧

種類別カテゴリ

ジャンル別カテゴリ

年別記事一覧

ページ上部へ戻る