京都発:マンガ・アニメ、映画・映像、ゲーム、クロスメディアのポータルメディア

京都で若手メディア・アーティストや起業家とともに「今の若い世代」について考えるイベントが開催

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

京都にあるカフェ&ワーキングスペース「Senbon Lab.」( 京都府京都市上京区 一条上る泰童片原町663-10 千本通)で、2019119()20()、「今どきの若い人たちのクリエイティブや新たな視点を盛り上げるイベント」、20HIVEが開催される。

20HIVEは、これまでもVRアーティストやデザイナー、女子学生監督など20代前後の感性をクリエイティブで表してきた方々を招き、トークショーやライブイベントを行ってきた。

今回は、「Unknown-ネット上の秘密基地世代、わたしたち」と題し、ゆとり世代でもさとり世代でもないハザマの世代にスポットを当て、これらの世代にまつわる展示や、ゲストとのトークショーなどが行われる。

「今の若い世代がさっぱりわからない」という声がよく聞かれるが、これをきっかけに、理解を深めてみてはいかがだろうか?

問い合わせは nzemi2018あっとoutlook.jp (※あっとを@で差し替え) まで

概要

イベント名称

Unknown-ネット上の秘密基地世代、わたしたち

開催日時

2019119()20() ※両日とも11:00~17:00

 開催場所

Senbon Lab.(千本今出川駅より徒歩2分)

 定員30人(トークショウ)※展示は順次見ることが出来ます。トークショウは先着順です。状況に応じ、整理券を発行する場合もあります。

参加費 無料

主催 20HIVE(立命館大学映像学部中村研究室)

トークショウ

2019119()  第1部 13:00~14:00

さとり世代×さとり世代プロデューサーが語る「さとり世代とは」

登壇者

山内愛美さん

WEB広告代理店のプランナーを経て、現在はインフルエンサープロダクションGROVE株式会社でTikTokをはじめとした若年層向けプロモーションやインフルエンサーマネジメントに従事。

 

TikTok インフルエンサー 

2019120() 第2部 13:00~14:00

若手女性起業家×若手メディアディレクターが語る「ゆとり世代とは」

登壇者

松田沙希さん

 フランス・パリでオートクチュール刺繍のプロフェッショナルレベルを習得し、帰国後(株)APPRE-ARTを起業。伝統工芸や日本の繊維産地の素材を活用したウェディングドレスをプロデュース、若者をターゲットに伝統工芸・ものづくりの発信メディアカフェSenbon Labを2018年10月に千本今出川にてオープンしている。

                

 

太田大貴さん

アーティストのMVを中心にフリーランスの映像ディレクター/エディターとして活躍。代表作に2016年に日本テレビ系列で放送されたドラマ「ゆとりですがなにか」の主題歌、感覚ピエロの「拝啓、いつかの君へ」のMVが挙げられる。

 

 

2019120日 第3部 15:00~16:00

経営者×大学教授 オトナ世代の見解

登壇者 

               松岡 清一さん

2018年より、コピーライター仲畑貴志率いるドラゴン東京の社長に就任。両社の技術を掛け合わせたコミュニケーションテクノロジーの提供と、企業のデジタルトランスフォーメーションの支援を行なっている。

 

 

 

中村彰憲さん

立命館大学映像学部教授。映像マネジメント領域を担当。同学部就任をきっかけに、中国オンラインコンテンツ産業の研究に加え、太秦歴史エンタメ系イベントや、BitSummitなど京都のポップカルチャーに関するイベントにアカデミックの立場から携わる。Japanese Pop Cultureをテーマに、海外の留学生に対しレクチャーする中で、日本のポップカルチャーの世界での影響力を改めて実感。

展示:(両日)11:00~17:00

「秘密基地」を展示のテーマとして誰もが懐かしさを感じる空間を演出します。

CHRONICLE   

  1996年から2018年までの年表のパネルを作成する。内容として、時事問題、流行語、ドラマ、映画、バラエティ番組、音楽のヒットしたものをまとめます。

EXPRESSON  

事前アンケートで20代前後と30代以上の考えを知り、まとめたものをパネルで展示。若者と年長者の考えに差があるのかを明らかにします。

MEMORY BANK 

懐かしいと感じるスポットの写真展示。この写真によって自身の過去を思い出すきっかけを作り出します。

WORD CLOUD 

過去の流行語をアイロンビーズで作成し、入り口付近に天井から吊るします。

・あのね帳    

過去を振り返った時に、今だから言えることがあるのでは、という考えから、来場者の方や、イベントまでのカフェ利用者の方に書いていただくノートとなります

 

20HIVEとは】

20HIVEとは、活躍する若手をイベントを通してプロデュースする団体として今年で4年目を迎えます。様々なコンセプトで立命館大学映像学部中村ゼミの学生が企画から運営までを行う団体として精進して参りました。

過去イベント:VRコンテンツ展示会「VIRTUAL and LIFE」や、音楽×映像×ファッションの統合型ライブイベント「Primal」、おんなのこをテーマにした映画上映 イベント「おんなのこつくる」など

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この著者の最新の記事

「KYOTO CMEX」ポータルサイトでは、マンガ・アニメ、映画・映像、ゲーム、クロスメディアの情報を発信する京都発のポータルメディアです。SNSをフォローして掲載情報をチェック!(情報募集

2019年度の人気記事

「京都国際マンガミュージアム」と「ポケモンセンターキョウト」のコラボ企画実施中!マンガミュージアム1階にピカチュウの大型立体パネルを設置中【設置期間:5/26(日)まで】

【京都発コンテンツ関連ニュース】オールジャンル創作投稿プラットフォーム「Fantasfic」にて、二次創作をサポートする機能を使ったコンテストを開催 イラストだけでなく小説や声劇、アクセサリーなども投稿可能

【CMEX公式イベント】インディーゲームの祭典「BitSummit 7 Spirits」が公式サイトを更新!七人の侍にインスパイアされたマスコットキャラクターも公開

【京都コンテンツ関連情報】カービィとワープスターが“のせて可愛い”和菓子になって登場!新シリーズ「食べマスあそーと」全国のローソンにて順次発売!

【BitSummit出展者リリース】新要素を"プラス"した、弾幕アクションシューティング『アサルトアンドロイドカクタス プラス』 Nintendo Switchにて発売

全て表示

2018年度以前の人気記事

ついに鶴丸がやってくる!聖地・藤森神社での太刀「鶴丸」(写し)の奉納・展示がまもなくスタート!

「孤独のグルメ」原作者:久住昌之氏、「FFシリーズ」生みの親:坂口博信氏が登壇するセミナー、京都で開催!【10/16・30、参加費無料】

【申込開始!】KYOTO CMEX 2018 10周年記念事業:角川歴彦氏と荒俣宏氏による講演&対談を京都で開催!【9/14(金)・無料】

寺町三条のホームズ原作者、望月麻衣先生独占インタビュー&聖地巡礼!

京都通になれる!?TVアニメ『京都寺町三条のホームズ』聖地巡礼

全て表示

カテゴリ一覧

種類別カテゴリ

ジャンル別カテゴリ

ページ上部へ戻る